ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

日本酒を飲む『温度』について知る☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、日本酒を飲む『温度』について学びます。

 

f:id:hinata0513:20201128134810j:plain

 

飲む時の温度が5度違えば、香りや味わいの感じ方が異なってくる日本酒。

同じお酒でも、微妙な温度帯によって、様々な表情を捉えられるのは日本酒の大きな魅力のひとつです。

冷やせば、クリアでドライな香りと味わいになり、温度が上がれば香りはふくらみ、まろやかな旨みが引き出されていきます。

 

冷や酒、燗酒とひと口に言っても、微妙な温度帯の違いによって呼び名が異なります。

しかし、「このお酒はこの温度帯で」という決まりがないのが日本酒。

季節や日本酒の特徴に合わせたりして、自分の美味しいと思う飲み方を見つけていきたいですね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

【温度別の呼び名】

●5度前後:『雪冷え』

甘みや旨みが薄まる一方で、低温のため雑味も出にくい。

個性が強い日本酒でもすっきりと飲めます。

 

●10度前後:『花冷え』

香りが華やかでフルーティー吟醸酒大吟醸酒などはその特徴が顕著に。

生酒などもおすすめ。

 

●15度前後:『涼冷え』

低い温度では感じなかった、まろやかさが出てきます。

甘み、酸味などのバランスも良く、吟醸系に向いています。

 

●20度前後:『常温』

香りはやわらかで、味わいはソフトに。

日本酒本来の味が最も楽しめますが、雑味も出やすくなります。

 

●30度前後:『日向(ひなた)燗』

熱いとも冷たいとも感じない温度帯。

香りが引き立ち、味わいはなめらかになっていきます。

 

●35度前後:『人肌燗』

米の香りがふくらみ始め、まろやかな旨みや甘みが感じられるように。

さらさらと日本酒を飲めます。

 

●40度前後:『ぬる燗』

燗酒として最もポピュラーな温度帯。

旨み、香りを引き出したい、生酛(きもと)系など酸の多い日本酒が合います。

 

●45度前後:『上燗』

香りがシャープになり、キレのある後味に。

辛口の純米酒などは、その特徴が発揮される温度です。

 

●50度前後:『熱燗』

香りはシャープに、引き締まった味わいになり、辛口の日本酒が一層際立ちます。

本醸造などがおすすめです。

 

●55度前後:『とびきり燗』

シャープでキレもありますが、アルコールが飛ぶためアルコール臭を感じることも。

骨酒、ひれ酒などに向いています。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

自宅で燗をつくる場合は、味を壊すことなく旨みを引き出せる、湯煎がおすすめです。

 

また、電子レンジを使ったお燗は、湯煎よりも手軽にできるのがメリットです。

しかし、湯煎に比べて温度上昇が急激で、温度にムラが生じやすくなります。

温める際はラップをして、500ワットで40秒ほどで人肌ぐらいになります。

 

 

★★★

 

日本酒は飲む温度が5度刻みで呼び名が異なり、とても繊細なお酒だと改めて感じました。

5度の違いは大きいのですね。

 

先日、『男山』で人肌燗を作った時は、電子レンジを利用しました。

我が家の電子レンジは一番低く設定しても600ワットだったので、料理用の温度計で温度を確認しながら少しずつ温めました。

時間をかけて湯煎をしてじっくり温めるも良し、手軽に電子レンジも利用するも良し。

 

その時の状況に合わせて好みの温度を探すことで、ますます楽しみ方が増えますね。

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


日本酒ランキング

 


その他のお酒ランキング