ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

『コアントロー』で、大人の甘味と苦味を味わう☆

 

来てくださり、ありがとうございます!

 

 

今回は、フランス産のリキュール『コアントロー』のソーダ割りを頂きます。

 

f:id:hinata0513:20201102212436j:plain

 

 

 

【今回のお酒】

名前:COINTREAU(コアントロー

ジャンル:リキュール

製造者:コアントロー社(フランス)

アルコール度数:40%

価格:約1600円(700ml)、ハーフ:約1400円?(350ml)、ミニ:約300円(50ml)

 

◎どういうお酒?

コアントローは、フランスのコアントロー社が製造する「ホワイトキュラソー」の1つです。

オレンジの香りとまろやかな甘さが特徴的で、食後酒だけでなく、カクテルやお菓子、料理にも用いられます。

ニュートラルスピリッツにビターオレンジ(乾燥させたもの)とスイートオレンジ(乾燥させたものと生のもの)の果皮を浸漬して蒸留します。

そして、てんさい糖を加えてアルコール度数を純水で調整しています。

エキスは27%になります。

 

 

【飲み方】

コアントローと炭酸水を、1:3の割合。

 

【感想】

「リキュール」と聞くと、何だか甘いイメージが浮かびますが、甘味の中に苦味を感じます。

ただ甘いのではなく、大人の味だと思いました。

毎度のことながら、美味しく頂きました。

日常的に飲める、甘味と苦味のバランスが取れたリキュールの象徴だと言える気がします。

 カクテルでも「ホワイトキュラソー」を使用するものがあるみたいで、(ホワイトレディーなど)Barでも定番のリキュールになっています。
ボトルを買う前に味見したいな~って時には、Barでコアントローソーダ割りか、トニックウォーター割りを頼むといいかもしれません。

 

 

さてさて☆

コアントローは、なぜ『ホワイトキュラソー』と呼ばれているのでしょうか。

 

キュラソー』はお酒の一種で、リキュールに分類されます。

ニュートラルスピリッツやブランデーに、オレンジの果皮の香味成分と糖分を加えたものです。

コアントローは、氷などで冷やすと淡く白濁します。

これは良質なオレンジが使われている証拠であり、ホワイトキュラソーと言われる理由でもあります。

 

また、このお酒の歴史は古く、1875年に誕生しました。

当時の商品名は『トリプル・セック』です。

 

・トリプル:濃縮されたオレンジのエッセンシャルオイルの量が3倍

・セック:それまでのキュラソーや他のリキュールよりドライな風味を出すために砂糖の含有量を減らしている。

(セックは、フランス語で " ドライ " という意味)

 

トリプル・セックを発売後、類似品が多数出回りだしました。

そのため、家名である『コアントロー』を商品名としたそうです。

 

現在では数多くのカクテルに使用されており、世界中のBarに置いてあるリキュールです。

そしてスーパーでは、お酒のコーナーだけでなく、お菓子の材料として小さなボトルが並んでおり、幅広い用途に使われているのを知ることができます。

 飲んだことはなくても、ボトルを見かけたことはある人もいるかもしれませんね。