ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

透き通る爽やかな風味、『天草』で美味しい晩酌を☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、焼酎の『天草』をいただきます。

f:id:hinata0513:20211214153802j:plain

 

【今回のお酒】

名前:天草(あまくさ)

ジャンル:焼酎

製造者:合名会社天草酒造

アルコール度数:25%

原材料:麦、麦麹

価格:700円くらい(300ml)

 

◎どういうお酒?

原料に熊本県産と佐賀県産の二条大麦を使用し、製造しました。

丁寧にもろみを造り、過度な濾過にならないように仕上げることで、原料の風味が生きています。

食中酒として料理のお供に最適です。

天草島内限定品。

 

 

【飲み方】

お湯割り

 

【感想】

麦焼酎なので香ばしい香りがするのかな?と思いきや、ほとんど感じませんでした。

米焼酎のような香りで、静かで上品な雰囲気です。

飲んでみても、飲む前とイメージは変わらず、スッキリした味わいで美味しいです。

食中酒としてオススメされるのは納得ですね。

旅行のお土産としても気軽に贈りやすいと思います。

 

 

★★★

 

天草酒造は天草市唯一の焼酎蔵で、芋焼酎造りで創業しました。

現在、熊本と言えば米焼酎が有名な産地として知られています。

しかし、鹿児島県の長島などに近いこともあり、当時は鹿児島の文化に多く影響を受けていたのだそう。

 

風味が強いゆえに、一度は途絶えてしまった芋焼酎造り。

時は経ち、原料の風味が生きた本格焼酎が見直されるようになったことで、復活したのが『池の露』です。

ikenotsuyu.com

 

 

★★★

 

今回のお酒も、天草へ旅行に行った際に購入しました。

以前、記事にした『川辺』と共に☆

hinata0513.com

 

ボトルの透き通った水色が、天草の海を思い出させてくれます。

宮崎でも海はお馴染みなのですが、見慣れない景色は新鮮に映りますね。

 

焼酎の中でも、麦焼酎は私の中でいちばん縁遠い感じがしていました。

宮崎は焼酎と言えば、「芋」が真っ先に浮かんでくる環境なので。

今回飲んだ『天草』は強い風味を感じるのではなく、「凛とした」感じと表現したくなる味わいでした。

 

お酒は土地に根差した文化で、できる限り「絶やしたくないな・・・」と思います。

そのために、まずは地元や自分の住む地域のお酒を飲んでみる。

野菜などの食べ物に限らず、" 飲み物 "も地産地消が必要なのかもしれないですね。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

 


その他のお酒ランキング