ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

甘くロマンティックな味わいの、『フォアローゼズ シングルバレル』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、バーボンの『フォアローゼズ  シングルバレル』を頂きます。

 

f:id:hinata0513:20201221234648j:plain

 

 

【今回のお酒】

名前:Four Roses  Single Barrel(フォアローゼズ  シングルバレル)

ジャンル:ウイスキー(バーボン)

所有者(製造元):フォアローゼズ

輸入者:キリンビール

アルコール分:50%

原材料:トウモロコシ、ライ麦

原産国:アメリカ合衆国(ケンタッキー)

価格:4300~6200円前後(750ml)

 

◎どういうお酒?

テイスティングして厳選した1種の原酒だけを一樽ずつボトリング。

複雑で力強いボディを持つと同時に、柔らかく芳醇な味わいが調和する熟成した樽の個性を楽しめます。

 

 

【飲み方】

ストレート

 水割り(フォアローゼズ  シングルバレルと水を、1:3の割合)

 

【感想】

はちみつのような甘い香りに包まれ、まずは一口。

何の抵抗もなく、さらっと飲めてしまいます。

最初から一貫して甘みを感じ、飲みやすさを後押ししているようです。

ほのかにウッディーの香りと味わいが、余韻として楽しめます。

 

 

★★★

 

『フォアローゼズ』の名前の由来は、ある舞踏会でのこと。

このお酒の生みの親であるポール・ジョーンズは、絶世の美女と出会います。

一目で恋に落ちたポールは、迷わずプロポーズしました。

しかし、彼女は彼にこう答えたのです。

 

「どうか次の舞踏会までお待ちください。プロポーズをお受けするなら、薔薇のコサージュをつけてまいります。」

 

そして約束の舞踏会の夜。

彼女は4輪の真紅の薔薇を胸に、彼の前に現れたのでした。

愛が実った素晴らしい瞬間です。

このエピソードから『フォアローゼズ』と名付けられ、ラベルには二人を結んだ真紅の薔薇のコサージュが描かれたと言われています。

 

また、この蒸留所は、アメリカ合衆国での禁酒法時代も「薬用」バーボン蒸留製造を目的として、例外的に法に抵触しませんでした。

そのため、今日まで伝統が守られてきました。

 

 

★★★

 

『フォアローゼズ  シングルバレル』は、一樽からわずか235本しかとれないそうです。

まさに、樽との一期一会。

次に買う時は、違う樽の味わいを楽しむことになるのでしょう。

二度と出会えない味かもしれないと思うと、よりいっそう愛おしくなります。

 お酒にも「ご縁」というものが存在するのですね。

 

『フォアローゼズ』はラインナップとして、『フォアローゼズ』・『フォアローゼズ  ブラック』・『フォアローゼズ  プラチナ』もあります。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング