ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

<和>と<洋>の融合に、心躍らせて♪『油津吟(YUZUGIN)』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ジンの『油津吟(YUZUGIN)』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210420145716j:plain

 

【今回のお酒】

名前:油津吟(YUZUGIN)

ジャンル:ジン(ジャパニーズ)

製造者:京屋酒造有限会社

アルコール度数:47%

価格:5500円(750ml)

 ※税込価格

 

◎どういうお酒?

本格芋焼酎を使用し、ボタニカルにはジュニパーベリーを中心に柚子、山椒、ヘベス、日向夏など、和の素材を使用。

明るい<洋>の香りと、奥ゆかしい<和>の香りが見事に融合した、新感覚の和製ジンです。

 

 

【飲み方】

 ストレート

ジントニック(※追記) 

 

【感想】

 ジン特有の、ジュニパーベリーや柑橘系のフルーティーな香り。

いざ飲んでみると、飲み終わりまでずっと、爽やかでスッキリした味わい。

本格芋焼酎を使用されているとのことですが、焼酎っぽさを感じなかったので驚きでした。

ジンはストレートよりも割って飲みたくなるのですが、油津吟はストレートのままでも抵抗なく飲むことができました。

女性や焼酎が苦手な方にもオススメしたい、国産クラフトジンです。 

 

※4月21日 追記

ジントニックでいただきました。

トニックウォーターとの融合で、また違った爽やかさを味わえます。

缶チューハイのように飲みやすく、おかわりしたくなる美味しさです。

アルコールも気にならなくなり、ますます好きになりました。

 

 

★★★

 

京屋酒造のジンをレビューするのは、2回目になります。

1回目は『HINATA』でした。


今回の油津吟が第1弾で、HINATAより前に発売されたものになります。

180年以上の焼酎造りのなかで培われた経験を生かし、地球環境にも配慮しつつ酒造りを行っているそう。


ちなみに・・・

油津吟の由来は、京屋酒造のテロワール「油津(あぶらつ)」を「YUZU」。

吟味して創ったという意味の「吟」を「GIN(ぎん)」で合わせたもの。

 

京屋酒造さんでは様々な焼酎が造られており、甕雫などご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

 

★★★

 

私はお酒を飲む量やペースが、とてもゆっくりです(笑)。

そのなかで、地元である宮崎の酒造さんのお酒を紹介できるのは、とても幸せなことです。

県外に10年ほど住んでいたので、お酒からも宮崎の魅力を再発見しているところです。

大人になって改めて、地元を「知ろう」と本気で思い始めた今日この頃です。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング