ひなたのお酒レビューブログ

hinataとnezuによる、お酒、宮崎満喫ブログ!

超ハーバルな国産クラフトジン『クラフトジン岡山』!

 

ブログ訪問、ありがとうございます!

今回の記事はnezuの担当です。

今日はジャパニーズクラフトジンの『クラフトジン岡山』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:『クラフトジン岡山』

ジャンル:ジン(国産クラフトジン

アルコール度数:50

価格:5000円程度/500ml

製造者:宮下酒造(岡山蒸留所)

製造地:岡山県岡山市

公式HP 

www.msb.co.jp

 

◎どういうお酒?

岡山県の宮下酒造さんが製造している国産クラフトジンです。

国産ジンでは宮崎県の『柚子吟』などとならんで比較的初期に生まれた銘柄だと記憶しています。

ボタニカルはジュニパーベリー、コリアンダー、レモンピール、 アンジェリカの根、モルト、ラベンダー、オレンジ、ホップ、 シナモン、ジンジャー、オールスパイス(公式HPより)となっており、今のクラフトジンではだいたい見かける材料に加え、ピオーネや白桃、パクチーといった個性的なものも使用されているようです。

またもう一つの特徴として、焼酎に使った樫樽で貯蔵してある故、薄く色づいている点が挙げられます。イギリスのメジャーなジン、『ビクトリアンバット』みたいな感じですね。

ちなみにベーススピリッツは米焼酎となっています。

 

 

【飲み方】

ストレート

【感想】

スパイシーかつ上品な甘い香り。底に力強い甘い香りを感じるのは『ビクトリアンバット』と同様ですね。

さらっとしてフルーティーな甘味を一瞬感じるとピリピリした辛味、そしてハーバルな草感を強く感じます。

後味もしっかり辛苦い、さらっとした甘みが残り続けるのでさすが50度もあるお酒だな~と思います。後味の味わいが強めで飲みごたえがあります。

しかし不快な辛味や香りはなく、ハーバル要素が受け入れられる方なら普通に美味しく楽しめるジンだと思います。

 

【ちょっとした記憶】

クラフトジンの初期組は結構不遇な扱いを受けていたと思います。

自前で色々なスピリッツを作っている本坊酒造さんや、ジン専門の京都蒸留所さんは別として、ほとんどのクラフトジンは焼酎蔵さんが製造していました。

 

 

ベーススピリッツに焼酎が使用されているため、「こんなん焼酎やん」みたいな書き込みがネットでは散見されました。

価格帯も安くはないため手に取りにくく、しかも今ほどジンの知名度が高くないため、そこまで語られたり評価されること少なく、後続のジン達に話題を攫われることが多くありました。

もちろん海外の販路や地元での消費など、ネットでは見えにくい形で飲まれ続け、コンペで賞を獲得していたりもしていますし、ネット上のレビューの総数だけでそのジンそのものを評価するのは少し気が早いと思います。

今現在は多種多様なジンが存在しているので、あえてこのタイミングで再評価し、色々なカテゴライズを行ってもいいと考えています。(ベーススピリッツの種類、熟成の有無、ジュニパーの割合など)

苦手と言われればそれまででしょうがないのですが、焼酎ベースであっても「一つのジンの形」として、または単純にスピリッツとして味わいを評価してもらえば、と思います。

その上でやはり人を選びすぎる製品はどうしても淘汰されてしまうかもしれないし、逆に美味しさが再発見され定番化して残されれば飲み手としては嬉しい限りです。

 

今回のレビューからは少々脱線しましたが、『クラフトジン岡山』は少々お高いので普段使いにはなかなか難しいかもしれませんが、ハーバルな辛味苦味は飲みごたえがありますので機会がありましたらぜひおためしください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

面白い樽を使った試み『デュワーズ イリーガルスムース 8年』!

 



ブログ訪問、ありがとうございます!

今回の記事はnezuの担当です。

今日はブレンデッドスコッチウイスキーの『デュワーズ イリーガルスムース 8年』をいただきます。

【今回のお酒】

名前:『デュワーズ イリーガルスムース 8年』

ジャンル:ブレンデッドスコッチウイスキー

製造者:ジョン・デュワー&サンズ社

アルコール度数:40度

価格:2200~2500円くらい

ブランドHP:

www.bacardijapan.jp

 

◎どういうお酒?

今現在、ブレンデッドスコッチウイスキーの中でも店頭で強く押されていると感じる銘柄『デュワーズ』。

キーモルトアバフェルディ、ロイヤルブラックラ、クレイゲラキ、オルトモア、マクダフと、まだ私がシングルモルトで飲んだことのない銘柄がチラホラありますね。

今回ご紹介するのはそんなデュワーズの派生商品で数量原点品の『デュワーズ イリーガルスムース 8年』になります。

最大の特徴は、メスカル樽で仕上げているという点でしょう。

『スモークヘッド』でテキーラ樽で仕上げたウイスキーがありましたが、メスカル樽までも使用されるようになったんですね。

hinata0513.com

8年熟成、ブレンデッドウイスキーとはいえ値段が2000円ちょっとというのはかなり試しやすい値段なのでバカルディ社という大手の力を感じますね。

ちなみに『イリーガル』というメスカルブランドの樽を使用しているとのこと。

www.ilegalmezcal.com

 

【飲み方】

ストレート

【感想】

公式のグリーンペッパーの香り、というのは私には良くわかりませんでしたが、メスカル由来なのか原酒由来なのかは分からないスモーキーさは少々感じられます。

味わいはスパイシーな辛味とさらっとした甘みが程よく感じられます。

気のせいかもしれませんが、テキーラ持つ青っぽさを微量に感じられ、味わいの個性となっているように思います。しかしそれらが極端すぎる個性としてでてくるのではなく、あくまでも少々姿が見える程度にとどまっているので飲みやすい一本です。

 

やはりブレンデッドスコッチはコスパが良いお酒ですね。

飲みやすくて価格もお手頃、こうした派生商品数量限定商品も買いやすいので色々試したい方も満足できるし、少々贅沢して長期熟成の方を買ってみるという導線までしっかりしており、大手企業の力が様々な点が感じられます。

宮崎だけの話かもしれませんが、数年前まではスコッチといえばバランタインジョニーウォーカー、たまにホワイトホースを見かけるくらいで次いでベルやティーチャーズ、という感じだったのですがいつのまにかこのデュワーズがかなり知名度を上げてきたな~という印象です。(宮崎に住む個人の感覚です)

 

他にも派生商品があるので並べてみるとカッコいいラベルデザインも素敵な一本ですね。

 

まずはここから

最近試したデュワーズではこれが一番すきかなあ

これもまったり美味しい

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲んだら頭のフタが開いちゃう?『シゲキックスチューハイ ソーダ味』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回はhinataが担当します☆

缶チューハイの『シゲキックスチューハイ  ソーダ味』をいただきます。

 

名前:シゲキックスチューハイ  ソーダ

ジャンル:缶チューハイ

販売者:三菱食品株式会社

製造場:オエノンプロダクトサポート(株)

アルコール分:5%

原材料:ウォッカ(国内製造)、砂糖/酸味料、炭酸、香料、甘味料(スクラロース

価格:160円くらい?(350ml)

 

◎どういうお酒?

面白い!懐かしい!幅広いチューハイファン層が楽しめる、美味しいコラボチューハイです。

酸っぱさと強炭酸で " 極刺激 " を再現。

シゲキックス』の王道のソーダ味をしっかり再現しつつ、チューハイとして美味しく飲める味わいになっています。

デザインには懐かしいシゲキックス公式キャラクター「シゲータ」を起用し、手に取るのもワクワクするパッケージです。

 

 

【飲み方】

冷蔵庫で冷やして、そのまま☆

 

【感想】

まさに、飲む『シゲキックス』!!

驚きと斬新さを兼ね備えた、刺激的なチューハイです。

グミとはまた違った感覚ですが、味わいとしては美味しいです。

お料理と合うかどうかは・・・

おつまみとか、スナック菓子などジャンクな物に合わせると特に素敵な組み合わせになると思いました(個人的な意見です☆)。

 

 

★★★

 

今回のお酒は、『シゲキックス』というグミとのコラボ商品です。

2020年から毎年夏季限定でチューハイを発売し、今回で4年目との事(2023年に発売されました)。

もしかして、今年の夏もお目に掛かれるかもしれませんね(*'▽')

 

そもそも☆

シゲキックスは1992年にUHA味覚糖から発売されたハードグミです。

発売から30年以上経過しており、ロングセラー商品となっています。

かつて一度は販売中止された事もあるそうですが、現在はよく見かけるようになりました。

商品のラインナップとして、

【極刺激ソーダ】(10個入りの広告です)

 

【レモン】

 

【リミテッドグレープ】

 

そして!

発売当初を知ってる方には懐かしい、復刻版パッケージもあります。

【スーパーレモン】

 

私は当時のテレビCMは覚えていないのですが、nezuが覚えていて有名なフレーズを教えてくれました。

そのフレーズを元に、この記事のタイトルをつけました(笑)。

 

shigekix.com

 

 

★★★

 

ちなみに☆

今回のチューハイの販売者である三菱食品さんは、お酒に関するサイトも運営されています。

お酒の基礎知識やおつまみレシピの紹介、イベント情報などを発信されていて参考になるのでチェックしてみてください(*^^*)

tanoshiiosake.jp

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 

その他のお酒ランキング
その他のお酒ランキング

 

個性を感じつつも穏やかに『アードベッグ アンオー』!

ブログ訪問、ありがとうございます!

今回の記事はnezuの担当です。

今日はスコッチウイスキーの『アードベッグ アンオー』をいただきます。

 

 

 

【今回のお酒】

名前:『アードベッグ アンオー』

ジャンル:スコッチ シングルモルトウイスキー

原産国:スコットランド

地域:アイラ

アルコール度数:46.6度

価格:8000円程度/700ml(今回は量り売り990円/50ml)

公式HP

www.ardbegjapan.com

 

 

◎どういうお酒?

スコッチウイスキーの中でも人気が高い生産地域であるアイラ。

そしてその中でも熱狂的なファンが多いアードベッグ

今回紹介する『アードベッグ アンオー』はアイラ島南西部にあるオーの岬に由来し、作られたものらしく、アードベッグらしいスモーキーさと、繊細な甘さのバランスを楽しめるようにPXシェリー樽、チャーを施した新樽、ファーストフィルのバーボン樽にて熟成させた三種類の原酒を使用しているとのこと。

アードベッグマニアではないので詳しくないのですが、定番商品ではないようでお店では並行輸入品が扱われています。

 

【飲み方】

ストレート

【感想】

アードベッグの煙たさとチョコの甘い香りという、狙いがわかりやすいほどしっかりでてる香りの構成です。味わいは意外と穏やかで、甘みと酸味がゆるやかに絡まっており、後味も静かにスパイシーな辛味が残るのみ。

味そのものが強いという感じではなく、それぞれの属性が優しくまとまっている感じです。全体としてはものすごく主張してくる味ではありませんが、飲みやすいと思います。

 

 

熱狂的なファンを持つアードベッグですが、私自身はラフロイグ党であるためそこまで飲んでこなかったんですよね。

ラフロイグ10年』より『アードベッグ10年』のほうが安く買えていたため、ラフロイグが買えなくなったら買ってみようかと、それくらいで手をつけなかったのですが、いつのまにやら『アードベッグ10年』もなかなかの値段になってしまいました。

定番品、人気品は気をつけないとほんと買いにくい状態になってしまいますね。

今のうちにアイラの定番品は揃えておくかどうか、悩ましい状況です。

今回の『アンオー』は少々おとなしめの味わいかもしれませんが、全体としてはまとまりがあって穏やかで、こういうのもあっていいんじゃないかなあと思います。

今は一万円しないで買えますが、こういうものも買えなくなってくるとほんとにぎりぎりオフィシャルのノンエイジとか10~12年のものくらいしか飲めなくなってきますね。

 

今回のように量り売りで飲めるのはめちゃくちゃありがたいのですが、本音を言えばやはりボトルが欲しくなる、けど全部は買えない!悩ましい!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

飲めば心ほぐれる、『霧島ほろる』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回はhinataが担当します♪

焼酎の『霧島ほろる』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:霧島ほろる

ジャンル:焼酎

製造者:霧島酒造株式会社

アルコール度数:25度

原材料:麦(国産)、米こうじ(国産米)

価格:1000円くらい(900ml)

 

◎どういうお酒?

ほがらかに広がる軽快な果実香と、なめらかな口当たりが特長の本格麦焼酎

ほっと吹き抜ける麦の余韻は、まるで黄昏時にそよぐ、夕風のよう。

心和やかに、" ほろるひととき " を楽しめます。

 

 

【飲み方】

お湯割り

 

【感想】

麦の香りと、ほど良い甘味。

やわらかい風味なので飲みやすくて良いですね~。

日常的に飲むには最適です。

 

 

★★★

 

お酒のボトルのデザインは、焼酎の味わいを表現できるようにこだわっているそうです。

ラベル中央の " ほろる " の文字は、柔らかくて厚みがあり、優しさを感じるような書体。

夕風をイメージした曲線を重ねたり、自然を感じる麦の余韻が表現されています。

ラベル上部の霧島山を縁取る箔の部分には、『エアリアル酵母』『紫陽花酵母』を表す、風と紫陽花が描かれています。

瓶は、ラベルの色を際立たせる茶色を採用したとの事。

 

CMには俳優の松坂桃李さんが起用されています。

見かけた事がある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

それから☆

驚いたのですが、公式サイトではコーヒー割りがおすすめされていました。

麦焼酎もコーヒーも好きですが一緒に飲んだ事はないので、勇気が出たら試してみようかな(・∀・)

www.kirishima.co.jp

 

今回飲んだ『ほろる』も美味しいですが、

 

『するる』という米焼酎も同時期に発売されています。

 

飲み比べをしようと2本同時に購入したかったのですが、私が行った酒屋さんは『するる』が売り切れており買えなくて残念(´;ω;`)

 

ちなみに☆

レビューした事のある霧島酒造さんの焼酎の中では、やっぱり『SUZUKIRISHIMA』(芋焼酎)がいちばん飲みやすかったです。

購入しやすい価格帯なので、気になる方はぜひ飲んでみてください(*^_^*)

 

~これまでレビューした霧島酒造さんのお酒~

hinata0513.com

hinata0513.com

hinata0513.com

hinata0513.com

hinata0513.com

hinata0513.com

hinata0513.com

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 

焼酎ランキング
焼酎ランキング

その他のお酒ランキング
その他のお酒ランキング

 

草感が凄すぎる『5th Anniversary GIN』!

ブログ訪問、ありがとうございます!

今回の記事はnezuの担当です。

今日はジャパニーズクラフトジンの『5th Anniversary GIN』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:5th Anniversary GIN

ジャンル:ジン(国産クラフトジン

アルコール度数:43度

価格:2900円程度

製造者:高田酒造場

製造地:熊本県球磨郡あさぎり町

公式HP 

www.takata-shuzohjyo.co.jp

 

◎どういうお酒?

高田酒造場さんがクラフトジンを製造して5年経ったことを記念して作ったシングルボタニカルジンです。

ジンでシングルボタニカルって言われたら、もちろんボタニカルはジュニパーのみ。

最近たま~にみかけるスタイルですね。

ベーススピリッツに球磨焼酎が使われています。

球磨焼酎米焼酎なので、ベーススピリッツが芋焼酎のものに比べたらスッキリしてるように思います。

公式としてはトニックや炭酸、ジュースと合わせて飲むことをおすすめしています。

しかし、ここはそもそも『jin jin GIN』を作っている酒造さんで、そのジンがかなりハーバルな風味がしてクセがあるけど美味しいものだったので、割らずに飲んでも楽しめそうな気がしています。

 

【飲み方】

ストレート

【感想】

香りはそこまで強くないですが、口にすると即座に現れる、夏草を想起させる鋭い苦味。甘みもありますが草、ハーブっぽい苦味が支配的。

しかしながらアルコール感は抑えられており、ちょっとしたハーブ酒を飲んでいる感覚で、ジンを飲んでいる感覚ともちょっと違うような、面白い味わい。

単にスピリッツとして美味しいですよ。

 

以前紹介したことのある『jin jin GIN』の、柑橘フレーバーやらなんやらを単純に引いたわかりやすい味わい。

hinata0513.com

 

しかしこのジュニパーオンリーのジンを飲むことで『jin jin GIN』の良さも分かるという楽しみ。他のボタニカルを足すことで苦味を緩和し、後味が爽快になるんだなあ、とボタニカルの役割をわかりやすく教えてくれる面白い一本。

ぜひともこのジンに加えて『jin jin GIN』を手元に置いて比較しながら飲んでいただきたい。

 

ちなみに周年記念ボトルながらボタニカルが少ない分、値段が安いという消費者にはありがたい心遣い。

ボトルはなんの変哲もない形状だがラベルがいい味だしており、私はジャケット買いして、あとで国産ジン、『jin jin GIN』の高田酒造場のものだと知ったのである。

パッとみたら外国産ジンにしか見えないですよね。

 

今後、色々割って飲む方法も模索して試してみたいと思います!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

すっきりして旨口、『千徳 金雫』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回はhinataが担当します♪

日本酒の『千徳  金雫』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:千徳  金雫

ジャンル:日本酒

製造者:千徳酒造株式会社

アルコール分:15度

原材料名:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール

精米歩合:70%

価格:1200円くらい(720ml)

 

◎どういうお酒?

旨口タイプで千徳酒造のレギュラー商品。

四段仕込みの糖類無添加のお酒です。

旨味の多いすっきりした味わい。

 

 

【飲み方】

 冷

 

【感想】

甘味と辛味はほんのり感じます。

穏やかな味わいなので、お料理を選ばずに楽しむ事ができます。

個性が強いお酒が苦手な方には合う気がします。

 

 

★★★

 

千徳酒造さんは宮崎県延岡市にあります。

宮崎県内には約40社ほど酒造メーカーがあるのですが、日本酒をメインに造っているのは千徳酒造さんだけになります。

 

私が飲んだ『金雫』や、

 

純米酒

 

さらさらにごり酒

 

などがあります。

 

【千徳酒造さんのホームページ】

http://www.sentoku.com/index.html

 

 

★★★

 

延岡市にある酒造さんでレビューした事があるのは、佐藤焼酎製造場さんの『延岡』というウイスキーでした(この記事はnezuが担当しました)。

hinata0513.com

 

ちなみに☆

クラフトビールを造っている『ひでじビール』さんもあります。

宮崎産のマンゴーや栗を使用したビールがあるので、どんな味わいか気になっています。

まだレビューした事がないので、暖かくなってきたら飲んでみようかな~♪

hideji-beer.jp

 

延岡には美味しい食べ物が色々あり、飲食店はもちろん道の駅に行くのも楽しいですね(*^^*)

nobekan.jp

 

 

★★★

 

かつては旅行とか遠方に行くと、有名な観光スポットや買い物がメインになる事が多くなりがちでした。

しかし年齢を重ねると、その土地で暮らす人の日常を切り取ったような旅も良いなぁ~と考えるようになりました。

スーパーや飲食店に行ったり、観光スポットではない場所からの風景を眺めてみたり。。。

何気ない事を楽しめるようになったのは、大人になって良かったと思う事のひとつですね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 

日本酒ランキング
日本酒ランキング

その他のお酒ランキング
その他のお酒ランキング