ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

「煙たさ」と「荒々しさ」を味わえる野獣、『ピーツ ビースト』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『ピーツ ビースト』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210219152442j:plain

 

【今回のお酒】

名前:PEAT'S  BEAST(ピーツ  ビースト)

ジャンル:ウイスキーシングルモルト

輸入者:有限会社 ウイック

アルコール分:46%

原材料:モルト

原産国:スコットランド

価格:3700~4500円前後(700ml)

 

◎どういうお酒?

芳醇でピーティーな、蒸留所不明のシングルモルト

フェノール値が35ppmmの麦芽を原料に、フルボディのフレーバーを活かすために、アンチルフィルターでボトリング。

ラベルのビーストは、世界的に有名なアーティストであり、イラストレーターの『ダグ・アルベス』氏によりデザインされました。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

ピート香が良い香り。

少しフルーティーな香りも感じます。

味わいとしては甘みが少なく、苦味のほうが勝っている気がします。

そして、強めにピート香の余韻が残ります。

ちょっと荒々しく、ずっと口の中を動き回っているような・・・

「こういう味です!」と言葉にするのが難しく、躍動感を感じる味わいだと思いました。

 

 

★★★

 

今回のピーツビーストは、何と言ってもラベルがインパクト大!

樽で構成された身体を持つビースト。

見るだけでも怖い感じです。。。(汗)。

 

そして面白いのが、左側のラベルが少し焦げているということ☆

これは、ビーストが火を吹いて焦がした?というデザインだそうです。

私は一瞬、不良品かとビックリしました(笑)。

火を吹くビースト、ますます謎が深まります。

 

私は今回、お酒の味わいが、まさにラベルそのものだと思いました。

火を吹いて樽を焦がし、ピーティーさを造り出していく。

身体の一部でもある、樽の中で熟成されたウイスキー

「動」を表現しているかのように、強烈な個性を感じたからです。

 

自己主張が強いけど、本当は飲む人に喜んでもらいたい・・・・

と思っているかもしれません。

そうやって憶測すると、ビーストも可愛く見えてきました。

 

ピーツ  ビーストには、他にカスクストレングスや25年(こちらもカスクストレングス)などがあります。

今回のお酒は使用されている原酒が不明ですが、名前の由来にもなっている、アイラモルトのようなピーティーさは感じられます。

・・・とは言っても、アイラのウイスキーだとは私では断定できません(汗)。

色々な銘柄を飲んでいらっしゃる方には、味わいの要素から推測することができるのかもしれませんね。
そういう楽しみ方もウイスキーにはあるんだなぁ~と、気付かせてくれるボトルでした。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング