ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

あっさりした味わいで万能なお酒、『若鶴 辛口 玄 銀ラベル』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、日本酒の『若鶴 辛口 玄 銀ラベル』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210126141332j:plain

 

このお酒は、以前レビューした『若鶴 大吟醸原酒 仕込み25号』と一緒に購入したものです。

hinata0513.com

 

【今回のお酒】

名前:若鶴 辛口 玄 銀ラベル

ジャンル:日本酒

製造者:若鶴酒造株式会社

アルコール分:14度

原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール

日本酒度:不明

酸度/アミノ酸度:不明

精米歩合:67%

価格:1806円(1800ml)、810円(720ml)、218円(180ml)

※税込価格 

 

◎どういうお酒?

” 究極の食中酒 ” 。

1982年(昭和57年)の誕生以来、地元を中心に愛され、親しまれてきた辛口の定番酒。

「冷や」でもよし、「燗」でもよし。

うまみをするすると口中に広げ、肴の旨みと同化し、新たな味わいを引き出します。

主張しすぎず、肴の良さを引き出す、究極の食中酒です。

” 旨み ”と” キレ味 ”があるため、濃い目の味付けのお料理にも相性が良いです。

また、お燗をしてもアルコール臭が気になりません。

 

 

【飲み方】

 常温

 

【感想】

ほんのりと酒米の香りがします。

辛口ということで、甘みが少なく、キレ味が良いです。

スーっと身体に染み渡るように、飲みやすいです。

今回は常温で飲みましたが、「冷や」も「燗」も美味しく楽しめるのが安易に想像できます。

 

 

★★★

 

このお酒の名前になっている「玄」とは、奥深いことを意味します。

中国の唐代の禅僧 臨済義玄の言行を弟子がまとめた「臨済録」の中に「三玄」と言われる言葉があります。

 

・「玄中玄」(=真理そのもの)

・「句中玄」(=言語における真理)

・「体内玄」(=修行で現れる真理)

 

人間の思慮分別を越え、奥深く容易にうかがえない、三つの道理を意味します。

 

若鶴酒造さんの『玄』シリーズは銀ラベルのほかに、プラチナラベル・金ラベル・生貯蔵酒があります。

 

 

★★★

 

「玄」という言葉は日常であまり使わないので、意味を知りませんでした。

「玄米」は、米の真理ということなのかな・・・?

奥深い味わいが、長きにわたり定番酒として親しまれる所以なのでしょう。

 

銀ラベルは「普通酒」らしいのですが、平凡なようで平凡でない・・・

「普通」という個性を持つ、オールラウンダーな日本酒だと思いました。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


日本酒ランキング

 


その他のお酒ランキング