ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

心に染みる、どこか懐かしさも感じる『スズホックリ その2』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、焼酎の『スズホックリ  その2』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:スズホックリ  その2

ジャンル:焼酎

製造者:有限会社  白石酒造

アルコール度数:33%

原材料:さつまいも、米こうじ(鹿児島県産米)

価格:2800円くらい(720ml)

 

◎どういうお酒?

自社栽培(無肥料、無農薬)で育てた紅芋の『スズホックリ』を、収穫後1か月ほど貯蔵して完熟させ、野イチゴのような甘酸っぱい風味を目指して製造しました。

梅のような酢酸の風味が特徴です。

(ラベル裏より引用)

 

 

【飲み方】

水割り

 

【感想】

芋の優しい香りと甘味がちょうど良いです。

コクのある味わいで「深み」を感じます。

身体に染み渡るようで、どこか飲みやすさがあります。

後味は意外とスッキリしています。

酸味をあまり感じず、このお酒の特徴を掴みきれませんでした(;'∀')

 

 

★★★

 

鹿児島県いちき串木野市にある白石酒造は、1894年(明治27年)に創業。

しかしながら、江戸時代には清酒を製造していたとの記録も残っているとのこと。

原料米は地元の市来産を使用し、麹室でのもろぶたを用いた麹造りを行っています。

さつま芋は県内産の物を1つ1つ丁寧に選別して使用しています。

手間をかけて製造された商品は、芋の風味が最大限に活かされて力強さを感じるも、どこか懐かしく安らぎも与えてくれます。

 

現在は芋焼酎のみを製造しており、いちき串木野市の焼酎を全国の方に楽しんでもらいたいという思いが込められています。

焼酎の製造は芋の収穫時期(9月~12月)に合わせて行われます。

 

ラインナップとしては天狗櫻が有名です。

 

ちなみに『スズホックリ』のようなシリーズで、昨年は『ジョイホワイト』という商品を製造されているようです。

 

 

★★★

 

宮崎県も各地に焼酎蔵がありますが、鹿児島県はまた一段と数が多いですよね。

ここ最近は県外へ旅行する機会はほとんどありませんが、酒蔵を見学したりするのも楽しそうだなぁ~と考えているところです。

鹿児島に住んでいた頃なら日帰りで行けたのに、もったいないことをしたと痛感しています( ̄▽ ̄)

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


その他のお酒ランキング