ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

個性が調和し、程良い甘みが引き立つ『ティモラス ビースティ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『ティモラス  ビースティ』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210218134617j:plain

 

【今回のお酒】

名前:TIMOROUS  BEASTIE(ティモラス  ビースティ)

ジャンル:ウイスキー(ブレンデッドモルト

製造者:ダグラスレイン社

輸入者:株式会社ジャパンインポートシステム

アルコール分:46.8%

原材料:モルト

原産国:スコットランド(ハイランド)

価格:4500~7000円前後(700ml)

 

◎どういうお酒?

『ティモラス  ビースティ(かよわきケモノ)』と名付けられた、ハイランドモルトのブレンデッド。

ウイスキーファンにはおなじみの作家ロバート・バーンズの作品『二十日鼠へ』に登場する、小さくて臆病な野鼠からネーミングされました。

ブレア・アソール、ダルモアグレンゴイン、グレンギリーなどの蒸留所を中心とした、中身はしっかりと自己主張をした素晴らしいブレンデッドモルトに仕上がっています。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

 フローラルな香りで、華やかな雰囲気。

程良い甘みで、ブレンデッドであっても複雑さを感じさせない、バランスの取れた味わいだと思いました。

1つ1つの個性が調和し、新たな個性を生み出している気がします。

少しだけ苦味というより渋味?もありますが、このお酒でしか味わえない、貴重な風味だと感じます。

 

 

★★★

 

ダグラスレイン社は、1948年にグラスゴーで設立されました。

その前身は、アメリカを主な取引先とする海運業者でした。

当時はブレンデッドウイスキーの需要が爆発的に高まっており、スコッチウイスキーの輸出業に進出。

その時のストックを原点として、ダグラスレイン社の歴史が始まっています。

 

彼らは、ブレンデッドウイスキーの生産者(ブレンダー)としての一面を持っています。

シングルモルトとして基準に満たない樽は、全てブレンデッドウイスキーへ回し、品質に妥協しないリリースを続けてきました。

同社は2013年に分社をして、弟のフレッド・レイン氏がダグラスレインという会社名を引き継ぎ、現在では娘のキャラ・レイン氏と共に会社を盛り立てています。

 

今回のティモラス  ビースティやビッグピートをはじめとする、エリア別ブレンデッドモルト「リマーカブルリージョナルモルトシリーズ」など、意欲的なリリースを行っています。

 

 

★★★

 

ダグラスレイン社のお酒は、今回が初めてでした。

ビッグピートもまだ飲んだことがなく、強烈なピート香を感じられるということだけ知っている状況です。

初心者感覚ではありますが、ブレンデッドモルトは、これまでのウイスキーとはちょっと違う雰囲気?を感じました。

 

いくつもの蒸留所のお酒が混ざり合い、それでいて「まとまり」がしっかりある。

「一粒で二度美味しい」みたいな、1本で複数の蒸留所の味を体感することができる、奇跡のお酒ではないでしょうか。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪ 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング