ひなたのお酒レビューブログ

hinataとnezuによる、お酒、宮崎満喫ブログ!

甘めで美味しい!?『サントリー ブランデーXO シルキー』!

ブログ訪問、ありがとうございます!

今回の記事はnezuの担当です。

今日はブランデーの『サントリー ブランデー XO シルキー』をいただきます。

 

サントリー ブランデー XO シルキー』

 

【今回のお酒】

名前:『サントリー ブランデー XO シルキー』

ジャンル:ブランデー

製造者:サントリー

ブドウ:マスカット

アルコール度数:40度

価格:4000円くらい(660ml)

公式HP:

www.suntory.co.jp

 

◎どういうお酒?

飲料大手のサントリーさんが製造しているブランデーです。

終売品?なのか公式のページもおかしくなっていたり、通販サイトでも売り切れ状態になっています。(XOではなくVSOPは販売中)

私は数年前に酒屋さんかスーパーで投げ売り品になっていたのを購入したのですが(確か2000円くらい)、今では確かにスーパーなどでも見かけないように思います。

 

ウイスキーに比べるとブランデーは情報源やブログなどが少なく、酒屋や飲食店以外ではごく一部の愛好家の方が記事をまとめてくださっているに留まっています。
そのため、ブランデーにそこまで詳しくない私が調べようと思っても情報が見当たらず、せめてどういう立ち位置にあったお酒で、どういうシーンで飲まれたのか、を探っていきたいのですが、それもまた難しい。

 

ですので今回はお酒としての味わいや私のブランデー観などを書いていきたいと思います。

 

 

 

【飲み方】

ストレート

【感想】

ツンとした刺激と梅酒の甘さのような香り。

味わいはマスカット由来なのかパンチは少ないですが、明確な甘さが感じられ、それが心地よい。

ボトルを開けたのがだいぶ昔であるためでしょうが、アルコールの刺激が少なく、単純に美味しく感じます。
昔開けたときは、私が未熟なのかあまり美味しく感じなかったのですが、今なら普通に楽しめる味わいです。(開封直後とは味わいがかなり変わっているかも)

 

当時は「ブランデーあんまり飲んだことがないから特売だし買ってみよう」というくらいの動機で購入し、飲んでみてあまり美味しいと思わなかったのですが、今美味しく感じられるのはどうしてなのか。

開栓直後のものと飲み比べしないとよくわからないですね。

 

 

◎私のブランデー観

国産ブランデーはサントリーさんが安定的に販売しており、スーパーでも低価格帯のものが常備されています。

また外国産ブランデーの代表銘柄であり、コニャックであるヘネシーのVOが3000円台とそれなりに手に取りやすい価格帯にも商品があり、そして高価格帯はどこまでも高額という点はウイスキーと似ていますね。

 

ウイスキーがブレンデッドスコッチの存在のために低価格でも楽しめる銘柄が豊富であるのに対して、ブランデーは選択肢が少ないように思います。

ですがある一定以上の価格帯でみると、高騰化真っ只中であるウイスキーよりも味わいの面でコスパが非常に優れているものが増えてくるのがブランデーだと勝手に思っています。

 

また、知名度のためか純粋に味のためなのか分かりませんが、ブランデーのオールドボトルは滅茶苦茶安いので(超有名なブランド品は除く)、発掘するのが楽しいお酒だとも思っています。

ボトルの形状も豪華で面白いものが多いですね。

 

今回のレビューを通して、「もう少しブランデーも飲んでみようかなあ」と新しいモチベーションが生まれたことが自分のことながら嬉しく感じます。

「ぞんざいな扱いをして悪かったな」

と、

「美味しいお酒でありがとう」

と、この『サントリー ブランデーXO シルキー』のボトルを磨きながら思う一日でした。

 

 

 

 

★★★

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

 

↑これらはよく見かけるのですがシルキーは見当たらず。

 

 

熟成させた、じっくり飲めるグラッパ『オルネライア グラッパ』!

 

ブログ訪問、ありがとうございます!

今回の記事はnezuの担当です。

今日はグラッパの『オルネライア グラッパ』をいただきます。

 

『オルネライア グラッパ

【今回のお酒】

名前:『オルネライア グラッパ

ジャンル:グラッパ

製造者:オルネライア

ブドウ:カベルネソーヴィニョン メルロー

アルコール度数:43度

価格:5000円くらい(500ml)

公式HP:

 

 www.ornellaia.com

 

 

 

◎どういうお酒?

ワインを作る際に出る絞りかすから作られる蒸留酒グラッパであり、EUの法律でグラッパと呼べるのはイタリア産のもののみ

今回のグラッパは見ての通り色が付いていますが、通常グラッパは熟成させないものが多い中、『オルネライア グラッパ』は樽熟成させているためしっかりと色がついています。

左『オルネライア』右『ポーリ』

ワインは門外漢なので上手く説明できませんが、イタリアのトスカーナのワインに『サッシカイア』と『オルネライア』という名門があり、それらは「スーパータスカン」と言われています。
それはトスカーナ産のワインであると名乗ろうとした場合、法によって使用されるブドウはイタリア産に限定されるのですが、オルネライアやサッシカイアなどは美味しさを追求するためそういった縛りを超えてワイン作りを行いました。
その結果による素晴らしい味わいから「スーパータスカン」というくくり・名称が生まれたわけで、イタリアワインとして高い評価を得ていることがわかります。

そんな製造者が作る、樽熟成させたグラッパです。

ちなみにサッシカイアもオルネライアと同様にグラッパを販売しています。
※漫画『レモン・ハート』にも登場します。

 

【飲み方】

ストレート

【感想】

グラッパが持つ、特有の香りがまずあります。
この特有の香りがなかなか自分では表現できず、焼酎で受けるようなクセを感じるのですがもちろん焼酎のそれとは違い多少甘さを感じられます。

味わいはフルーティーな甘味と控えめに並走する渋みがあり、熟成の影響かアルコールっぽさを感じさせないまとまりを感じさせます。
熟成させないタイプのグラッパは荒々しさを感じられることが結構ありますが、こちらはしっとりしていますね。

 

ストレート以外で飲んでいませんが、特有の香りや味わいから普通にそのまま飲んだほうが良さそうです。今後は試してみたいとも思っています。

 

私はまだあまりグラッパを飲めていないので(多分10種類くらい)グラッパというジャンルを語るには経験が足りませんが、その中で考えてもこの『オルネライア』は美味しいグラッパだと思います。

熟成が大正義というわけでなく、好みや状況の使い分けだと思うのですが、熟成させてあると普段ウイスキーやジンを飲むような感じで楽しめるのは良いですね。

 

少し残念なのは、このボトルでの販売は終わっていて別の形で販売されていますが値段が結構上がっていること。
サッシカイアのグラッパも高いです。
それとグラッパ自体を扱っている酒屋が少ないので(地方では)、入手性は高くないのも難点。
サイゼリアではオルネライアとは違いますがグラッパを提供しているようです。
宮崎にはサイゼありません・・・!

よって宮崎ではグラッパへの接点がBarや極一部の飲食店にしかないんですよね。

一応県内でグラッパ(ブランデー)を作っているので機会があればレビューしたいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

 

 

「ちょうど良い」がココにある、ずしっと『霧島《宮崎限定》』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、hinataが担当します♫

焼酎の『霧島《宮崎限定》』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:霧島《宮崎限定》

ジャンル:焼酎

製造者:霧島酒造株式会社

アルコール度数:20度

原材料:さつまいも(九州産)、米こうじ(国産米)

価格:230円くらい(200ml)

 

◎どういうお酒?

白麹仕込みの本格芋焼酎

創業100年という節目の年に焼酎造りの原点を見つめ、これまで霧島酒造を支えてきた地元宮崎の人々に向けて、感謝の気持ちをカタチにするため誕生しました。

原料の風味を活かしたブレンドで、ずしっとした響く飲み応えと長い余韻が特長です。

 

【飲み方】

お湯割り

 

【感想】

ほんのり芋の香りを楽しめます。

甘味が優しく、飲みやすいです。

とにかくクセがないので日常酒になるのも納得の1本です。

 

 

★★★

 

今回の焼酎は宮崎限定ですが、インターネットなら宮崎県に住んでいなくても購入可能のようです。

私が購入したペットボトルは無いかもしれませんが、

ボトルで買うのも良し♪

 

紙パックで買うのも良し♪

 

www.kirishima.co.jp

 

 

★★★

 

そういえば☆

ボトルや紙パック、プラスチックボトルなど容器の違いで味の変化はあるのでしょうか。

焼酎は特に多様な容器で販売されているので、一瞬気になります・・・

が、

 

「美味しければこだわらない」

 

のが私のお酒に対するスタンスです(笑)ヽ(^o^)丿

なので、逆を言えば超~高額なお金を払ってお酒を飲むこともありません。

「ほどほど」という言葉が大好きです。

あと、「ぼちぼち」も☆

 

お酒は飲み物なので、継続して飲み続けられる銘柄に惹かれます。

特に焼酎は定番商品の中でお気に入りを求めて、日々楽しく晩酌をしています。

人生で一度だけ、というのも特別感があって良いですが、背伸びしすぎず穏やかにお酒ライフを送るのが目標です。

 

飲み物で人生で一度だけ・・・

ふと思い出すのは、インド旅行。

もぎたてのオレンジジュースやスイカジュースは美味しかったですね~。

水は飲めないけど、天然果汁100%のジュースはやっぱり格別でした☆

 

~これまでレビューした霧島酒造さんのお酒~

hinata0513.com

 

hinata0513.com

 

hinata0513.com

 

hinata0513.com

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 

フェンネルの香りと上質な味わい『カブラボック ジン』!

 

ブログ訪問、ありがとうございます!

今回の記事はnezuの担当です。

今日はスペイン産のクラフトジン『カブラボック ジン』をいただきます。

 

『カブラボック ジン』

 

【今回のお酒】

名前:『カブラボック ジン』

ジャンル:ジン

製造者:SPIRIT OF THE ISLAND社(スペインのマヨルカ島

輸入代理店:株式会社エムス

アルコール度数:40度

ボタニカル:ジュニパー、フェンネル、オレンジの皮、レモンの葉、レモンバーベナ

価格:5000円くらい

公式HP:

www.cabraboc.jp

 

◎どういうお酒?

 

スペインのリゾート地、マヨルカ島にて生産されているハーブやフルーツを使って生み出されたジン。
カブラボック=CABRABOCというのはカラタン語で雄の山羊を意味し、神聖で手つかずの自然を象徴する生物とのことで、伝統的かつ地中海のライフスタイルに基づいて作られている高品質なものであり、5000円というそこそこに良い値段を納得させるだけの力を持つ美味しいジンであります。

公式HPによるとワイン蒸留液を使用とあるので、ベーススピリッツの大元はブドウなのでしょうか。

 

【飲み方】

ストレート・ロック・トニック割

 

【感想】

まずはストレートです。

なんといっても強烈なのはフェンネルの華やか・甘さを感じさせる香り。
フェンネルのリキュールじゃないのかと思ってしまうほどの主張があります。

ハーブを使用しているとのことですが、薬草っぽさはそこまで感じずに上手くまとまっています。

味わいに関してはじっとり目の甘さが先にきますが、その後にようやく複雑なハーブの苦味や柑橘っぽさが感じられ、心地よい苦味と甘みが、雑味のないスピリッツの中で調和し、スッキリ飲みやすい印象です。
ただしフェンネルの香りが苦手な方はきついかもしれません。

 

次にロック。

メーカーさんはロックを推しています。

確かにロックにしても味わいがぼやけることなく、甘みが鋭敏に存在を主張します。

水っぽくならず、より際立った甘みが感じられます。

 

ついでトニック割ですが、メーカーさんは意外?にそこまで推していない雰囲気。
ウイスキーなどはともかく、ジンでそういうこだわりを見るのは珍しいかもしれません。

飲んでみるとトニックの苦味が添加され、ジンの甘みとトニックの苦味が並走して味の強い飲み物が出来上がりました。
美味しいことは美味しいのですが、カブラボックジンの存在感が良くも悪くも消えないので、カクテルとしてキチンと作る場合は工夫がいるような気がします。

 

 

総評として、かなり美味しいジンです。
ただしオーソドックスなロンドンジンスタイルではなく、フェンネルの華やかかつ甘い香りが支配的。
しかしそれを考慮しても、単純に一つのスピリッツとして見たときの一体感や雑味のなさ、アルコール感を感じさせない呑み口は非常に感動的で、仮に香りが苦手だとしても、スピリッツとしての美味しさは分かる、というほどの銘柄になっていると個人的には思います。

 

値段は5000円といかにもクラフトジンな価格帯ではありますが、それに見合った満足感はあると思います。
難点なのは購入ルートが限られている点。
私の場合は『ヴァンゴッホ ウォッカ』を取り扱っているヴァンゴッホウォッカ銀座店」の営業さんが宮崎のデパートの物産展に参加されており、そこでカブラボックジンを試飲させていただき、購入に至りました。
関東にお住みの方なら、どうにか購入できるかもしれません。

ちなみに「ヴァンゴッホ」のリキュールはどれも美味しかったです。
もし機会があれば、試飲されるのをおすすめいたします。

 

★★★

今回はスペイン産のジンの紹介となりましたが、本当にスペインのジンは美味しいものが多いです。
食べ物も美味しいと聞きますし、それだけお酒づくりが上手い国なのかもしれません。
どこの国も地域に根ざした生産物があると思うのですが、ただそこにあるものをどのように活かすか、どのように知ってもらうか。
お酒一つとっても様々な話題の切り口があり、それもまたお酒に楽しみを加える一つの要素だと私は思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 


ヴァンゴッホのお酒自体入荷が少なく、なかなかみつかりません・・・!

 

 

 

トロっとキリっと、日常に溶け込む『黒霧島 20度』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、hinataが担当します♫

焼酎の『黒霧島  20度』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:黒霧島  20度

ジャンル:焼酎

製造者:霧島酒造株式会社

アルコール度数:20度

原材料:さつまいも(九州産)、米こうじ(国産米)

価格:250円くらい(200ml)

 

◎どういうお酒?

黒霧島』は南九州のシラス台地が育んださつまいも『黄金千貫』(こがねせんがん)と、霧島連山の清冽な地下水『霧島裂罅水』(きりしまれっかすい)で造る黒麹仕込みの本格芋焼酎です。

大正5年に江夏吉助氏によって初蔵出しされた、黒麹仕込みの焼酎。

その味わいを現代の技術で再現しています。

黒麹の醸すトロっとした甘味とキリっとした後切れを楽しむことができます。

 

 

【飲み方】

お湯割り

 

【感想】

芋の香りを嗅ぐと、心もほぐれてきます。

キリリとした味わいで、やや辛口の印象です。

でも、飲み進めていくと自然と身体に馴染むようになってきました。

 

 

★★★

 

今月、実はひっそりと(?)霧島酒造さんの焼酎レビューに絞って書いています(・∀・)

日頃、当たり前に目にしている銘柄を改めて味わうことで、日常の有難みも感じられる気がします。

・・・というのも、今回飲んだ『黒霧島  20度』、来月までの出荷をもって販売休止になってしまうのです。

(紙パックでの販売は九州・沖縄エリアでは継続されるそうです)

これは『サツマイモ基腐病』の拡大により、さつまいもの収穫量が減少したためです。

昨年から告知されていたことでしたが、いつも店頭に並んでいる商品を見かけなくなるのは悲しいなと思います。。。

www.kirishima.co.jp

 

 

★★★

 

我が宮崎県は、8年連続で本格焼酎の出荷率が全国1位なのだそうです。

全国で2割くらい?のシェアを誇るとのことで、それだけ宮崎の焼酎が飲まれているのは嬉しい限りです。

 

近年は物価上昇もあり、お酒の値段の高騰が目立ちます。

そんな中で焼酎は、庶民の味方であり続けてくれた存在だと思います。

その焼酎も入手しづらくなる日常は想像したくないです( ;∀;)

特別なことは無くても、飲みたいお酒が飲めるというだけで十分「幸せ」なのでしょうね。

こういう気持ちを忘れずにしたいと、つくづく感じます。

 

~これまでにレビューした霧島酒造さんのお酒~

hinata0513.com

 

hinata0513.com

 

hinata0513.com

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 

nezuのお気に入りお酒(ジン・テキーラ編)!

 

ブログ訪問、ありがとうございます!

 

今日の記事は ねず が担当なのですが、私にとって初の記事なのでもう少し自分の好きなお酒を紹介させていただこうと思います。
レビュワーである私にも好みがあるので、その好みを知っていただき、読者の皆様の今後の一つの参考になれば幸いです。

(hinataと違い、ある程度お酒の銘柄を知っている方向けの記事になると思います)

 

自己紹介の時にも書きましたが、私は洋酒全般、蒸留酒を好んで飲みます。
ワインやビール、焼酎などを絶対に飲まないというわけではないですが頻度は低いです。

蒸留酒は保存がきくので、ボトルを並べて眺められるのがいいですね。

様々なデザイン、ラベルのボトル達が並んでいるのを見るとワクワクします。
(なのでBarではバックバーが見やすい位置で飲みます)

 

蒸留酒の中でも飲む頻度が高いのはジンとウイスキーです。

ジンは私がお酒にハマって最初に買ったのがボンベイサファイア
ウイスキーは何故か居酒屋に置いてあったラフロイグ10年。

どちらも今現在ブーム真っ只中にある酒類だと思います。

 

私がお酒を飲み始めた時期はジャパニーズウイスキー『響』の17年や21年がまだ普通に買える時期でした。(宮崎だからかも)
ジンはクラフトジンブームが来る前だったので買える銘柄がとても少ない時期でした。

今ではどちらもたくさんの銘柄を見かける反面、ウイスキーは価格が高騰傾向にあり、ジンは次々と新作が生まれていき、新商品を追いにくい環境になってきたと感じています。

 

そういったことを考えて、今年はラムやテキーラといったお酒にももうちょっと焦点を当ててみようかなあと思っています。(テキーラも高くなりましたが・・・)

 

それでは今回はジンとテキーラにて、私の特に気に入っているものをご紹介させていただこうと思います。

 

★★★

 

前置きが長くなりましたが、まずはジンで私が好きな銘柄を。

 

左 セイクレットジン(初期のボトル) 右 カブラボックジン

『セイクレッドジン』はクラフトジンブームが日本で本格的な動きを見せる前(季の美前)、「クラフト」を地で行くような環境(ロンドン郊外のイアン・ハート氏の自宅)で製造され、紹介されてきました。
2010年~くらいは宮崎で買えるちょっといいジンはプレミアムジン(クラフトが流行る前のスタンダードより若干高価なジンのクラス)とヘンドリックスくらいでした。
そうしたこともあって、ネットでジンの存在を知ってはいたものの、購入手段がないため長い間飲めず、その分強く印象に残っているジンです。

 

『カブラボックジン』は比較的最近取り扱いが始まったジンで、個人的に美味しさに定評があるスペイン産のジンです。
レビューは後日行いますが、スッキリしつつもフェンネルの香りが特徴的な美味しいジン。

 

他にも好きな銘柄はもちろんありますが、手元にあるなかではこの2つを特に気に入っています。

 

 

 

★★★

 

次にテキーラで私が好きな銘柄を。

 

左 エルテソロ アネホ  右 カスカウィン ブランコ

『エルテソロ アネホ』は近所の酒屋さんにずっと眠っていたものを購入したので、今現在とはデザインや価格などが変わっていると思います。
それなりにいい値段のするテキーラだけあり、香りや飲みごたえ、まろやかさなど感動的な美味しさです。

『カスカウィン ブランコ』は伝統を感じさせる商売っ気を感じさせないシンプルなデザインのボトルやラベルですが味わいはやはり本物。
私がテキーラのブランコに持つイメージをガラっと変えてしまった銘柄です。
これを飲むまでは私は基本的にテキーラではレポサド(短期熟成)を好んで飲んでいたのですが、以降ではブランコも飲むようになります。

 

楽天で検索するとエクストラアネホしか見つからず。

買った時よりちょっと高くなってます・・・!

 

と、文字数が増えてきたので今回はジンとテキーラの紹介でした。
こうして好きなお酒についてワイワイ話せるのはブログとBarだけなので、読者の皆様も好みの銘柄を教えていただけると嬉しいですね。

 

お酒は嗜好品であり、金額もピンキリなので他人と比べたりマウントを取り合うようなことも場所によっては起こっていると思いますが、結局は自分が美味しいと思うものを愛飲し、一方で他人が美味しいと思うものをその理由や背景など考えながら、それぞれを認め合うのが大人の趣味なんじゃないかなあ、と感じます。
情報や感想を発信しつつ、他の方々がどういう形でお酒に接し向き合っているのか。
それを知るのもお酒を飲むのと同じくらい面白いです。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

ほわっと香る、バランスの良い『白霧島 20度』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、hinataが担当です♫

焼酎の『白霧島  20度』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:白霧島  20度

ジャンル:焼酎

製造者:霧島酒造株式会社

アルコール度数:20度

原材料:さつまいも、米こうじ(国産米)、芋こうじ

価格:900円くらい(900ml)

 

◎どういうお酒?

白麹仕込みの本格芋焼酎

『平成宮崎酵母』を使用することで、酵母由来の甘い香りが加わっています。

コクと甘味を高めつつ、滑らかな口当たりが実現されています。

お湯割りがオススメとのこと。

 

 

【飲み方】

お湯割り

 

【感想】

芋の香りがふんわりと漂います。

とにかく飲みやすく、甘味も優しめの味わい。

長きにわたって焼酎の第一線を走り続けるのも、何だか納得できる気がします。

 

 

★★★

 

霧島酒造さんのお酒は、これまで2本レビューしてきました。

『スズキリシマ』と、

hinata0513.com

 

『吉助<黒>』。

hinata0513.com

 

『スズキリシマ』は、焼酎をあまり飲まない方にもオススメしたい、軽やかな飲み口・味わいです(*^^*)

 

 

今回飲んだ『白霧島』は、もともと『霧島』という銘柄でした。

黒霧島』の発売に合わせてブレンドが変更され、2015年に新たな酵母を使用してリニューアルされたのです。

 

私の親は焼酎をあまり飲まなかったのですが、祖父母の家にはやっぱり『霧島』がありました。

祖父の晩酌のお供でしたね~。

私はお湯割りが好きですが、祖父もお湯割りばかり飲んでいたのを思い出しました。

「気付いたら、そこにある」のが、『霧島』。

宮崎のお家では当たり前の風景なのかもしれません。

 

今では『霧島』と言っても酒類が豊富なので、好みが分かれそうですね(・∀・)

黒や

 

茜霧島などなど。

 

www.kirishima.co.jp

 

 

★★★

 

私にとってお酒が面白いのは、年齢と共に「好み」が変化するところです。

食べ物と同じく、です。

かつては全く魅力を感じなかったのに、今では積極的に食べる物があります。

それは・・・『ガリ』です。

昔はお寿司だけ食べて、『ガリ』はしっかり端に寄せていました(笑)。

今では好きになって、たくさん食べています( *´艸`)

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング