ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

フルーティーで甘く愛される味わい、『アイル・オブ・ジュラ オリジン 10年』★

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『アイル・オブ・ジュラ  オリジン  10年  スペシャルエディション』をいただきます。

f:id:hinata0513:20211121140629j:plain

 

【今回のお酒】

名前:アイル・オブ・ジュラ  オリジン  10年  スペシャルエディション

ジャンル:ウイスキーシングルモルト

輸入者:有限会社 ウイック

アルコール分:40%

原産国:イギリス

価格:3000円くらい(700ml)

   

◎どういうお酒?

タトゥーのボトルデザインが施された、スペシャルエディション。

ファーストフィルのバーボン樽を使用することにより、フレッシュなフルーツとバニラの甘い香りを作り出しています。

スムースで飲みやすく、誰からも愛されるシングルモルト定番の味わい。

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

琥珀色でフルーティーな香り。

軽やかで飲みやすく、リンゴやブドウをイメージさせるような甘味。

終始、爽やかで果実味溢れる味わいでした。

ストレートでもやわらかく、美味しくいただけます。

ウイスキーを飲み慣れてない方や、甘めの味わいが好みの方にオススメしたいです。

 

 

★★★

 

バイキング(※)の言葉で『鹿の島』を意味するジュラは、南北38km、東西13kmのスコットランド西岸に浮かぶ島です。

隣りにはアイラ島があります。

人口200人に対し、野生の赤鹿が5000頭も棲み、島には道路が1本しかありません。

その道を進んでいくと、ぽつりと現れるのがジュラ蒸留所です。

ジュラ蒸留所は1810年に建設されましたが、島でのウイスキーづくりの記録は1502年まで遡ることができます。

これは良質な水と豊富なピート、そして熟成に適した清澄(せいちょう)な空気に恵まれていたためです。

1905年に現オーナーのホワイト&マッカイグループが買収して以来、大きな変革が進められてきました。

ノンピートとヘビーピートの2種類の麦芽を使用し、2タイプのシングルモルトを造っています。

 

ラインナップとして、定番である10年をはじめ、12年、18年、21年や期間限定商品などがあります。

 

※バイキング

8~11世紀にかけてスカンジナビア半島デンマークを根拠地として、海上からヨーロッパ各地を侵攻した北方ゲルマン族の通称。

 

 

★★★

 

今回の銘柄は限定商品らしく、現在は購入できない状況のようです。

そして、スペシャルエディションではない『オリジン』もあったのですが、終売になってしまったみたいです。

私は『アイル・オブ・ジュラ』をよく知らずに飲み、とても美味しくて感激しました。

久しぶりに、自分に合うウイスキーを発見☆

最近は焼酎を飲むことが多かったので、より新鮮に感じました。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング