ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

甘くてほろ苦い、オリエンタルな『アマハガン エディションNo.3 ミズナラウッドフィニッシュ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『アマハガン エディションNo.3  ミズナラウッドフィニッシュ』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210427152152j:plain

 

【今回のお酒】

名前:AMAHAGAN Edition No.3  Mizunara Wood Finish(アマハガン エディションNo.3  ミズナラウッドフィニッシュ)

ジャンル:ウイスキー(ブレンデッドモルト

製造者:長濱蒸溜所

アルコール分:47%

原材料:モルト

価格:7590円(700ml)

※税込価格 

 

◎どういうお酒?

 将来のシングルモルトのリリースに向け、ウイスキー造りにとって最も重要な工程のひ

とつである「ブレンド」に焦点を当て生み出された、ワールドモルトシリーズ『AMAHAGAN』。

第3弾となる今回は、海外のモルトウイスキーに長濱蒸溜所のモルトを絶妙にブレンドした『Edition No.1』をベースに、日本原産で通称「ジャパニーズオーク」とも呼ばれるミズナラのオリエンタルな個性を活かして後熟を施しました。

 

【飲み方】

ストレート 

ハイボール(※追記)

 

【感想】

淡い琥珀色に、キャラメルのような甘い香り。

飲んでみると、アルコールの刺激はありますが、甘みを強く感じます。

ミズナラのウッディな感じもありつつ、ちょっとだけ苦いチョコレートのような味わい。 

ストレートで十分美味しいですが、アルコールを緩和させるために、私は割って飲むほうが向いているかなと思いました。

 

※5月2日 追記

ハイボールでいただいてみました。

最近、ウイスキーは水割りにすることが多かったのですが、このアマハガンはハイボールにすると爽快で甘く、飲みやすくなりました。

アルコールの刺激が少なくなることで、飲む人を選ばずに楽しめる味わいだと思います。

 

ウイスキーは、ハイボールや水割りを味わうからこそ、同じ銘柄をストレートで飲んだ時に感じる衝撃や感動が心に刻まれる気がします。

 

 

★★★

 

長濱蒸溜所は、2016年に長濱浪漫ビール施設内に稼働した、琵琶湖と伊吹山、長浜の風土が育む、国内最小規模となるクラフトディスティラリーです。

www.romanbeer.com

 

クラフトウイスキーが100年後にも日本のみならず、世界中のウイスキーファンに喜んでもらいたいという強い思いがあるそう。

 

お酒はボトルデザインに目が行きがちですが、こういう小さな部分を発見しては、ときめいています。

f:id:hinata0513:20210428134903j:plain

 

 蒸溜所に併設された老舗レストランでは、お料理と共にお酒も味わうことができます。 

 私はコーヒーが好きなのですが、ウイスキーを使った『長濱珈琲』というものがあるらしく、すごく気になります。

そして、機会があれば他のアマハガンやビールもいただいてみたいですね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング