ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

甘み引き立つハイボールが美味しい、『ジムビーム ブラック 8年』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、バーボン『ジムビーム ブラック 8年』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210119135200j:plain

 

【今回のお酒】

名前:JIM BEAM  BLACK 8YEARS(ジムビーム ブラック 8年)

ジャンル:ウイスキー(バーボン)

製造者:ビームサントリー

アルコール分:43%

原産国:アメリカ合衆国

価格:750ml お店で2000円くらいだった気がします。。。

 

◎どういうお酒?

 ダブルエイジ製法で8年熟成されたバーボン。
というくらいしか情報が入りませんでした。
終売品なのか、日本未発売なのか、店舗やネットでもあまり見かけません。
値段から推測すると、普通のジムビームより熟成などの手間は掛かっていると思われます。

 

 

【飲み方】

ストレート

ハイボール(ジムビーム ブラック 8年と炭酸水を1:2の割合)

f:id:hinata0513:20210119135546j:plain

 

【感想】

樽の香りの中に時折、ハチミツの香りが顔を覗かせてきます。

 ストレートで少し飲んでみると、アルコールを強く感じつつも甘みもしっかりと味わえます。

ハイボールにすることで、強めだったアルコールが消え、甘みだけが残りました。

飲みやすくて、あっという間に飲んでしまいました。

 

 

 ★★★

 

ジムビームの創業者は、ヨハネス・ヤコブ・ボーム。

18世紀にドイツからアメリカへ移住し、英語読みにしてジェイコブ・ビームと名乗った。

1790年代に、石灰岩層でろ過された地下水、ライムストーンウォーターに魅了されてケンタッキー州へ移り、1795年頃には蒸留を始めていたと言われています。

 

ジムビームのブランド名は、4代目のジェームズ・B・ビームの愛称から。

禁酒法時代に大打撃を受けたバーボン業界とビーム家を、先見の明と経営手腕で復活させました。

「バーボン中興の祖」として社名やブランドに名が冠せられ、現在にいたるまで尊敬の念をもって語り継がれています。

 

ジムビームはラインナップが豊富で、スタンダードのジムビームをはじめ、ブラック、ライ、ハニー、ダブルオーク、デビルズカット、アップルがあります。

 

★★★

 

200年以上にわたり、バーボンを造り続けてきたビーム家。

今では日本でCMが流れ、居酒屋にはポスターが貼られていたり、自宅で気軽に楽しめる国民的なお酒です。

バーボン界を牽引してきた、ヒーローのような存在かなと思いました。

 

今回飲んだ銘柄はもう手に入らないかもしれないけど・・・

大切に少しずつ飲みつつ、他のラインナップに目を向けていきたいです。

二度と手に入らない銘柄のお酒は特に、飲み切ってしまうのが惜しくて、チビチビ飲んでしまいます(笑)。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♬

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング