ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

爽やかなスモーク香が楽しめる『ボウモア12年』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

 

今回は、ウイスキーボウモア 12年』を頂きます。

 

f:id:hinata0513:20201210215318j:plain

 

 

【今回のお酒】

名前:BOWMOREボウモア) 12年

ジャンル:ウイスキー(スコッチ シングルモルト)

所有者(製造元):ビームサントリー

輸入者:サントリー

アルコール分:40%

原材料:モルト

原産国:スコットランド(アイラ)

価格:2600円~4000円前後(700ml)、2200円~2600円前後(350ml)

 

◎どういうお酒?

ボウモア蒸留所を代表するシングルモルト

バーボン樽とシェリー樽での熟成モルトブレンド

ドライなスモーキー感と柔らかなフルーティーさが見事に調和。

全体に温かみ、甘美さがあり、強く優美な女王の味わい。

ロックがおすすめ、とのこと。

 

 

【飲み方】

ストレート

水割り(ボウモア12年と水を、1:3~4の割合)

 

【感想】

香りは少しフルーティーさを感じつつ、スモーキーさが勝ってくる気がします。

 ピート香がほど良く、飲んでいないのに心地良い気分。。。

口当たりも軽めで、飲みやすいです。

チョコレート?みたいな味わいも感じたり。

飲んだ後も、ピート香と爽やかでフルーティーな余韻を残します。

飲む前から飲んだ後まで、長い時間を楽しめるウイスキーです。

 

★★★

 

スコットランド西岸沖のアイラ島に、ボウモア蒸留所はあります。

1779年創業という、スコッチのモルト蒸留所のなかでも古い歴史を誇ります。

ほとんどの蒸留所が自前での工程を手放した、ピート採掘や大麦のフロアモルティングなどの伝統製法。

それを職人たちが頑なに継承しています。

これは、スコッチモルトウイスキーの大いなる遺産でしょう。

 

ボウモア蒸留所では、ピートも製麦工程も潮風の影響を受けます。

第1貯蔵庫はダイレクトに海に面し、海抜0メートルに位置します。

凪いだ日も嵐の日も、海という自然環境と対話しながらモルトウイスキーは熟成していきます。

蒸留所の特異な立地と伝統が、ボウモアという「海のシングルモルト」を生み出しています。

 

ボウモアは12年のほかに、15年・18年・No.1などがあります。

 

 

★★★

 

私はこれまで、スモーキーなウイスキーが苦手でした。

独特な香り、そして苦みを感じるような味わい。。。

 まるで薬のようだと思ってしまう。

でも、色んな地域の銘柄を飲んだり、段階を踏んで少しずつピート香に慣れていくことで、印象は変わっていくものですね。

 

潮の香りを込めた、ウイスキー

蒸留所が海に面し、日々の気候変動があるからこそ、より深い味わいをもたらすのだと思います。

 私にはまだ潮の香りが感じられず残念でしたが(笑)、苦手意識を変えてくれる素敵なお酒です。

 

 

 

今日も読んでくださり、ありがとうございました♪

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング