ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

甘みと穏やかな味わいが幸せ気分♡『ジェムソン シグネチャー リザーブ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『ジェムソン  シグネチャリザーブ』をいただきます。

 

f:id:hinata0513:20210105204738j:plain

 

【今回のお酒】

名前:JAMESON  SIGNATURE RESERVE(ジェムソン  シグネチャリザーブ

ジャンル:ウイスキーアイリッシュ

所有者(製造元):アイリッシュ・ディスティラーズ社

輸入者:ペルノ・リカール・ジャパン

アルコール分:40%

原産国:アイルランド

価格:3000円程度(1000ml)

 

◎どういうお酒?

シグネチャリザーブは、2008年に免税店向けにリリース。

ポットスチルで蒸留された原酒をバーボン樽とオロロソ・シェリー樽で熟成。

バランスの良い味わいです。

 

 

【飲み方】

ストレート 

水割り(ジェムソン  シグネチャリザーブと水を1:2の割合) 

 

【感想】

バニラのような甘い香り。

ワインみたいに上品で華やかさを感じます。

口当たりが軽く、雑味?がなくてシンプルな味わい。

穏やかに身体に染み込んでいき、飲む人を幸せにしてくれます。

これを飲めば、すごく良い1日を終えられそうです(笑)。

 

 最近すっかり、ウイスキーをストレートで飲むことに慣れてきました。

そんな中でも、この銘柄は初心者の私でも飲みやすかったです。

 

 

★★★

 

ジェムソン社は、1780年にダブリン市内のボウストリートに創立されました。

アイリッシュウイスキーは、大麦麦芽のほかに穀物を原料としており、昔ながらの単式蒸留方式で、3度の蒸留をします。

そのため、スコッチよりも軽く、スッキリしたものになります。

 

旧来の伝統的製法をあまりにも頑なに守り続けた結果、ジェムソン社は経営を危うくし、1971年には操業停止のピンチを招きました。

 その後、アイリッシュ・ディスティラーズ社の必死の経営努力が実を結び、今日、再び脚光を浴びるようになりました。

ジェムソンはアイリッシュウイスキーのベストセラーブランドで、現在はペルノ・リカールグループの主力商品のひとつとなっています。

「ジョン・ジェムソン」とも呼ばれ、ヨーロッパ全域、アメリカなどでは特に人気があります。

 

そして、ラベルは中央の紋章や、その上部にある帆船にご注目。

かつて、ジェムソン家の先祖が海賊と戦って勝利した証に、スコットランド王から授かった紋章とのこと。

また、紋章下部に書かれた「SINE METU」は、ラテン語で「我に恐れるものなし」という勇者の言葉です。

 

ちなみにジェムソンのラインナップは、スタンダートやブラックバレル、スタウトエディションなどがあります。

 

 

★★★

 

免税店向けの販売だったとのことで、現在はなかなか手に入りにくい銘柄かもしれません。

しかし、ジェムソンには様々なラインナップが揃っており、他の種類も気になります。

アイリッシュは初めてでしたが、初心者にとても優しくて嬉しい限りです。

 

ボトルのラベルを見ると、自分達が造ったウイスキーに関して、とても自信がみなぎっているように感じます。

 勇者の言葉を用いるところが、伝統的な製法を頑なに守り続ける姿を映し出しているようです。

 強気なラベルからは意外なほど「気さく」なウイスキーで、大好きな銘柄の1つになりました。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♬

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング