ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

爽やかで華やか、心を射止める『タンカレー ナンバーテン』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ジンの『タンカレー ナンバーテン』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210224211040j:plain

 

【今回のお酒】

名前:Tanqueray No.TEN(タンカレー ナンバーテン)

ジャンル:ジン

輸入者:野村ユニソン株式会社

アルコール度数:47%

価格:3000~4000円前後(700ml)

 

◎どういうお酒?

 サンフランシスコ世界スピリッツ大会で3年連続、ベストスピリッツに選ばれたスーパープレミアムジン。

厳選されたボタニカル(香味植物)と、グレープフルーツやオレンジ、ライムといったフルーツが醸し出す深い香りとエレガントで繊細な味わいを楽しめます。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

柑橘系の爽やかなフルーツの香りが、気分を上げてくれます。

ボタニカルの香りも重なり、華やかさがあります。 

味わいは雑味が無く、かすかに甘みを感じます。

ストレートでも抵抗なく、美味しくいただけるので初心者にも優しいと思います。

とても飲みやすい印象です。 

 

 

★★★

 

タンカレー1830年、チャールズ・タンカレーがロンドンのブルームズベリーでドライ・ジンの蒸留を始めたのがその起源です。

「今までにない高品質のジンを造る」という強い信念のもと、その夢を若干20歳で実現しました。

彼の死後、蒸留所は彼の信念と共に息子に引き継がれ、今日に至るまで変わらぬ製法で芸術的ともいえる味を守り続けています。

世界で6人だけが知っているといわれる製法やレシピは、門外不出。

こだわり抜いたその味は、これまで数多くの賞に輝いています。

 

『ナンバーテン』という銘柄名は、同社に現存する蒸留器の中では最も古い10番目に製造された小型単式蒸留器『タイニーテン(Tiny Ten)』により製造されていることに由来します。

 

タンカレーにはナンバーテンのほかに、ロンドンドライジン があります。

 

 

★★★

 

ジンは飲み始めたばかりで、味の違いが分からないこともしばしば(汗)。。。

しかし、今回のナンバーテンは飲みやすい印象だったので、これから色んな銘柄を知っていくのが楽しみになりました。
そして、このお酒は知名度が高く比較的購入しやすいこともあり、Barなどでもよく見かけるジンです。
味わいの良さはもちろんのこと、クリアグリーンの目立つ色合いと形のボトルは、ジンが持つボトルデザインの良さを表しているなぁ~と個人的に思います。

 

最近はクラフトジンがたくさん発売されていて、スピリッツの中で特に賑わっているジャンルではないでしょうか。

自分のお財布と相談しながら(笑)、気になる銘柄を探していこうと思います。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

美味しい食事と、お酒と。

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は久しぶりに、日常で食べて美味しかったお料理を紹介させてください。

 

 

少し前になりますが、友達とオシャレなお蕎麦屋さんに出かけました。

綾町(宮崎県)の『トナニカ』さんです。

数量限定のトナニカセット(1650円)をオーダーしました。 

 

~前菜~

f:id:hinata0513:20210226170447j:plain

こういう美味しい物をちょっとづつ、というのが好きですねぇ~。 

 

 

~サラダ~

f:id:hinata0513:20210226170508j:plain

綾でとれた自然のものを、フレッシュにいただきます。 

 

 

~小鉢(チキン南蛮)、おむすび、天ぷら(メヒカリとトマト)~

f:id:hinata0513:20210226170524j:plain

メヒカリは個人的に大好きな食材で、居酒屋などでメヒカリのから揚げがあったら頼んじゃいます。
チキン南蛮は宮崎定番の代表料理ですね。

お店によって味付けやタルタルソースの違いがあるので、どこで食べても全く一緒ということは少ないです。
トマトの天ぷらには衝撃を受けましたが、アツアツで美味しかったです。

 

 

~せいろ蕎麦~

f:id:hinata0513:20210226170540j:plain

 

どれも美味しく、彩がキレイで見た目にも楽しいお料理でした。

せいろ蕎麦は手打ちで食べやすく、あっという間に食べてしまいました。

偶然にも私の大好きなジャック・ジョンソンの曲が流れていて、すごく嬉しかったです。

 

 

その後、カフェに移動して、まったりタイム。

こちらも綾町にある、『立町カフェ』さんです。

大人が寛げる静かなカフェということで、以前からずっと気になっていました。

宮崎にも、こういうお店がもっと増えると良いなぁ~・・・と、しみじみ思っています。

 

ランチ後なので、ドリンクとスイーツのセット(900円くらい?)をオーダー。

かぼちゃプリンとお茶(名前を忘れてしまいました)をいただきました。

f:id:hinata0513:20210226170603j:plain

 

私はかぼちゃのスイーツが大好きなのですが、このプリンは絶品でした。

なめらかな口どけで、1ホールくらい食べれそうなほど美味しかったです(笑)。

 

美味しい物を食べながらのガールズトーク、いくつになっても楽しいものです。

 

ランチなのでお酒は飲みませんでしたが、もし飲むとするなら自然素材で作られたリキュールのソーダ割りとかいいかもしれません。

 

 

そして、twitterにも載せた、手巻き寿司の写真。

f:id:hinata0513:20210226170643j:plain

 

魚の切り身と酢飯、玉子焼きやレタスを海苔で巻いてパクリ。
手巻き寿司だと魚そのものに味付けはしないので、さっぱりと日本酒でいただけます。

お寿司と日本酒の相性は抜群ですね。
『醉心』をいただきましたが、機会があればまたレビューしたいと思います。

 

 

今回は食事メインの記事でお酒レビューはありませんが、食べ物もお酒も口にする楽しみという点では一緒で、それぞれが結びついているものでもあります。
お酒を紹介しつつ、こういう時はこういうお酒が飲みたいなぁ~という紹介や、地域の食事の宣伝?などもやっていきたいと思います。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

なめらかさの中に強い「個性」あり、『クエルボ 1800 レポサド』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、テキーラの『クエルボ 1800 レポサド』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210223144455j:plain

 

【今回のお酒】

名前:Cuervo 1800 REPOSADO(クエルボ 1800 レポサド)

ジャンル:テキーラ

輸入者:アサヒビール株式会社

アルコール分:40%

原産国:メキシコ

価格:2400~4000円前後(750ml)

 

◎どういうお酒?

オーク樽で6ヶ月以上熟成。

フルーティでメロウな香り、味わいはまろやかで芳醇。

プレミアム・マルガリータにも最適です。

原料には、ブルーアガベを100%使用しています。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

ほんのり樽の香りを感じつつ、柑橘系やバニラの香りも漂ってきます。

 爽やかな甘みを味わったかと思いきや、アルコールの刺激が身体を熱くします。

なめらかさは感じますが、レポサドらしさと思われる「個性」が伝わってきます。

熟成されているものの、自己主張は強めだと思いました。

 

 

★★★

 

今回のお酒を製造しているのは、ホセ・クエルボ社。

1795年にスペイン王カルロス4世がテキーラ販売の認可を得て、ラ・ロヘーニャ醸造所でテキーラの製造と販売を開始しました。

テキーラに使用されるアガベは、熟すまでに最低で8年、時には12年もの歳月を要する場合があります。

しかし、ホセ・クエルボ社はこの長い時間を手間を惜しむことなく、アガベが十分に熟すのを待ち、最良の糖分を含む樹液を採取して最上のテキーラを製造しています。

 

お酒の名前についている「1800」は、スペイン語で「ミル・オチョシエントス」と言うそうです。

これは、1800年頃にテキーラが初めてオーク樽で熟成された歴史に由来しており、日本では「ミルオチョ」の愛称で親しまれています。

 

「ミルオチョ」はレポサドの他に、シルバーとアネホがあります。

 

 

★★★

 

『クエルボ 1800 レポサド』は、酒屋さんで時折見かけており、馴染みがありました。

ただ、名前をどう読んだら良いか分からない銘柄の1つでした。

「ミル・オチョシエントス」・・・一晩寝たら忘れてしまうかも(笑)。

私個人の好みとしては、お酒は角(かど)が取れている味わいが好みなので、アネホも気になりました。

テキーラとしては『サウザ』に並んでメジャーな銘柄で、Barなどにも割と高い確率で置いてあるテキーラです。
ちょっといいテキーラがどういう味か試してみたい・・・という方は、いきなりボトルを買うより、Barで一杯試してみるといいかもしれませんね。

背筋をピンと伸ばして飲むお酒も良いけど、自分にとって飲みやすく、リラックスできる気軽さを持つ銘柄をたくさん追求していきたいです。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

 

やわらかく甘い香りと酸味に出会えた、『タウン ブランチ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『タウン ブランチ』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210222134626j:plain

 

【今回のお酒】

名前:TOWN BRANCH(タウン ブランチ)

ジャンル:ウイスキー(バーボン)

製造者:オルテック レキシントン ブリューイング&ディスティリング

輸入者:アクサス株式会社

アルコール分:40%

原産国:アメリカ合衆国

価格:6000~7800円(750ml)

 

◎どういうお酒?

このお酒の造り手は、ケンタッキー州レキシントンの『オルテック レキシントン ブリューイング&ディスティリング』。

マッシュビルは、コーン72%、ライ麦13%、大麦麦芽15%。

焦がしたオーク樽で熟成されています。

ボトルには蒸留所の創立者でありマスター・ディスティラーをしているピアース・リヨンズ博士のサインが手書きされているとのこと。

 

※マッシュビル:バーボンを造る際の原料に使う穀物の使用比率のこと。

        蒸留所ごとにオリジナルがあります。

 

 

【飲み方】

ストレート

ハイボール(タウン ブランチと炭酸水を1:3の割合)

 

【感想】

 琥珀色がキレイで、見ているだけで何だか癒されます。

香りは甘く、やわらかい印象を受けました。

しかし、飲んでみるとアルコールの刺激を強めに感じます。

少し酸味?のような味わいがあり、ウッディさも加わってきました。

ハイボールも作ってみましたが、ストレートのほうが飲みやすい気がします。

 

 

 ★★★

 

オルテック レキシントン ブリューイング&ディスティリングは、単式蒸留器でバーボンとモルトの2つを同時に造る、2008年創業の革新的蒸留所。

『タウン ブランチ』という名前は、蒸留所があるケンタッキー州レキシントンを流れるタウンブランチ川が由来とのこと。

そして、レキシントンのホース(馬)・パークでひらかれたナショナル・ホース・ショーのオフィシャル・ドリンクです。

 

ちなみに、この蒸留所はもともと、クラフトビールで名声を挙げています。

バーボン樽で6週間寝かせた『ケンタッキーバーボンバレルエール』は全米中のビールコンテストを総なめにしています。

 

 

★★★

 

 『タウン ブランチ』は、ボトルの形が特徴的ですね。

スッキリとした四角いボトルは、潔くて好きです。

馬の絵が描かれている理由も知ることができました。

 

バーボンは「ウイスキー」ではあるものの、独自の味わいを顕著に感じられる気がします。

今回、初めて酸味?を感じたので、ちょっと驚きました。

(あくまでも、私個人の感想です)

お酒を飲むたびに、五感を研ぎ澄ます機会があるのは良いことですね。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♫

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

「煙たさ」と「荒々しさ」を味わえる野獣、『ピーツ ビースト』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『ピーツ ビースト』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210219152442j:plain

 

【今回のお酒】

名前:PEAT'S  BEAST(ピーツ  ビースト)

ジャンル:ウイスキーシングルモルト

輸入者:有限会社 ウイック

アルコール分:46%

原材料:モルト

原産国:スコットランド

価格:3700~4500円前後(700ml)

 

◎どういうお酒?

芳醇でピーティーな、蒸留所不明のシングルモルト

フェノール値が35ppmmの麦芽を原料に、フルボディのフレーバーを活かすために、アンチルフィルターでボトリング。

ラベルのビーストは、世界的に有名なアーティストであり、イラストレーターの『ダグ・アルベス』氏によりデザインされました。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

ピート香が良い香り。

少しフルーティーな香りも感じます。

味わいとしては甘みが少なく、苦味のほうが勝っている気がします。

そして、強めにピート香の余韻が残ります。

ちょっと荒々しく、ずっと口の中を動き回っているような・・・

「こういう味です!」と言葉にするのが難しく、躍動感を感じる味わいだと思いました。

 

 

★★★

 

今回のピーツビーストは、何と言ってもラベルがインパクト大!

樽で構成された身体を持つビースト。

見るだけでも怖い感じです。。。(汗)。

 

そして面白いのが、左側のラベルが少し焦げているということ☆

これは、ビーストが火を吹いて焦がした?というデザインだそうです。

私は一瞬、不良品かとビックリしました(笑)。

火を吹くビースト、ますます謎が深まります。

 

私は今回、お酒の味わいが、まさにラベルそのものだと思いました。

火を吹いて樽を焦がし、ピーティーさを造り出していく。

身体の一部でもある、樽の中で熟成されたウイスキー

「動」を表現しているかのように、強烈な個性を感じたからです。

 

自己主張が強いけど、本当は飲む人に喜んでもらいたい・・・・

と思っているかもしれません。

そうやって憶測すると、ビーストも可愛く見えてきました。

 

ピーツ  ビーストには、他にカスクストレングスや25年(こちらもカスクストレングス)などがあります。

今回のお酒は使用されている原酒が不明ですが、名前の由来にもなっている、アイラモルトのようなピーティーさは感じられます。

・・・とは言っても、アイラのウイスキーだとは私では断定できません(汗)。

色々な銘柄を飲んでいらっしゃる方には、味わいの要素から推測することができるのかもしれませんね。
そういう楽しみ方もウイスキーにはあるんだなぁ~と、気付かせてくれるボトルでした。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

個性が調和し、程良い甘みが引き立つ『ティモラス ビースティ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『ティモラス  ビースティ』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210218134617j:plain

 

【今回のお酒】

名前:TIMOROUS  BEASTIE(ティモラス  ビースティ)

ジャンル:ウイスキー(ブレンデッドモルト

製造者:ダグラスレイン社

輸入者:株式会社ジャパンインポートシステム

アルコール分:46.8%

原材料:モルト

原産国:スコットランド(ハイランド)

価格:4500~7000円前後(700ml)

 

◎どういうお酒?

『ティモラス  ビースティ(かよわきケモノ)』と名付けられた、ハイランドモルトのブレンデッド。

ウイスキーファンにはおなじみの作家ロバート・バーンズの作品『二十日鼠へ』に登場する、小さくて臆病な野鼠からネーミングされました。

ブレア・アソール、ダルモアグレンゴイン、グレンギリーなどの蒸留所を中心とした、中身はしっかりと自己主張をした素晴らしいブレンデッドモルトに仕上がっています。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

 フローラルな香りで、華やかな雰囲気。

程良い甘みで、ブレンデッドであっても複雑さを感じさせない、バランスの取れた味わいだと思いました。

1つ1つの個性が調和し、新たな個性を生み出している気がします。

少しだけ苦味というより渋味?もありますが、このお酒でしか味わえない、貴重な風味だと感じます。

 

 

★★★

 

ダグラスレイン社は、1948年にグラスゴーで設立されました。

その前身は、アメリカを主な取引先とする海運業者でした。

当時はブレンデッドウイスキーの需要が爆発的に高まっており、スコッチウイスキーの輸出業に進出。

その時のストックを原点として、ダグラスレイン社の歴史が始まっています。

 

彼らは、ブレンデッドウイスキーの生産者(ブレンダー)としての一面を持っています。

シングルモルトとして基準に満たない樽は、全てブレンデッドウイスキーへ回し、品質に妥協しないリリースを続けてきました。

同社は2013年に分社をして、弟のフレッド・レイン氏がダグラスレインという会社名を引き継ぎ、現在では娘のキャラ・レイン氏と共に会社を盛り立てています。

 

今回のティモラス  ビースティやビッグピートをはじめとする、エリア別ブレンデッドモルト「リマーカブルリージョナルモルトシリーズ」など、意欲的なリリースを行っています。

 

 

★★★

 

ダグラスレイン社のお酒は、今回が初めてでした。

ビッグピートもまだ飲んだことがなく、強烈なピート香を感じられるということだけ知っている状況です。

初心者感覚ではありますが、ブレンデッドモルトは、これまでのウイスキーとはちょっと違う雰囲気?を感じました。

 

いくつもの蒸留所のお酒が混ざり合い、それでいて「まとまり」がしっかりある。

「一粒で二度美味しい」みたいな、1本で複数の蒸留所の味を体感することができる、奇跡のお酒ではないでしょうか。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪ 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

 

まろやかで甘く、こだわりに溢れた『ドン・フリオ アネホ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、テキーラの『ドン・フリオ  アネホ』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210216133400j:plain

 

 

【今回のお酒】

名前:Don Julio  Anejo(ドン・フリオ  アネホ)

ジャンル:テキーラ

輸入者:キリンビール

アルコール分:38%

原産国:メキシコ

価格:7300~10000円前後(750ml)

 

◎どういうお酒?

バーボン樽として使われていた小さな樽で最低1年半~2年熟成させています。

ライム、グレープフルーツ、マンダリンの芳香。

すっきりした辛さの中にかすかな天然蜂蜜の甘さを楽しめる、まろやかでコクがあるテキーラです。

 

 

【飲み方】

ストレート

ソーダ割り (ドン・フリオと炭酸水を1:3の割合)

 

【感想】

爽やかな柑橘系の香りが漂います。

アルコールの刺激はあるものの、苦みはほとんど感じず、甘みが引き立っています。 

あっさりした味わいの中に、コクがあって飲みやすいです。

 

ストレートだけでなく、炭酸水で割って飲んでみました。

しかし、本来の甘みやまろやかさが薄まってしまう気がして、やっぱりストレートが良いかな・・・と思いました。

 

 

★★★

 

ドン・フリオは、テキーラ界において「伝説の男」「本物のテキレロ(テキーラ職人)」と呼ばれるドン・フリオ・ゴンザレス・エストラーダ氏が生んだブランドです。

彼は、1942年に17歳という若さでテキーラ造りを始めました。

現在では60年以上の歴史を持ち、メキシコにおけるスーパープレミアムテキーラのナンバー1ブランドとして確固たる地位を築いています。

 

原料のブルーアガベ(竜舌蘭)は、ハリスコ州ロス・アルトス地区の農園で育ったものを100%使用しています。

このアルトス地区は、甘みと風味を最大限に発揮させる気候と土壌を持つ地域として知られています。

ドン・フリオは、この良質のアガベの栽培から樽での熟成に至るまで全て手作業で行い、丁寧にテキーラを造っています。

また、生産は数量限定で行い、高い品質を保証しています。

 

ドン・フリオはアネホのほかに、ブランコ、レポサド、1942などがあります。

 

 

★★★

 

ドン・フリオは全行程を手作業で行うことにより、苦味のもとになるコゴージョ(ピニャの芯)をきれいに取り除いているそうです。

そのため、苦味はほとんど感じられなかったのだと感激しました。

今回はアネホで熟成されていたからかもしれませんが、ブランコやレポサドも飲みやすそうな印象を受けました。

 

原料はアガベが大半を占めるのに、風土や樽・熟成期間の違いによって個性が生まれるテキーラ

そして、飲んでみると意外に飲みやすく、良い意味で衝撃を与えてくれます。

これまで飲んでこなかったからこそ、私にとっては毎回、驚きと感動を味わえるお酒です。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング