ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

ストレートも飲みやすい『カナディアンクラブ クラシック12年』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『カナディアンクラブ  クラシック12年』を頂きます。

 

f:id:hinata0513:20201227204916j:plain

 

 

【今回のお酒】

名前:Canadian Club  Classic  12 year old(カナディアンクラブ  クラシック12年)

ジャンル:ウイスキー(カナディアン)

所有者(製造元):ハイラム・ウォーカー社

輸入者:サントリー

アルコール分:40%

原材料:モルト、グレーン

原産国:カナダ

価格:2000円前後(750ml)

 

◎どういうお酒?

どこまでもマイルドな口当たりと滑らかな味わい、そしてやわらかさの中に芯のあるコク。

オーク樽の中で12回以上ものカナダの厳しい冬を越え、生まれたフルボディータイプのウイスキー

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

ハチミツのような甘い香り。

そして、バニラやキャラメルのように感じる味わい。

口当たりが軽く、まろやかで尖っていない。

とても飲みやすかったです。

これまで、いくつものウイスキーを飲んできましたが、初めてストレートだけで味わいました。

量は、すごく少ないですが。。。

割り材を使わなくても飲みやすいお酒です。

 

 

★★★

 

カナディアンクラブは、「C.C」の愛称で親しまれています。

製造元のハイラム・ウォーカー社は、カナダ最南端オンタリオ州ウォーカーヴィルに本社と工場を持つ、カナダを代表する酒類企業です。

アメリカで穀物商をやっていた青年ハイラム・ウォーカーが、1856年に同地で土地を買い、ウイスキーの蒸留を始めたのがはじまりです。

同社のウイスキーは、アメリカの紳士が集うクラブで「クラブ・ウイスキー 」と呼ばれ、大変人気でした。

しかし、アメリカのバーボン業者の反発を受けることになり、1890年にアメリカ産とカナダ産のウイスキーを区別する法律が制定されました。

そのため、カナダ製であることを示す『カナディアンクラブ』へと名称が変更されました。

 

その後、1920年アメリカは禁酒法が施行されました。

すぐさま密造の粗悪品が横行するなか、カナダからカナディアンはもちろん、スコッチなどのウイスキーアメリカへ流入するようになります。

皮肉にも、禁酒法下で評価を高めたのが高品質な「C.C」でした。

1933年の禁酒法撤廃後、不足する酒市場に貢献したのも「C.C」を中心としたカナディアンウイスキーでした。

誕生から今日まで160年以上、現在では世界150ヵ国以上の人々に愛され続けています。

 

カナディアンクラブは、スタンダードなカナディアンクラブのほか、ブラックラベル・20年もあります。

 

 

★★★

 

法律の制定や禁酒法を経て、巡り巡って結局はカナディアンクラブに救われる・・・

国は違えど、やっぱり人は美味しい物(お酒)に引き寄せられるのですね。

美味しかったら、無視はできないだろうなぁ~。

バーボンと比べるとアルコール分が低く、ウイスキーの中でも飲みやすいほうだと感じるので、私みたいにウイスキー初心者の方も楽しめると思います。

 

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング