ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

辛さの中に甘さを秘めた、『東洋美人 純米吟醸 大辛口』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

 

今回は、日本酒『東洋美人  純米吟醸  大辛口』を頂きます。

 

f:id:hinata0513:20201127211432j:plain

 

 

【今回のお酒】

名前:東洋美人

ジャンル:日本酒

製造者:株式会社 澄川酒造場

アルコール度数:16%

原材料名:米(国産)・米麹(国産米)

日本酒度:+15

酸度/アミノ酸度:1.6/1.1

精米歩合:55%

価格:1595円(720ml)、3190円(1800ml)

※税込価格

 

◎どういうお酒?

独自の製法により、山田錦の味わいを引き出しつつ、大辛口に仕上げました。

白ぶどうを想わせる綺麗な含み香があり、口中に旨味が広がった後、キリっとした辛さがやってきます。

透明感のある爽快なお酒です。

 

 

【飲み方】

冷や

 

【感想】

「大辛口」と聞くと、全然甘くないのかな?と思いきや・・・

口に含むと、ほんのり優しい甘みが広がり、その後にキレの良さを感じました。

 

特に感動したのは、香りがとてもフルーティーなこと。

色んなフルーツを混ぜたような、芳醇な香りがたまりません。

 

大辛口でありながら、どこか優しい味。

普段は甘口が好みの方でも、これは好きになってしまうのではないでしょうか。

私も甘口が好きだと思っていたけど、すっかり虜になりました(笑)。

 

まだ数えるほどしか飲んでいませんが、酒造さんや日本酒度、酸度やアミノ酸度etc・・・によって異なる日本酒。

探求心が、ますます掻き立てられます。

 

 

★★★

 

『東洋美人』を造っているのは、山口県にある澄川酒造場さんです。

「お酒は稲をくぐり抜けた水でありたい」をモットーに突き進む、社長兼杜氏の澄川宜史氏。

十四代の高木顕統氏から受けた教えを継承し、奇をてらわない王道の酒造りと美味しさを追求しています。

 

2013年の大水害では廃業の危機に立たされたそうですが、それでも前向きに酒造りを再開しました。

 

澄川酒造場さんのお酒は様々な品評会で優秀な成績を収めており、ワールドカップの公認酒や国際線ビジネスクラスの搭載酒、日ロ首脳会談ではプーチン大統領が評価するなど国際的にも活躍しています。

 

 

それぞれの酒造さんが歩んできた歴史やドラマを知ると、より一層美味しくいただける気がします。

 

 


日本酒ランキング