ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

後味スッキリの『GOZENSHU9』を味わう☆(※追記あり)

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

 

今回は、日本酒の『GOZENSHU9』を頂きます。

 

f:id:hinata0513:20201115160017j:plain

 

 

【今回のお酒】

名前:GOSENSHU9(NINE) レギュラーボトル

ジャンル:日本酒

製造者:御前酒蔵元  株式会社 辻本店

アルコール度数:15%

日本酒度:+5.0

酸度/アミノ酸度:1.4/1.4

価格:2860円(1800ml、税込)、990円(500ml)

 

◎どういうお酒?

熟成を経て、雄町米由来の濃醇な旨みと、「菩薩もと」ならではの特徴的な酸が際立つ、スッキリ旨口系純米酒です。

お料理と合わせるなら、脂がのった旬のお刺身や鰻、ハードタイプのチーズ(ミモレット・コンテ)がおすすめです。

よく冷やしてそのまま、またはお燗でどうぞ。

※公式サイトより引用

 

 

【飲み方】

冷や

常温(※追記) 

 

【感想】

 甘すぎず、後味がスッキリしています。

様々な食事との相性が良いお酒だと思います。

私はギョーザを食べながら、美味しくいただきました。

 外で飲むお酒も良いですが、家で食事をしながら飲めるのが一番幸せかなぁ~と思います。

 

※11月20日追記

昨日、 「常温」で頂きました。

甘みが強いものと違い、「冷や」の時と同様に味のブレ?が無いように感じました。

スッキリしていて、ちゃんと芯のある味。。。

私は「常温」でも飲みやすく、その日の気温や気分で飲み方を決められる、万能なお酒だと思いました。

 

1つ1つの銘柄で、飲み方によってお酒の『顔』が変わりますね。

 飲み方を変えて味わい、そのお酒についてもっと知りたい☆と思いながら、レビューしています。

 

 

~GOSENSHU9について~

のれんの町・勝山にある御前酒の蔵元「辻本店」。

岡山県内初の女性杜氏・辻麻衣子さんを筆頭に、9人の若手蔵人による「自分たちと同世代の若者に愛される酒を造りたい」という想いを実らせた日本酒が、「GOSENSHU9」です。

 

味の決め手になるのが、酛(もと)づくり。

このお酒には、日本最古の製法「菩提酛(ぼだいもと)づくり」を採用しています。

幻の酒米・雄町米を100%使い、蔵付の天然乳酸菌を用いて仕込むため、フルーティーな風味となめらかな飲み口が実現します。

”その季節に一番美味しい日本酒”をテーマにした期間限定商品もあります。

また、GOSENSHU9はレギュラーボトルの他に、現在は下記の種類があります。

 

・ブラックボトル:しぼったお酒を火入れし、秋まで熟成させ、加水調整した「秋上がり」タイプの純米酒

 

・ホワイトボトル:出荷当初はフレッシュな辛口。熟成に従い、雄町の持つ米の甘みが現れます。「生酒」。

 

・ブルーボトル:しぼりたてのお酒を生のまますぐにビン詰めし、冷蔵保存&熟成させたとてもデリケートなお酒。夏にぴったりなスムース&フルーティ。

 

・イエローボトル:岡山県北・久米郡久米南町で育った上質のゆず果汁を使用。GOSENSHU9をブレンドした、日本酒ベースのゆずリキュール。ゆずの風味を生かすため、生のままビン詰めしています。

 

そして今回、私もボトルに惹かれて「ジャケ買い」をしました。

女性の声を反映した、スタイリッシュでスリムなボトルが素敵です。

 

[rakuten:meishu-honpo:10004287:detail]