ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

スコッチとアメリカン、お互いの良さが引き立つ『ジョニーウォーカー トリプルグレーン アメリカンオーク 10年』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『ジョニーウォーカー  トリプルグレーン  アメリカンオーク 10年』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210901135913j:plain

 

 

【今回のお酒】

名前:(ジョニーウォーカー  トリプルグレーン  アメリカンオーク 10年)

ジャンル:ウイスキー(ブレンデッド)

輸入者:麒麟麦酒株式会社

アルコール分:41%

原材料:モルト、グレーン

原産国:スコットランド

価格:2000円くらいだったような(700ml)

   

◎どういうお酒?

作り手(ブレンダー)に焦点を当てた、クラフトシリーズ。

アメリカンウイスキーを熟成させたアメリカンオークの樽を使用。

さらにトウモロコシをグレーンウイスキー にしたことで、スコッチの良さを生かしつつ、アメリカンの風味も取り入れたウイスキーへと仕上げ、これまでのジョニーウォーカーとは違った軽快な味わいが特長のひとつです。

 

 

【飲み方】

ストレート

ハイボール(※追記)

 

 

【感想】

香りは、バターキャラメルを思わせるような感じの後に樽香、そして少しスモーキー。

飲んでみると、アルコールの角は取れていて甘みが強いです。

でも、後味はスッキリして引き締められています。

とても飲みやすく、美味しいですね(しみじみ。。。)。

 

※9月23日 追記

今回はハイボールでいただきました。

アルコールの角は無く、甘みも微かに感じ、ますます飲みやすくなりました。

ハイボールで飲み始めたら、あっという間に無くなってしまいますね。

なぜ、もう1本買わなかったんだろう・・・と自分に愕然としている今日この頃です(笑)。

 

 

★★★

 

ジョニーウォーカーのレビューをするのは、2つ目です。

1つ目は『ブラックラベル12年』でした。

hinata0513.com

 

『トリプルグレーン  アメリカンオーク 10年』は『ブレンダーズバッチ』のひとつです。

ブレンダーズバッチは既成の価値観にとらわれず、ブレンダーが豊かな経験や個性に基づいて思い描くブレンドを形にした、クラフト感あふれる新シリーズです。

12名ものブレンダーの個性と豊かな発想、それを実現する約800万樽のストック、卓越したブレンディング技術から創り出されます。

 

今回の銘柄は、ジム・ビバリッジとエマ・ウォーカーという2人のブレンダーが手掛けています。

トリプルグレーンの名の通り、原料に3種類のグレーン(トウモロコシ、小麦、大麦)を使用。

アメリカンオークの樽で熟成させたスコットランド各地の貴重なモルト原酒も、惜しみなくブレンドされています。

 

 

★★★

 

ブレンデッドウイスキーは、「好み」かそうでないかが分かれることがあります。

でも、多くの人の手を渡って造られているのを知れば、見方が変わってくることもあります。

お酒には1つ1つ、必ず「物語」がある。

自分の嗜好だけで片付けるのではなく、様々な視点から興味を持つと味わいも違ってくるかもしれませんね。

 

【トリプルグレーンは無かったので、『ブレンダーズバッチ』シリーズの広告です】

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング