ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

『アイリッシュウイスキー』って、どんなお酒?

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、前回の記事で書いた『ジェムソン』をはじめとした、『アイリッシュウイスキー』について学びます。

 

f:id:hinata0513:20210107212639j:plain

 

アイリッシュウイスキーとは?】

アイルランドは南北約500km、東西約300kmの島で、南側の約6分の5がアイルランド共和国、残りはイギリス領の北アイルランド

アイリッシュは、この双方で造られるウイスキーを指します。

 

伝統的なアイリッシュは、モルト(大麦麦芽)と未発芽大麦、その他の穀物を原料に、ポットスチルで3回蒸留するシングル(ピュア)ポットスチルウイスキーです。

独特のオイリーなフレーバーと、なめらかで穏やかな味わいが特徴。

 

ウイスキー発祥地のひとつであり、かつては生産量世界一を誇っていたものの、1920年代以降は衰退の一途をたどったアイリッシュ

しかし近年、復活への動きがめざましく、その動きの原動力こそ、世界の愛飲家がその美味しさを再認識した伝統のシングルポットスチルなのです。

 

 

アイリッシュウイスキーの法定義について】

穀物類を原料とする

麦芽に含まれる酵素により糖化、酵母の働きにより発酵

●蒸留液から香りと味を引き出せるよう、アルコール度数94.8%以下で蒸留

●木製樽に詰める

アイルランド共和国、または北アイルランドの倉庫で3年以上熟成させる(移動した場合は両方の土地での累計年数が3年以上)

 

 

アイリッシュウイスキーの造りと種類】

モルトウイスキー

《原料》

モルトのみ

《蒸留》

単式蒸留器で3回(または2回)蒸留

 

スコッチと同じモルト100%のウイスキー

シングルモルトアイリッシュウイスキーとも呼ばれます。

 

 

*グレーンウイスキー

《原料》

モルト+トウモロコシ、大麦(未発芽)などの種類 

《蒸留》

 連続式蒸留機

 

スコッチと同様、トウモロコシや大麦(未発芽)などを主原料に連続式蒸留機で生産。

 

 

ブレンデッドウイスキー

シングルポットスチルウイスキーモルトウイスキーと、グレーンウイスキーブレンド

1970年代以降、スコッチに対抗するため、複数のモルトウイスキーとグレーンウイスキーブレンドするアイリッシュブレンデッドウイスキーが誕生しました。

 

 

*シングル(ピュア)ポットスチルウイスキー

《原料》

 モルト(大麦麦芽)+大麦(未発芽)、オート麦(カラス麦)、小麦、ライ麦

《蒸留》

 単式蒸留器で3回蒸留

 

本来の意味でのアイリッシュウイスキー

以前はピュアポットスチルウイスキーと呼ばれていました。

19~20世紀前半までは上記5種類の穀物を使用していましたが、現在はオート麦、小麦、ライ麦は使われていません。

 

《特徴》

 ・モルト以外の穀物は殻が硬く、ローラーミルでは粉砕できないため、石臼を用いた

モルト100%ではないため、糖化に比較的長い時間がかかる

つまり・・・

アイリッシュらしいとされる、独特のオイリーさ、油様のフレーバーを生みます。

 

・スコッチに比べて大きめの単式蒸留器を用いて3回蒸留を行い、アルコール度数80%以上の蒸留液を得る

つまり・・・

酒質は比較的軽く、熟成期間が短いです。

 

 

★★★

 

アイリッシュウイスキーも、アイルランド独自のこだわりが詰まっていますね。

ウイスキーの発祥はアイルランド説とスコットランド説があるらしいので、お互いに意識し合っているのかなと思いました。

 

また、ピートを使用しないので、穀物の芳醇な香りが楽しめるのが嬉しいです。

それぞれ好みがあるとは思いますが、スモーキーさが無い分、飲みやすくて女性にはオススメしやすい気がします。

 

そもそも、アイリッシュテイスティング表現で使われる「オイリーさ」がよく分かりませんでした。

調べてみると、「舌にまとわりつくような粘性」や「とろみ感」を表現する際に用いるそうです。

お酒のテイスティング表現は本当に独特で細かいものも多く、初心者の私には「???」と味を想像できないことがあります(汗)。

的確に味を伝えたいと思いますが・・・

私の場合、ほどほどになると思うので、大目に見て下さい(笑)。

 

食事と同じく、お酒も美味しく・楽しく・幸せに頂ければ良いのではないでしょうか。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♬

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング