ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

造りも酒名もこだわる、すっきり飲みやすい『優咲』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、焼酎の『優咲』(ゆうさく)をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:優咲

ジャンル:焼酎

製造者:大浦酒造株式会社

アルコール度数:25%

原材料:甘藷、米麹(国産米)

価格:1000円くらい(900ml)

 

◎どういうお酒?

昔ながらの手造りでつくられた芋焼酎

黄金千貫芋を国産の米を用いた手揉みの手造り麹(白麹)で醸しています。

一次・二次ともに蔵に代々伝わる甕壺で仕込みました。

仕込み水と割り水には霧島山系伏流水を使用。

 

 

【飲み方】

ロック

 

【感想】

芋焼酎らしい香りですが、少しキリっとしてる感じ?があります。

アルコールは25度ありますが、あまり酔わずにスルスルと飲めてしまいます。

割り材で割らなくても、ロックで気軽に楽しめます。

甘味はありますが、キレがあって後味はすっきりです。

 

 

★★★

 

大浦酒造株式会社は宮崎県都城市にあり、創業は1909年(明治42年)。

大切にしている理念は、

「素材を活かす」

「技を生かす」

「人を憩やす」

この3つだそうです。

時代が変わっても、素材と向き合い、技を磨き、魂を込める。

そうして極めた1本を造り続け、私たち飲み手に「安らぎ」や「癒やし」を与えてくれています。

 

代表銘柄は、『みやこざくら』。

 

『玄米焼酎』も気になります。


 

 

ちなみに☆

『優咲』の由来は、現四代目杜氏のお父様である『勇作』さんの名前からつけられたそう。

お父様の理念を受け継ぐ決心を表明した、渾身の逸品です。

 

www.ooura-syuzou.net

 

 

★★★

 

大浦酒造さんのお酒は、今回が初めてでした。

都城は酒造会社さんが少ないので、貴重な存在です。

『みやこざくら』はまだ飲んだことがないのですが、スーパーや酒屋さんで一際目を引くラベルです。

 

焼酎もウイスキーのように地域で異なる味わいを楽しむことができます。

ひとくちに芋焼酎と言っても、宮崎県の中でも相当な数の銘柄があります。

使用される芋や水そして麹の種類、風土によっても変わってくると思います。

それぞれの違いが分かるようになるまでは、ぼちぼちと焼酎を飲み続けていきたいですね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


その他のお酒ランキング