ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

変わらず寄り添い続ける、穏やかな味わい『さつま島美人』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、焼酎の『さつま島美人』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:さつま島美人

ジャンル:焼酎

製造者:長島研醸有限会社

アルコール度数:25%

原材料:さつまいも(国産)、米こうじ(国産米)

価格:250円くらい(100ml)

 

◎どういうお酒?

鹿児島県・長島の5つの蔵元(宮内酒造、宮の露酒造、長山酒造、杉本酒造、南州酒造)がそれぞれ伝統の技を使い、醸し出した焼酎を巧みにブレンドした焼酎です。

銘柄は「島(世)の男性にいつまでも愛されるように」と願い、命名されました。

地元民も愛してやまない、非常に穏やかな味わいです。

 

 

【飲み方】

お湯割り

 

【感想】

飲み始めから終わりまで、穏やかな芋の甘味や旨味を感じます。

ガツンとした刺激は無く、日常で飲みやすい味わいです。

芋焼酎が自分にしっくり来る日が訪れるなんて想像できませんでしたが、宮崎・鹿児島出身の人は潜在的にそういう身体になってるのでしょうか(笑)。

 

 

★★★

 

今回購入したのは、先日の『黒伊佐錦』と同じく、ミニミニ瓶ボトルです。

hinata0513.com

 

製造者である長島研醸有限会社は、先述したとおり5つの蔵元によって成り立っています。

発足時に決めた配合比率に従いブレンドし熟成させ、瓶詰めをして出荷しています。

今回レビューした『さつま島美人』以外にも、黒麹を使用した『黒島美人』や熟成させた『だんだん』などがあります。

 

5つの蔵元がひとつとして欠けてしまっては造ることができない、唯一無二の焼酎。

愛され続けるために、変わらぬ製法と味を守り続けています。

たくさんの人々の生活に寄り添うために。。。

shimabijin.jp

 

 

★★★

 

長島研醸有限会社は、芋焼酎のみを製造しているようです。

時代の流れに伴って変化する蔵元さんは数多くあると思いますが、逆に「変わらない」ことにこだわるのもカッコイイですね。

 

ちなみに☆

私は最近、目的や目標ばかりでなく、「どのように生きるか」ということにこだわる生き方をしたいなぁ~と思っています。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


その他のお酒ランキング