ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

モルトとグレーンがハーモニーを奏でる、『響17年』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『響17年』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210201144520j:plain

 

【今回のお酒】

名前:響17年

ジャンル:ウイスキー(ブレンデッド)

製造者:サントリースピリッツ(株)A

アルコール分:43%

原材料:モルト、グレーン

原産国:日本(ジャパニーズ)

価格:50000~90000円前後(700ml)

 (プレミアム価格になっています)

 

◎どういうお酒?

酒齢17年以上の長期熟成モルト原酒を厳選・吟味し、酒齢17年以上の円熟グレーン原酒とブレンド

後熟にもたっぷりと時間をかけました。

熟した果実や蜜、花などの香りが絶妙なハーモニーのもとに響き合い、凝縮した旨みが口いっぱいに広がります。

 

 

【飲み方】

ストレート 

 

【感想】

 濃い琥珀色が、長期熟成を映し出しています。

香りは、バニラやハチミツのような甘い香り。

ほのかな甘みと軽い口当たりで、とてもなめらかです。

ストレートでも飲みやすく、好みの味わいでした。

 

 

★★★

 

響17年は、サントリー創業90周年の記念して1989年に新発売されました。

 

響には、「人と自然と響きあう」というサントリーの企業理念が込められています。

豊かな自然が育んだ原酒をブレンドし、世界に喜ばれるウイスキーへと造り上げていくことは、この理念を形にすることそのものでした。

ボトルは1日24時間、1年24節気を表わす24面カットとし、ラベルには手漉き越前和紙を使用しています。

 

ちなみに、響17年は2018年9月以降、休売となっています。

その他の響のラインナップとして、ジャパニーズハーモニー・ブレンダーズチョイス・21年・30年があります。

 

 

★★★

 

ボトルの24面カットは、高級感を醸し出してるように感じました。

「高嶺の花」みたいで、存在感もあります。

ジャパニーズウイスキーで長期熟成の物は値段が高く、すぐには購入できない物が多々あります。

そんな中で、我が家にある響17年。

とても有難いなぁ~・・・と思いながら、チビチビ飲んでいます。

 

たくさんの人の手をかけて造られるお酒は、飲み手も含めて1つのチームのように思います。

造り手から始まり、飲み手で終わる。。。

と思いつつ、飲み終わった後も、空ボトルを飾ったりして物語が永遠に続くような気もします。

飲みながら、眺めながら、色んな楽しみ方があるのが素晴らしいですね。

 

 

飲んでみたいけど、 お値段が・・・(汗)

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♬

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング