ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

疾風のごとくやってきた、旨味ある『麦山猪』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、焼酎の『麦山猪』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:麦山猪(むぎやまじし)

ジャンル:焼酎

製造者:すき酒造株式会社

アルコール度数:25度

原材料:麦(国産)、麦麹(国産)

価格:1400円くらい(720ml)

 

◎どういうお酒?

『麦山猪』はあえて黒麹を使用し、一世紀の時を超えた和甕で全量和甕仕込みされています。

通常なら長期熟成させることで味わえる旨味や香りを、一年半程という短い熟成期間で再現しました。

麦感がしっかりとしていて、香ばしい香りや甘味を楽しめます。

本数・期間共に限定での販売。

 

 

【飲み方】

お湯割り

 

【感想】

優しい麦の香り。

ほのかな甘味と香ばしさ、芋焼酎とは違う「ホクホク感」のようなものもある気がします。

口当たりが軽くて飲みやすいです。

 

★★★

 

すき酒造さんのお酒は、『本格焼酎  内山』に続いて2本目になります。

この時の記事で、『麦山猪』も既に紹介していました。

hinata0513.com

 

なので、満を持してようやく飲むことができました。

 

山猪シリーズには、この他に芋と紅芋の山猪があります。

 

 

ちなみに☆

須木の猪は『山猪』と言われています。

通常の猪よりも険しく奥深い山々を駆け巡るため、抜群の速さで疾風(はやて)の猪なのだそう。

「疾風のごとく」という名言と、短い熟成期間で長期熟成の味わいを再現できたことが、『麦山猪』という銘柄の由来になっています。

 

また、焼酎造りの伝道師と言われる黒瀬杜氏のもとで多くの技術を伝承した内嶋杜氏が酒造りを行っています。

suki-syuzo.jp

 

 

★★★

 

黒瀬杜氏は、かつては九州など各地にいらっしゃいましたが、現在では数名程なのだそうです。

酒造りは大変な仕事だと思われますが、お酒は私たち消費者にとって日常を支えてくれる非常に有り難いものです。

蔵元だけでなくお酒に携わる業種の方々にも感謝をしつつ、私もそういう方々を支えられる1人になっていたら嬉しいですね。

もちろん、適量を楽しむことには努めます(笑)ヽ(^o^)丿

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


その他のお酒ランキング