ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

アルコールの個性と甘みが同居する、『山崎』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『山崎』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210114132934j:plain

 

【今回のお酒】

名前:山崎

ジャンル:ウイスキーシングルモルト

製造者:サントリースピリッツ(株)

アルコール分:43%

原材料:モルト

原産国:日本(ジャパニーズ)

価格:9000~14000円前後(700ml)、2500~3000円前後(180ml)

 (定価ではなく、プレミアム価格になっています)

 

◎どういうお酒?

様々なタイプの原酒の中から、苺のように甘い香りとなめらかな口当たりが特長の「ワイン樽貯蔵モルト」を選び、キーモルトとして使用しました。

この「ワイン樽貯蔵モルト」は、ニューポットをホワイトオークの樽で熟成し、樽香が原酒に移り始めた後、フランス・ボルドーの赤ワイン樽で熟成させた、ウイスキーの香味と赤ワイン樽の香味が一体となったモルト原酒です。

山崎の伝統であるミズナラ樽貯蔵モルトと、革新のワイン樽貯蔵モルトが出会うことで生まれた、新しい個性。

 

 

【飲み方】

ストレート 

 

【感想】

 フルーティーな香りがしますが、公式サイトで書かれていた苺やサクランボの香りとは特定できませんでした。

はちみつのような甘みを感じ、ノンエイジでも飲みやすかったです。

しかしながら、飲み始めのアルコールの個性が強いため、私個人としては水割りやハイボールでいただきたいと思いました。

長期間熟成された、ほかの山崎の銘柄と飲み比べてみたいです。

 

 

★★★

 

1923年、サントリーは京都郊外の山崎において、日本初のウイスキー蒸留所建設に着手します。

理想としたのは、日本の風土に育まれ、日本人の繊細な感性と丁寧な施しで造り出したジャパニーズ・ウイスキー

日本食の繊細な味を好み、洋酒にはまだまだ馴染みのない日本人の嗜好に合わせるためには、優れたブレンドが不可欠であると考えたのです。

日本の気候や風土を生かした原酒を育てる一方で、サントリーは日本人の感性や美意識に根差した、ウイスキーづくり挑み続けています。

 

山崎はノンエイジのほか、12年・18年・25年があります。

 

 

★★★

 

もともとアルコールに強いほうではないため、熟成期間が短いお酒は、どうしても味わいよりアルコールが勝ってしまいます。

今後、色んな銘柄を飲んでいくうちに慣れるかもしれませんが。。。

 

刺激的な味わいが欲しい時はノンエイジ、ひとりでゆっくり飲みたい時は長期熟成モノ、個人的にはこんな見解になりました。

でも、お金がい~っぱいあったら、ひたすら長期熟成モノだけを飲み続けてみたいです(笑)。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

※値段はプレミアム価格を載せましたが、ベビーボトルならコンビニ等でたま~に見かけます。

もちろん定価なので、プレミアム価格でフルボトルを買うよりそっちのほうがいいかもしれませんね。

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング