ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

「甘み」と「コク」をマリッジが育んでくれた、『フロム・ザ・バレル』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『フロム・ザ・バレル』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210208132155j:plain

 

【今回のお酒】

名前:フロム・ザ・バレル(FROM THE BARREL)

ジャンル:ウイスキー(ブレンデッド)

製造者:ニッカウヰスキー株式会社6

販売者:アサヒビール株式会社

アルコール分:51%

原材料:モルト、グレーン

原産国:日本(ジャパニーズ)

価格:4000~9000円前後(700ml)

 

◎どういうお酒?

熟成を経たモルト原酒とグレーン原酒をブレンド後、さらにもう一度樽詰めし、数ヶ月ほど貯蔵。

この再貯蔵は「マリッジ(結婚)」と呼ばれ、まさにこの間、個性の違うウイスキーは結婚したかのように深く馴染み合い、調和の取れた美味しさが生まれます。

 

再貯蔵された多くのウイスキーは、瓶詰め前に水によってアルコール分40~45%程度に調整されますが、『フロム・ザ・バレル』は、割り水を最小限に留め、アルコール分を51%に設定。

骨太な飲みごたえとともに、再貯蔵(マリッジ)で生まれた濃厚にして繊細な香りと味わいのハーモニーを楽しめます。

 

 

【飲み方】

ストレート 

 

【感想】

バニラのようで、どこか芳醇な香り。

アルコール分が高めでありながら、なめらかな口当たり。

もちろん、いつもより喉が熱くなる感じは強めでした。

でも、甘みとコクがあって美味しい。

ウイスキーを飲み慣れていない方にも、ロックやハイボールをオススメしたいと思いました。

 

 

★★★

 

モルト麦芽ウイスキーとグレーン(穀物ウイスキーブレンドして作られるブレンデッドウイスキー

ニッカでは、モルトの個性を引き出しながら、新たな香りと味わいを生み出すため、グレーンウイスキーの生産に、蒸留効率は劣るものの穀物由来の香味成分が残る「カフェ式連続式蒸留機」を使用。

そうして作られた「カフェグレーン」が、モルト同士の個性を調和させ、柔らかく、まろやかな余韻を残すニッカならではの深い味わいを生み出しています。

 

そして、個性的で四角いボトルデザインの開発は、グラフィックデザイナーの佐藤卓氏。

ご自身の著書の中で、強くて濃いウイスキーは「『小さな塊』にしたいと思った」と書かれています。

その理由は、「濃いものは少ない量のほうが美味しそうだから」。

この『小さな塊』という隠喩に則(のっと)って、首の短い四角いボトルをデザインされました。

同量の円柱ボトルと比べ、正面から見て小さくなるのだそう。

このデザインは1985年以来、時代を越えて輝き続けています。

 

 

★★★

 

ウイスキーの知識や情報を学べる番組、『ウイスキペディア』。

ドラマ・ドキュメンタリー・インタビューもある、ウイスキーの魅力が毎回満載です。

いつも楽しく観ています。

先日オンエアされた第15話は、ニッカウヰスキーに関するお話でした。

www.youtube.com

 

今回、『フロム・ザ・バレル』を選んだのも、ちょうどタイムリーで良いかも!と思ったからでした。

私はまだまだ「モル女」とは言えませんが、全国に沢山いらっしゃることでしょう。

 

『フロム・ザ・バレル』は本当に飲みやすく、小ぶりでシンプルなボトルも好きです。

原酒の正確な熟成期間は分かりませんが、ブレンド後に再貯蔵することで、よりバランスの取れた味わいが生まれるのだと改めて感じました。

人間と同じように、お酒も1つとして同じ「顔」は無いので興味深いですね。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

オーク香とアガベの味わいを体験、『パトロン レポサド』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、テキーラの『パトロン  レポサド』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210205214234j:plain

 

 

【今回のお酒】

名前:PATRON  REPOSADO(パトロン  レポサド)

ジャンル:テキーラ

輸入者:バカルディジャパン

アルコール分:40%

原産国:メキシコ

価格:4100~8500円前後(700ml)、1900円前後(375ml)、400円前後(50ml)

 

◎どういうお酒?

フレンチオーク樽、ハンガリアンオーク樽、アメリカンオーク樽など、新旧複数の樽で3~5ヶ月熟成させた原酒をブレンド

風味豊かなアネホとシルバーのアガベの味わいを兼ね備え、芳醇なハチミツやバニラ香を感じさせる味わいが魅力です。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

 オーク樽の香りである、木の香りが漂います。

初めてのテキーラは、薬品的な味わいが強く、衝撃でした。。。

ハチミツのような甘さや香り、なめらかな味わい・・・

と言いたいのですが、苦みを感じることが多かったです。

他の銘柄も飲んだりして、経験値を積んで美味しさを感じられるようにしていきたいです。

 

 

★★★

 

パトロンを作るのには欠かせない、高品質のアガベ

そのこだわりは、土壌から始まっています。

 

メキシコ・ハリスコ州ハイランド地区の町、ロスアルトス。

この地域特有の赤土は、テキーラの原材料であるアガベの栽培に最適な酸化鉄を豊富に含む土壌に恵まれています。

現地の優秀な生産者と長期契約、また農学者チームによる検査と調査を常に実施。

原材料の一貫した高品質を維持しています。

 

そして、糖度がピークに達した完熟期に手作業で収穫し、糖分を含んだ芯の部分のみを煉瓦(れんが)釜でじっくりと蒸し焼きにしてから、独自の方法で圧搾。

松材製の発酵槽で発酵させた後、果汁を松材製の発酵槽に移し最長72時間かけて発酵させます。

ディスティラーが研ぎ澄まされた味覚、嗅覚、視覚を用いて常に状態をチェック。

マスターディスティラーの監督のもと丁寧にろ過し、バランスを整えます。

 

それから、一本一本に誇りと責任を刻印したボトル。

芸術性の高いボトルは、熟練の職人がひとつひとつ手作業で仕上げたもの。

ボトルには署名と、シリアルナンバーが、ディスティラーの手で施されています。

これは、作り手の誇りと責任の証です。

また、ガラスの中に見られる気泡はリサイクルボトルを使用して作られるためで、プレミアムな商品でありながら、環境にも配慮して製造されることを物語ります。

 

パトロンのラインナップとして、シルバー、アネホ、プラチナなどがあります。

 

 

★★★

 

高品質のアガベと技術、そして芸術性の高いボトル。

それでいて、リサイクルボトルを使用して環境にも配慮しているパトロン

これからの時代は特に「地球に優しいお酒づくり」が、蒸留所としても大切なキーワードになるのではないでしょうか。

 

今回は経験値が無さ過ぎて十分に味わえませんでしたが、テキーラで好きな銘柄を言えるように成長できたら良いなぁ~と、密かに燃えています(笑)。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

初心者にも優しい、コクのある「おじさま」♪『ディプロマティコ マントゥアノ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ラムの『ディプロマティコ  マントゥアノ』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210204145650j:plain

 

【今回のお酒】

名前:ディプロマティコ  マントゥアノ

ジャンル:ラム

輸入者:ラールアルコル合同会社

アルコール分:40%

原産国:ベネズエラ

価格:2900~4000円前後(700ml)

 

◎どういうお酒?

砂糖の成分を多めに残したモラセスハニーを原料に、連続式蒸留器、バッチケトル、ポットスチルの3種類の蒸留器から造られます。

ホワイトオークで最長8年熟成させた、なめらかな口当たりが魅力。

マントゥアノは、ドライフルーツ、バニラ、オークスパイスが広がるプレミアムダークミキシングラム。

カクテルのイマジネーションを広げてくれるラムです。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

ほんのりバニラやハチミツの香りが漂います。

口当たりがなめらかで、コクがあります。 

熟成させているからか、味わいはウイスキーと似ている気がします。

優しい甘みが口に広がり、食中酒としてもいただけそうな丁度良い甘さです。

とても飲みやすく、ラム初心者にはとても嬉しいお酒でした。

 

 

★★★

 

ディプロマティコは、1959年創業のウニダス蒸留所で造られています。

場所は、カリブ海からほど近いベネズエラの北西部、アンデス山脈の麓に位置する町「ラ・ミエル」。

年間を通じて比較的高い気温、日中と夜間の大きな寒暖差、そして雨量の多い熱帯性気候が、アルコールの熟成に良い影響を与えます。

 

フランス語でハチミツを意味する「ラ・ミエル」。

この名が付く通り、この地域ではスムースな口当たりとコクのある甘みが特長の高品質なサトウキビが栽培されています。

原料には糖蜜とシュガーケインハニー(サトウキビジュースを煮詰めたもの)の2種類を使用し、味わいに複雑さを与えます。

 

ちなみに、ディプロマティコはスペイン語で「外交官」という意味です。

ラベルにはおじさんの画が描かれています。

命名理由は、19世紀にカリブに平静と秩序をもたらした伝説的な政治家に敬意を表したから、とのこと。

 

マントゥアノ以外にも、『リゼルヴァ イクスクルーシヴァ』・『プラナス』などがあります。

 

 ちなみに・・・

ラムは意外と?、世界各地で造られているお酒でもあります。
日本でも数は多くはないですが、国産ラムが造られています。
(よく見かけるのは沖縄のラム、『コルコル』でしょうか)

 

 

★★★

 

今回のマントゥアノは、ロックやソーダ割(ラムハイ)も美味しそうです。

また、カクテルのベースとして、マンハッタンやオールドファッションドなどに使われています。

さらに、エスプレッソやチョコとのペアリングもオススメだそうです。

 

バレンタインデーまで、あと10日。

お酒が入ったチョコレートも良いけど、チョコと上質なお酒という組み合わせでプレゼントしたら・・・

大人としてカッコイイなぁ~と思いました。

もちろん!ホワイトデーのお返しは期待大ですね(笑)♡

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

まるでスイーツのような甘さ♡『ピンク ピジョン』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ラムの『ピンク ピジョン』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210202125736j:plain

 

【今回のお酒】

名前:PINK PIGEON(ピンク ピジョン

ジャンル:ラム(フレーバード)

輸入者:ジャパンインサイト株式会社

アルコール分:40%

原産国:モーリシャス

価格:3200~4600円前後(700ml)

 

◎どういうお酒?

『メディン社』の高品質ラムをベースに、 マダガスカル地域の熱帯雨林で手摘みされた" バニラ "のフレーバーを加えたプレミアム・フレーバー・ド・ラムです。

高品質なラムだけが持つ華やかな風味に加え、爽やかなオレンジピール、質の良いナチュラルバニラの香りと心地良いスパイスの刺激が上品に広がります。

フレンチの食後酒としてもオススメです。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

 バニラの甘い香りが、デザートの感覚です。

アルコールよりも甘みが勝っているような味わい。

香りを嗅いだだけで、味わいまで想像できてしまうようです。

まるでスイーツみたい。

食後酒として、ゆっくり味わうのが良いなぁ~と思いました。

 

 

★★★

 

マダガスカル島の東に浮かぶ、モーリシャス島。

今回のお酒に使われている手摘みされたバニラは、世界ではサフランに次いで高価な物なのだそう。

 

名前になっている「ピンクピジョン」は、胸が淡いピンク色に輝くモーリシャス島固有の鳩で、モーリシャスバトと呼ばれます。

日本語に訳すと、モモイロバトのこと。

その美しさゆえ、1990年代には10羽以下になってしまいましたが、絶滅危惧種として大切に保護され、現在では300羽以上に増えています。

 

 

★★★

 

『ピンク ピジョン』は、真っ黒なボトルにピンクのラバーリング?が付いており、とても特徴的です。

これは旧ボトルで、現在はクリアボトルに新しくなっています。

名前にも「ピンク」が入っているので、旧ボトルのほうが印象的かな?と思いました。

 

ラムはサトウキビを原料としているからか、他のお酒に比べると甘みを強く感じました。
今回、食事をしながら飲んでみましたが、食後のデザートとして飲むのが良いかもしれません。
ただ、お酒に詳しい人によくよく聞いてみると、この『ピンク ピジョン』は普通のラムと少し違って香りづけ=フレーバードされているラムであるため、リキュールのように甘さが強めなのだそうです。
最初のラムの記事としては、ちょっと特殊だったかもしれません。
次回は、もう少し王道?な感じのラムを飲んでみようと思います。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

モルトとグレーンがハーモニーを奏でる、『響17年』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『響17年』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210201144520j:plain

 

【今回のお酒】

名前:響17年

ジャンル:ウイスキー(ブレンデッド)

製造者:サントリースピリッツ(株)A

アルコール分:43%

原材料:モルト、グレーン

原産国:日本(ジャパニーズ)

価格:50000~90000円前後(700ml)

 (プレミアム価格になっています)

 

◎どういうお酒?

酒齢17年以上の長期熟成モルト原酒を厳選・吟味し、酒齢17年以上の円熟グレーン原酒とブレンド

後熟にもたっぷりと時間をかけました。

熟した果実や蜜、花などの香りが絶妙なハーモニーのもとに響き合い、凝縮した旨みが口いっぱいに広がります。

 

 

【飲み方】

ストレート 

 

【感想】

 濃い琥珀色が、長期熟成を映し出しています。

香りは、バニラやハチミツのような甘い香り。

ほのかな甘みと軽い口当たりで、とてもなめらかです。

ストレートでも飲みやすく、好みの味わいでした。

 

 

★★★

 

響17年は、サントリー創業90周年の記念して1989年に新発売されました。

 

響には、「人と自然と響きあう」というサントリーの企業理念が込められています。

豊かな自然が育んだ原酒をブレンドし、世界に喜ばれるウイスキーへと造り上げていくことは、この理念を形にすることそのものでした。

ボトルは1日24時間、1年24節気を表わす24面カットとし、ラベルには手漉き越前和紙を使用しています。

 

ちなみに、響17年は2018年9月以降、休売となっています。

その他の響のラインナップとして、ジャパニーズハーモニー・ブレンダーズチョイス・21年・30年があります。

 

 

★★★

 

ボトルの24面カットは、高級感を醸し出してるように感じました。

「高嶺の花」みたいで、存在感もあります。

ジャパニーズウイスキーで長期熟成の物は値段が高く、すぐには購入できない物が多々あります。

そんな中で、我が家にある響17年。

とても有難いなぁ~・・・と思いながら、チビチビ飲んでいます。

 

たくさんの人の手をかけて造られるお酒は、飲み手も含めて1つのチームのように思います。

造り手から始まり、飲み手で終わる。。。

と思いつつ、飲み終わった後も、空ボトルを飾ったりして物語が永遠に続くような気もします。

飲みながら、眺めながら、色んな楽しみ方があるのが素晴らしいですね。

 

 

飲んでみたいけど、 お値段が・・・(汗)

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♬

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

ツンとして、大人のお味『シデリット・ウォッカ・ラクテ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウォッカの『シデリット・ウォッカラクテ』をいただきます。

 

f:id:hinata0513:20210131121959j:plain

 

【今回のお酒】

名前:シデリット・ウォッカラク

ジャンル:ウォッカ

製造者:DESTILERIA  SIDERIT  S.L.(デスティレリア・シデリット)スペイン・カンタブリア州・トレラヴェガ

輸入者:マルカイコーポレーション株式会社

アルコール分:40%

原産国:スペイン

価格:3700円前後(700ml)

 

◎どういうお酒?

 ラクテ(LACTEE)とは牛乳。

シデリット・ウォッカラクテは、乳糖を発酵させてスピリッツを作る、ウルトラ・プレミア・ウォッカです。

24時間以上かけて4重の濾過で不純物を取り除き、タンクで2ヶ月寝かし、最上のウォッカとなります。

 

※乳糖とは?

ブドウ糖、果糖、デンプンなど身体を動かすエネルギー源になる糖質の中で、乳糖は哺乳類の乳に存在する糖質です。

 

 

【飲み方】

ロック

 

【感想】

 少しツンとする、アルコールの香り。

飲んでみると、薬品のような風味を感じました。

乳糖を発酵して作られているから、甘みやミルクっぽさを感じるのかな?と思ったのですが、私には分かりませんでした(涙)。

「こういうお酒もあるんだ・・・」と終始、大人の味を痛感していました。

 

 

★★★

 

スペイン北部、カンタブリア州にあるデスティレリア・シデリットは、最高の原料と最高の品質を求めて、ルーベンとデヴィットが始めたマイクロディスティラリーです。

 

シデリットはウォッカのほか、ロンドン・ドライ・ジンがあります。

 

 

★★★

 

今回のお酒は味わいというよりも、私の場合はボトルデザインが目を惹きました。
夜空と星座をイメージした綺麗なデザインとカラーは、眺めていても楽しめます。
ウォッカはまだ少ししか飲んでいないのですが、ネットで検索してみるとボトルデザインが都会的でオシャレな物が多い印象を受けます。
飲み終わったら、そのままインテリアとして使えそうな感じ・・・ですね☆

 

もう一点気になったのは、このウォッカがスペイン産だということ。
私はあまりワインを飲まないので当然、シェリーも飲む機会が少なく、個人的にスペインという国のお酒がピンと来ていないのです。
ウイスキーシェリー樽熟成の物も多くあるので、全く関係がないわけではないのですが。。。)

 ただ、スペイン料理はパエリアをはじめ、美味しい食べ物も多く、料理が美味しい国のお酒が美味しくないということはないと思うので、今後もスペインのお酒も探求していけたらいいなぁ~と思います。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

レモンの爽やかさと、「ノンアルコール」に誘われて・・・『龍馬レモン』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ノンアルコールビールの『龍馬レモン』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210129143043j:plain

 

【今回の飲み物】

名前:龍馬レモン

ジャンル:炭酸飲料(ノンアルコールビール

販売者:日本ビール株式会社

アルコール分:0%

価格:140円(350ml)

※税込価格 

 

◎どういう飲み物?

ノンアルコールのレモンビール。

厳選したドイツ産麦芽とホップに、レモン果汁(3%)をたっぷり加えました。

ビール本来のコクと苦み、新鮮なレモン果汁により、素晴らしいビアカクテルに仕上がっています。

プリン体ゼロ、アルコール分も0%です。

 

※「プリン体」とは?

穀物、肉、魚、野菜など食物全般に含まれる成分で、主に旨みの成分にあたります。

ヒトの体内でも生成、分解されています。

ビールや発泡酒に含まれているプリン体は、麦芽由来です。

お酒では、蒸留酒よりも醸造酒のほうが多く含まれています。

健康のためには体外に排出される量と、体内に蓄積される量のバランスが大切みたいです。。。

 

 

【飲み方】

缶からそのまま、グラスに注ぎました。

 

【感想】

レモン果汁がたっぷり入っているので、レモンの良い香りがします。

 味は、ビールよりも「甘くないレモンサワー」みたいな感じがしました。

とても美味しいです。

余計な甘みが無いので、スッキリしていて気分も晴れやかになります(笑)。

 

食事だけでなく、甘いものと一緒にいただいたのですが、この時は苦みが強調されるような感覚がありました。

苦みが口の中に残りましたが、終始飲みやすい印象です。

 

 

★★★

 

今回の『龍馬レモン』を販売している、日本ビール株式会社。

 

「ビールを楽しむ時間をもっと豊かに面白く!」

世界中で人々に親しまれているビール。

その種類は実に豊富で、ビール大国ドイツではなんと、5000種を超えると言われています。

世界中には知らないビールが、まだまだ沢山あるのです。 

 

世界各国を訪れ、日本で販売したい面白いビールを探す。

これは、宝探しのようだ・・・と。

今日にいたるまで、世界中の特色あるビールを日本に広めてくれています。 

 

 

★★★

 

日本ビール株式会社さんが扱うビールは、世界中の銘柄で驚きました。

北米、中南米、アジア、オセアニア、ヨーロッパ、アフリカ。

そして、国産ビールも沢山あります。

ビール好きにはたまらないですね。

 

そして、今回の『龍馬レモン』は、ノンアルコールで「プリン体ゼロ」なのも嬉しいポイント。

休肝日にもってこいの飲み物です(笑)。

ちなみに私は、スーパーで買いました。

デザインがシンプルでオシャレだったので、惹かれたのです。

デザインに惹かれて購入するのも、お酒の楽しみ方の1つだと思います。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪

 


その他のお酒ランキング