ひなたのお酒レビューブログ

hinataとnezuによる、お酒、宮崎満喫ブログ!

お酒は味だけじゃない~変わったボトル達(nezuのつぶやき)

 

ブログ訪問、ありがとうございます!

今回の記事はnezuの担当です。

今日はお酒の味のレビューではなく、少し変わった方面から紹介したいと思います。

 

 

唐突ですが、皆様は好きなお酒のボトルってありますか?

もちろん美味しさで好きになることがほとんどでしょうが、お酒のボトルって味以外にも楽しめる要素があるんですよ。

その最たるものが視覚による楽しみ、ボトルデザインだと思います。

 

 

↑スコッチウイスキー『ホワイトマッカイ』の陶器ボトル

 

↑スコッチウイスキー『イ モンク』のミニボトルが内蔵されたランプ風インテリア

 

テキーラの『アハ トロ ディーヴァ』

 

↑透明なブランデー 『ゴデ アンタークティカ』

 

『とうがらし焼酎といちごのオードヴィー』

 

(最後の宮崎産のお酒以外、全部分かる方は相当だと思います・・・。)

 

 

お酒は嗜好品ですし、中身が美味しいのは前提といいますか(好みはあるにしろ)、美味しくなければ外装ばかりこって中身をどうにかしろだとか、シンプルにして安くしろとか、そういわれちゃうことがあるかと思います。

実際、中身よりもボトル自体にめちゃくちゃ価値があるというものも存在してはいます。

 

ただまあ、そこまで極端ではないにしても、やっぱり外装・見た目もそれなりに大事だとは思うわけです。

お酒はジャンルだけでもものすごく数が多いし、その中の銘柄となればもはや把握しきれない膨大な量になります。

特に今流行りのクラフトジンに関しては、味はもちろん大事ですが外観のあり方も非常に大事になっていると私は感じています。それがジンはまだまだ蒸留所ごとのブランディングが成熟されていない=熱狂的なファン層、コミュニティがまだまだ小さいので、味わいや特性の共有化がまだまだ進んでいないのかなあと思っているわけです。

(もちろんかつてないほど大きい熱量で今現在は進行していると思います)

 

ウイスキー、特にスコッチウイスキーに関しては蒸留所ごとのアイデンティティだったり、味わいに関する情報の共有化はかなり成熟していると思いますし、今現在での情報発信媒体で一番多く、広く扱われているジャンルであることは間違いないと思います。

(もちろんウイスキーが一番すぐれた酒である、という趣旨ではないです)

 

少し脱線しましたが、同じくらいの価格帯で情報量や知名度もほぼ同程度だった場合、クラフトジンを買う決めてになるのはボトルデザインではないかなあ、と思います。

飲み慣れている方はボタニカルの優先順位が高くなるでしょう。

しかしそこまでまだ入り込んでない方にとっては、目を引くデザインというのはやっぱり大事だと思います。

実際私が最初に買ったジンは『ボンベイサファイア』でしたし、最初に買ったスタンダードジン以外のジンは『タンカレーNO.10』でした。

 

以前、私が作ったお酒の動画のコメントにこういうものがありました。

 

「お酒は飲めないんだけど、インテリアとして欲しいからお洒落なボトルを教えてほしいです」

 

お酒は飲めなくとも、お酒のボトルの雰囲気を味わいたいという方もいらっしゃるようで、私は少しうれしくなりました。

もちろん飲んでいただける方が生産者としても嬉しいと思いますが、だからといってデザイン性に興味を持つことを否定することも少し違うかなあと感じます。

お酒はカテゴリーに様々なデザインや傾向があります。

 

ウイスキーは基本的には伝統というかかっちりラベルに情報が書き込まれているものが多い反面、芸術性(プロのイラストレーターや画家が手掛けるものも多い)、形状に遊びがあるものも多いです。しかし大体は似たような形状で横並びさせてニヤニヤするのが面白いジャンルじゃないかなと思います。『フロム・ザ・バレル』とかどうやって並べるかちょっと悩みません?

⇡(今こんなにするんですか・・・)

 

 

ブランデーは高級感があるものが多く、形状もゴージャスで「良さそうなお酒だ!」という視覚的効果が高いジャンルですね。すごいきらびやかな形状にまざって普通のボトルにラベルだけという飾らないものがあるのも逆に渋くて惹かれます。

 

ジンは基本的にはスタイリッシュ&簡素なものが多い中、それぞれのおしゃれだったり季節感だったり、表現したいことを表現している、美術館のようなジャンルですね。

 

 

ウォッカは一番スタイリッシュなジャンルで都会的な洗練されたデザインのものが多いと思います。残念なのは国内に入ってる種類がまだまだ少ないのかなあという点。

 

 

ラムは器用な印象です。ウイスキーのような伝統的なスタイルのものが多い反面、地域性を表現したもの、遊び心が強いものなど多種多様なデザインのものが存在します。

 

最後にテキーラですが、今現在メキシコでしか作られていないこともあって、地域性、国の文化を表現するのものが多く存在します。しかし都会的なデザインでスタイリッシュなものも意外と多いジャンルでもあります。

 

こういったボトルデザインを通して、普段お酒にこだわりない方にも手にとってもらって、愛着を覚えてもらうと酒飲みの一人としては嬉しいと思うわけです。

そこで選択者としての“あなた”が存在するわけで、こうした自分で選んで買うという過程と選択の有無が大事だと私は思うわけです。

生産者の意図と購入者の感性がマッチして消費するということ、その導入してデザインから見るお酒もまた面白い要素ではないでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

ほんんのり黄色がカワイイ、またすぐに飲みたい『はっさくサワー』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回はhinataが担当します♪

缶チューハイの『はっさくサワー』をいただきます。

 

名前:はっさくサワー

ジャンル:缶チューハイ

販売者:株式会社ジェイエイフーズおおいた

アルコール分:4%

原材料:はっさく果汁((はっさく)大分県産)、きよみ果汁(きよみ(大分県産))、アルコール、糖類/酸味料、トレハロース、炭酸ガス、香料

価格:150円くらい(340ml)

 

◎どういうお酒?

大分県産はっさく果汁に清見オレンジ果汁をブレンドしました。

果汁率10%、アルコール度数4%です。

はっさくの苦味と清見オレンジの甘さがアルコールにマッチするリキュールです。

 

 

【飲み方】

冷蔵庫で冷やして、そのまま☆

 

【感想】

ほんのり黄色の色味が可愛い♪

酸味だけでなく、甘味がちゃんとあってバランス良く美味しい!

また飲みたいです。

 

 

★★★

 

以前、『JAフーズおおいた』のお酒は1本レビューしています。

hinata0513.com

 

それぞれ24本の広告ですが・・・

今回飲んだ『はっさくサワー』を含む商品と、

 

以前飲んだ『ゆずハイボール』を含む、飲み比べ商品を見つけました☆

 

そして!

忘れてはならない『つぶらなシリーズ』♪

【4種類  合計20本セット】

 

www.jafoods-oita.co.jp

 

 

★★★

 

スーパーで缶チューハイを選ぶ時は、JAなどの地域に根差した商品が気になります。

私にとっては特に美味しそうに見えるのです(もちろん、どの商品も美味しさにこだわってるのでしょうけど)。

そして最近は、レモンの缶チューハイを飲むことが多いです。

これまでは同じ柑橘系でもオレンジが多かったのですが、より酸味を求めてるのかもしれません(・∀・)

九州はレモン系のチューハイが特に売れるそうで、スーパーやドラッグストアではたくさんの種類がラインナップされています。

甘くない物も良いですが、仕事で疲れてる時は甘~いのが飲みたくなります。

そうやって自分を甘やかしつつ、明日からも乗り切っていきます(笑)。

 

~これまでにレビューした、JAで造られたお酒~

hinata0513.com

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 

その他のお酒ランキング
その他のお酒ランキング

 

シンプルで美味しく、美しい『カブラボック ジン』のソーダ割り☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回はhinataが担当します♪

『カブラボック ジン』のソーダ割りをいただきます。

 

基本情報に関しては、コチラ↓のnezuの記事を参考にしていただけたらと思います。

hinata0513.com

 

 

【感想】

柑橘の爽やかさ、そして甘味・・・美味しいですね~。

割り材の炭酸水を強炭酸にしたのですが、私個人としては普通の炭酸のほうが柔らかい味わいで良かったかなぁと思いました。

ジンソーダにハマってしまいそうです(・∀・)

 

 

★★★

 

何種類かあるようですが、現在だと私が飲んだ種類(一番スタンダードなタイプ)が公式サイトで購入可能なようです。

ちなみに、炭酸水はウィルキンソンでした。

www.cabraboc.jp

 

ジンソーダを飲みたくなったキッカケは、数か月前のこと。

TBSの『ララLIFE』という番組で俳優・タレントの髙嶋政宏さんが美味しそうにジンソーダを飲んでいる姿を観て、「私も飲みたい!!!」と思ったからでした。

(2月2日放送なので現在は観れないのですが、お酒好きの方は観ていらっしゃった人もいるのでは?)

www.tbs.co.jp

 

ジンと炭酸水というシンプルな飲み方ですが、合わせるジンと炭酸水によって色んな表情を楽しむことができますよね。

家には一番身近にあったお酒だったのに、ジンソーダはほとんど飲んできませんでした。

・・・とは言いつつ、私はもともと柑橘系の香りや味わいが好きなので、ジンは飲みやすいお酒のジャンルだったのです。

ただ、ストレートだとキツく感じるので、やっぱり割って飲もうと思います。

これから本格的に暑くなってきたら、今年は出番が多くなりそうです。

 

 

★★★

 

話は変わりますが、先月からアニメ『バーテンダー  神のグラス』が始まりましたね(*^^*)

我が家はTVerで観ており、思わず飲みに行きたくなってしまいます(笑)。

地方でも全国の番組が観れるようになって、テレビ的には本当に良い環境になったなぁ~と思います。

漫画からだいぶ月日が経っているので、アニメを観ながら思い出している感じです。

アニメのオリジナルストーリーもあって面白く、毎週の楽しみが増えて嬉しいです。

bartender-anime.com

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 

その他のお酒ランキング
その他のお酒ランキング

洋酒ランキング
洋酒ランキング

 

甘くて飲みごたえあり『グランツ12年』!

 

ブログ訪問、ありがとうございます!

今回の記事はnezuの担当です。

今日はブレンデッドスコッチウイスキーの『グランツ12年』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:『グランツ 12年』grant's aged12years

ジャンル:ブレンデッドスコッチウイスキー

製造者:William Grant & Sons

アルコール度数:43度

価格:5000円程度(終売品、フリマサイトでの価格)

ブランドHP:

www.grantswhisky.com

 

◎どういうお酒?

グレンフィディック、キニンヴィ、バルヴェニー、アイルサベイをキーモルトとしたブレンデッドスコッチウイスキー

日本ではバランタインジョニーウォーカーなどの影に隠れていますが、スコッチウイスキーとしてはかなりの売上がある銘柄です。

今回ご紹介するのはそんなグランツの、おそらく終売品であろう『グランツ12年』。

一応今現在も『グランツ トリプルウッド12年』という銘柄が作られてはいるようですが日本は未入荷っぽいです。

ブレンデッドの12年なんで本来はそこまで高くないボトルだと推測されますが、フリマサイトあたりで5000円くらいの値段がついているということは、やはり今現在、普通には売ってないことを示していると思います。

ちなみに今回のボトルは実家に眠っていたものなので、開栓してからだいぶ時間が経過しているボトルです。

 

【飲み方】

ストレート

【感想】

グレンフィディックをキーモルトとしているだけあって洋梨、蜂蜜のような甘さがあります。しかし驚いたのは、本来低価格であったであろうこのボトルの甘みが結構しっかりしており、後味にビターさとスモーキーさがちょっぴり感じられるところ。

香りは飛んでしまってるのかそこまで感じられませんが、味わいはしっかりしていて上品な甘さが感じ取れます。

 

販売当時いくらだったのかわかりませんが、甘くて美味しいブレンデッドウイスキーだと思います。もちろん開栓してから長い年月経っているため、味わいが変わっていると思いますし、香りはあまりひろえない状態だったので、未開栓のボトルが同様の味わいかどうかは不明です。

 

今回はオールドボトル扱いの一本になりますが、今現在流通している普通のグランツはどういう感じなのか?

恥ずかしながら未だに飲めていないので、機会を見つけて飲んでみようと思います。

1000円台ですし、キーモルトのことを考えると飲みやすくて美味しいんじゃないかと期待しています。

知人に安いブレンデッド・スコッチのおすすめ聞かれた時、私はスモーキーなものが好きだったので返答に困ったことがあったのですが、その問に対する回答の一つになればいいなと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

↑レギュラーボトル。今度飲んでみます

↑8年はあるんですが、12年はやはり入ってきてないですね~

 

 

 

 

 

爽やかな酸味と柔らかな余韻、『バー・ポームム〈キウイとラム〉』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回はhinataが担当します♪

缶チューハイの『バー・ポームム〈キウイとラム〉』をいただきます。

 

名前:BAR Pomum(バー・ポームム)〈キウイとラム〉(ドン・キホーテ限定)

ジャンル:缶チューハイ

販売者:サントリーホールディングス株式会社

アルコール分:6%

原材料:キウイフルーツウォッカ(国内製造)、ラム、糖類/酸味料、炭酸、香料

価格:150円くらい(350ml)

 

◎どういうお酒?

キウイの爽やかな酸味に、ラムの持つ甘く柔らかな余韻が愉しめるフレーバーです。

 

 

【飲み方】

冷蔵庫で冷やして、そのまま☆

 

【感想】

キウイの酸味・甘味がどのくらいあるのかなぁ~とドキドキしながら飲んでみました。

キウイの良さが最大限に引き出されつつ、酸味は強くないので飲みやすくて幅広い方から好まれそうな味わいです。

キウイを使った缶チューハイとしても珍しくて良いと思いました。

 

 

★★★

 

今回飲んだお酒は、ドン・キホーテ限定商品とのこと。

何気なく購入しましたが、どうりでスーパーやドラッグストアでは見かけないワケです。

また、宅飲みにまつわるエピソードをイラスト化し、全国のドン・キホーテ限定の店頭POPとして掲示されるキャンペーンも行われたそうです(今も継続中なのでしょうか?)。

お店に行く機会がある方は、良かったらチェックしてみてください☆

www.suntory.co.jp

 

 

★★★

 

これまでレビューした『BAR Pomum 』シリーズは3本です。

どれも美味しかったですね~( *´艸`)

hinata0513.com

 

hinata0513.com

 

hinata0513.com

 

今月は『和梨ジントニック』が発売されたばかりです。

梨好きなので、気になります(*'▽')

 

その他のラインナップとしては、『カシス&葡萄』と

 

『白葡萄&モヒート』があります。

www.suntory.co.jp

 

 

★★★

 

様々なスピリッツを使ったお酒を楽しむことができる、ポームムシリーズ。

自分のお気に入りのフレーバーを見つけるキッカケにもなると思います。

自宅で気軽にBar気分を味わえるところが良いですね(*^-^*)

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 

その他のお酒ランキング
その他のお酒ランキング

 

深いコクと滑らかさ、上質な『ロン アブエロ アネホ12年』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回はhinataが担当します♪

ラムの『ロン  アブエロ  アネホ12年』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:ロン  アブエロ  アネホ12年

ジャンル:ラム

アルコール分:40%

原産国:パナマ共和国

輸入者:リードオフジャパン株式会社

食品添加物:カラメル色素

価格:4500円くらい(700ml)

 

◎どういうお酒?

熟成に理想的なパナマの環境のもとで造られた、滑らかで洗練された味わいのダークラムです。

サトウキビの搾り汁を、良質なアメリカンホワイトオークで12年間熟成しています。

世界で高い評価を受ける渾身の逸品です。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

甘味と深いコクを感じます。

それでいて後味がスッキリしており、「美味しい!」の一言しかないですね☆

ラムに馴染みのない方もラム好きな方にもオススメしたいです。

 

 

★★★

 

ロン・アブエロは、バレラエルマノス社の手掛ける高級ラムのブランド。

バレラエルマノス社は1908年にパナマ共和国でスペインから移住してきたドンホセが創業した、家族経営による蒸留所です。

当初は砂糖工場のために創業したのですが、子供達の提案により1936年からはサトウキビジュースでアルコールの蒸留を行うようになったそう。

原材料は100%パナマ産を使用し、シェリー製造で培われた製法『ソレラシステム』(※)を採用しています。

良質なアメリカンホワイトオークを使うなどして熟成にもこだわりを持っている蒸留所です。

 

ラインナップとしては私が飲んだ12年の他に、

 

厳選した12年熟成の原酒を、ディープチャー(樽の内側を強く焦がす)を施し、アメリカンオークの新樽で追熟した

【トゥーオークス

 

アメリカンホワイトオーク樽で熟成後、ポートワイン樽で仕上げられた

【フィニッシュコレクション】

 

創立100周年を記念して生産された

【センチュリア】などがあります。

 

※『ソレラシステム』

ワインのシェリーを造る際に用いられる伝統的なブレンド技術。

下から上へ、古い樽から新しい樽を順に3~4段ほど積み上げる。

出荷の度に古い樽からボトリングし、減った分を上の樽から順次注ぎ足していく。

品質の均一化と熟成を同時に行うことができる。

 

 

★★★

 

今回飲んだラムには食品添加物としてカラメル色素が入っていました。

私個人としては、そのままの色でも良さそうな気がするのですが。。。(゜゜)

お酒は飲んでみないと自分に「合う」「合わない」が分からないのは難しいところでもあり、面白さでもあると思います☆

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 

その他のお酒ランキング
その他のお酒ランキング

洋酒ランキング
洋酒ランキング

 

辰巳蒸留所の定番ジン『アルケミエ 犬啼』!

 

ブログ訪問、ありがとうございます!

今回の記事はnezuの担当です。

今日はジャパニーズクラフトジンの『アルケミエ 犬啼(いんなき)』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:『アルケミエ 犬啼』

ジャンル:ジン(国産クラフトジン

アルコール度数:45度

価格:6000円程度/500ml

製造者:辰巳蒸留所

製造地:岐阜県

公式HP なし

 

◎どういうお酒?

辰巳蒸留所が製造している、定番と言えるジンです。

比較的初期から作られている銘柄なのですがネット上ではほぼ買えず、フリマサイトなどで数千円上乗せされた出品はよく見かけます。

特徴として、ボタニカルがジュニパーのみと非常にシンプルであり、ベーススピリッツは粕取り焼酎やチコリ焼酎を使用しているそうです。

少ない生産本数、そもそも500mlで5000円クラスといった比較的高級な部類のジンですが辰巳蒸留所自体が国産クラフトジンの「クラフト」な部分を引っ張ってきた部分もあり、ブランドとして人気が高い非常に限られた蒸留所ということで、基本的に入手が難しいです。

 

 

【飲み方】

ストレート

【感想】

オーソドックスなジンという香りとはまた違い、辰巳蒸留所らしいハーブ系の苦い香りがします。ベーススピリッツが焼酎ではありますが一般的な焼酎とは違うためか、普通の焼酎の香りはしません。

味わいはシンプルに鋭い甘苦さが突き刺さります。若干苦みが優位でしょうか。

しかし味がきつすぎるということはなく、アルコール感は抑えられています。

刺激が少なめで飲みやすいですが、味わい自体は好みが分かれるかもしれません。

ジンが苦手な知人が「これなら飲める」と言っていたので、結局は飲んでみないとわからないかもしれませんが、スタンダードジンと味わいが違うのは確かでしょう。

 

ちなみに同じく国産ジンでジュニパーオンリーの『5th Anniversary GIN』と飲み比べてみましたが、あちらは最初に甘みが来て後味にじわっとした草感の強い苦みが残る形で、香り自体はアルケミエの方が強く感じられました。

同じ風なお酒でも製法や材料で味わい・風味ががらっと変わると改めて実感しました。

 

hinata0513.com

 

なかなか個人購入しにくい反面、知名度は高いのでBARによっては置いているところもあると思われます。

限定品に関しては種類が多すぎて私も全く把握できていませんが、もしBARで見かけたら一杯試してみるのも良いと思います。定番品以外はきっと一期一会のような感じですから。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

↑なかなか売ってないです・・・

↑こういうのもあるんですね。