ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

飲み始めたら止まらない、『若鶴 大吟醸原酒 仕込み25号』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、日本酒の『若鶴  大吟醸原酒  仕込み25号』を頂きます。

 

f:id:hinata0513:20201231151912j:plain

 

 

【今回のお酒】

名前:若鶴  大吟醸原酒  仕込み25号

ジャンル:日本酒

製造者:若鶴酒造株式会社

アルコール分:17度

原材料名:兵庫県三田産山田錦100%

日本酒度:不明

酸度/アミノ酸度:不明

精米歩合:35%

価格:3520円くらい(720ml)

 

◎どういうお酒?

2020年、金沢国税酒類鑑評会にて優等賞を受賞した大吟醸です。

3種類の酵母を使用し、それぞれの酵母が持つ力を最大限に発揮させました。

非常に過酷な10℃以下の低温で、長期間かけてじっくりと発酵し、特に今酒造年度では、コクと甘みが調和した大吟醸に仕上げました。

25号は本商品の仕込み番号です。

毎年仕込みの順番に号数が付けられ、洗米からお酒が搾りあがるまで、蔵ではこの号数で呼ばれ、成長を見守ります。

2000本限定で販売。

 

 

【飲み方】

 常温

 

【感想】

色は無色透明です。

爽やかな香りに包まれながら、まずは一口・・・

 

の、飲みやすい!!!

驚くほど口当たりが軽いです。

酸味や辛みはほとんどなく、コクのある甘みを感じます。

この甘みは、砂糖のような甘ったるさとは違い、お料理と一緒に飲んでも楽しめます。

数少ないながらも、私が今まで飲んだ銘柄でいちばん飲みやすかったです。

私にとっては、一度飲み始めたら止まらなくなる美味しさでした(笑)。

心からオススメしたい1本です。

 

 

★★★

 

若鶴酒造さんは、富山県砺波(となみ)市にあります。

夏は爽やかな風が稲穂を揺らし、冬は一面の銀世界に包まれる、自然豊かな土地です。

創業は、文久2年(1862年)。

『若鶴』の名前には、代々受け継がれてきた酒造りの精神と、ご愛飲いただく多くの方々の、豊かで幸福な暮らしに貢献したいという願いが込められています。

 

また、第二次世界大戦後間もなく、米不足という逆境の中にもかかわらず蒸留酒の研究を進め、昭和27年(1952年)にはウイスキーの製造免許を取得しています。

三郎丸蒸留所は、北陸でただひとつのウイスキー蒸留所です。

 

若鶴酒造さんでは日本酒とウイスキーのほか、焼酎やリキュール、古酒なども造っています。

 

 

★★★

 

今回のお酒は、家族の携帯電話のポイントで購入しました。

軽い気持ちで買ったお酒が、こんなにも衝撃を与えてくれるなんて・・・

良い買い物でした(笑)。

もし来年も発売されるなら、今度は喜んで現金で購入したいと思いました。

 

2本セットだったので、もう1本の銘柄も、飲んだらレビューします。

 

 

2020年も、今日で終わり。

10月下旬からブログを始めて、いろんな方が訪問してくださいました。

本当に、ありがとうございます。

来年も楽しく、ぼちぼち更新していこうと思います。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

皆さん、良いお年をお迎えください☆

 


日本酒ランキング

 


その他のお酒ランキング