ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

日向夏の甘みと酸味あり、宮崎らしいビール『レプトニックモード』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ビールの『レプトニックモード』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210829141015j:plain

 

 

【今回のお酒】

名前:Leptonic Mode(レプトニックモード)

ジャンル:クラフトビール発泡酒

製造元:B.M.B  Brewery

アルコール分:3.5%

原材料:麦芽(ドイツ製造)、オーツ麦、ホップ、天日干塩

価格: 500円くらい(330ml)

 

◎どういうお酒?

Lachancea(ラカンセア)属という発酵中に乳酸を生成するイーストと宮崎の特産『日向夏』を使用。

ローアルコールで適度な甘みと酸味。

ガブガブいっちゃってください(ボトル裏のラベルより引用)

 

 

【飲み方】

冷やしてそのまま

 

【感想】

ビールらしい色味ですが、日向夏を使用しているからか、少し明るい黄色です。

味わいは、甘みはありつつ酸味を強めに感じます。

低めのアルコールと夏の暑さが、より飲みやすさを助長しています。

苦味はほとんど感じなかったので、辛口のビールが苦手な方にオススメです。

 

 

★★★

 

B.M.B  Breweryのビールのレビューは、今回で2回目です。

1回目は『Grim Reaper』でした。

hinata0513.com

 

 『グリムリーパー』は、今回のレプトニックモードよりも甘みと苦味が引き立っていました。

私はビールの好みに関して、酸味が少ないほうが飲みやすいなぁ~ということに気付きました。

ただ、苦味が先行するような辛口ビールは好みではないです。。。

甘みと苦味がメインで、酸味が少しあるような味わいが好きみたいです。

 

こうしたクラフトビールに出会うまでは、どうしても缶ビール(大手さんの有名な銘柄)の苦味が苦手で、飲み会の乾杯などでしか飲むことがありませんでした。

でも、少々高くても、現在は様々なビールが造られています。

甘みを楽しむことができるフルーティーな銘柄から、苦味はあってもウイスキーのようにじっくり味わえるものがあったり、ビールの懐の広さに驚かされます。

ビールに苦手意識がある方にも、一度はこういうビールを手に取ってもらえたらなぁ~と思います。

 

・・・と、好みの味などについて書いてみましたが、飲んできた量や数が圧倒的に少ないので(笑)、今後も楽しんでレビューしていきます。

皆さんは、どんなビールがお好きですか?

 

【銘柄は違いますが、通販もあるようです☆】

bmb.raku-uru.jp

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング