ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

爽やか・軽やかに旨味を味わえる、『SUZUKIRISHIMA』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、焼酎の『SUZUKIRISHIMA』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210926141545j:plain

 

【今回のお酒】

名前:SUZUKIRISHIMA(スズキリシマ)

ジャンル:焼酎(本格焼酎

製造者:霧島酒造株式会社

アルコール度数:20%

原材料:さつまいも(九州産)、米こうじ(国産米)

価格:810円(900ml)

※税抜価格

 

◎どういうお酒?

華やかさを生むさつまいも『スズコガネ』とフルーティーな香りをもたらす『エアリアル酵母』、味に奥行きを与えるため最適に精白した『ふわり玄米』。

その3つが調和し、軽快な口当たりと深みのあるうまみを実現しました。

軽やかな鈴の音色が空に響き渡るように、美味しさの可能性をどこまでも広げていきます。

次世代のエアリアルな味わいを持つ本格焼酎

 

 

【飲み方】

水割り

 

【感想】

少しフルーティーな、爽やかな香り。

口当たりから軽く、飲み進めても重くなりません。

スッキリとした味わいながら、旨味が口いっぱいに広がります。

もっと身近に手軽に、焼酎を楽しめる銘柄になると思いました。

 

 

★★★

 

宮崎県で最も有名な焼酎と言えば、真っ先に思いつくのが「霧島」という方も多いのではないでしょうか。

 

霧島酒造(川東江夏商店)は、1916年に創業者である江夏吉助氏が本格焼酎の製造を開始。

1933年に『霧島』の商標登録を受けました。

2016年には創業100周年を迎え、今もなお焼酎界のトップを走り続ける酒造です。

企業スローガンは、「品質をときめきに」。

www.kirishima.co.jp

 

今回の『SUZUKIRISHIMA』は宮崎エリア先行で新発売されました。

漢字ではなく英語表記にしたのは、これまで本格焼酎に馴染みのなかった、若年層やライトユーザーの方にもカジュアルに楽しんでもらいたいという思いが込められています。

ラベルはシャンパンゴールドで、伝統模様をモチーフにデザインされています。

 

霧島酒造には本格焼酎の他に、ビールや身体を気遣う『健麗酒』(けんれいしゅ)もあります。

 

 

★★★

 

私は今回、水割りでいただきました。

氷を入れてさらに冷たくする時もありますが、キンキンに冷やし過ぎるのはあまり好みじゃないんです。。。

最近、宮崎も朝晩は涼しくなってきたので、お湯割りも美味しい季節がそろそろ来るかなぁ~。

味やコスパを考えると、とても優秀な焼酎だと思います。

皆さんも、良かったらぜひ味わってみてください☆

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング