ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

甘さ控えめ、穏やかな味わい『京生粋 純米吟醸酒』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、日本酒の『京生粋  純米吟醸酒』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210326143002j:plain

 

【今回のお酒】

名前:京生粋  純米吟醸酒

ジャンル:日本酒

製造者:佐々木酒造株式会社

アルコール分:15%

原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)

精米歩合:60%

価格:650円前後(300ml)

 

◎どういうお酒?

 豊臣秀吉の邸宅であった『聚楽第』(じゅらくてい、じゅらくだい)の地は『出水』という地名が残されているように良質の地下水に恵まれ、古くから酒造りが盛んでした。

その地で醸された、究極のこだわりの純米吟醸酒

千利休茶の湯にも使用したと言われる『金明水・銀明水』を仕込み水に、厳選された京都産米を原料に、京都吟醸酵母『京の琴』で仕込まれた100%京の酒です。

はんなりと穏やかな味わいを楽しめます。

 

 

【飲み方】

 冷や

 

【感想】

ほんのり漂う香りを楽しみ、いざ飲んでみると・・・

スッキリした味わい。

甘みは少なめで、酸味をわずかに強く感じました。

インパクトがあるというよりも、控えめな印象を受けます。

飲みやすくて食中酒としてもオススメしたいです。

 

 

★★★

 

 佐々木酒造は、1893年明治26年)に創業。

二条城近くに残る洛中の蔵元です。

" 洛中伝承 "の技法と精神を継承しつつ、新しい技術を取り入れながら、さらなる品質向上にも取り組んでいます。

 

お酒のラインナップには、『聚楽第』の名を冠した純米大吟醸や『古都』大吟醸西陣織を掛布とした『西陣特別純米などがあり、京都らしい銘柄が人気なのだそう。

 

※洛中伝承とは

洛中における酒造りの伝統を守り続ける佐々木酒造の、創業以来の精神を凝縮したもの。

 

 

★★★

 

京都は、歴史と伝統が息づく土地です。

 私もかつて旅行で訪れたことがありますが、独特の世界観が広がっている気がしました。

日本人として馴染みやすさを感じる一方で、背筋をピンと正されそうな気持ちにもなる。

地元の方々の京都弁は、とても上品で素敵だなぁ~と思いました。

土地柄があるのでしょうか、京都のお酒は上品な味わいが印象に残ります。

佐々木酒造さんのお酒は初めてでしたが、他の銘柄も飲んでみたいですね。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♫

 


日本酒ランキング

 


その他のお酒ランキング