ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

丁寧な手仕事で誕生、透明なウイスキーの『OSUZU MALT NEW MAKE』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキー(ニューメイク)の『OSUZU MALT NEW MAKE』をいただきます。

f:id:hinata0513:20211226143305j:plain

 

【今回のお酒】

名前:OSUZU MALT NEW MAKE

ジャンル:ウイスキー

製造者:株式会社  尾鈴山蒸留所

アルコール分:59%

原材料:モルト

価格:2750円(200ml)

※税込価格 

 

◎どういうお酒?

原料の麦は全量自家栽培で、麦芽づくりから行います。

丁寧に蒸留されたウイスキーを樽詰め前の透明な状態、つまり「ニューメイク」で頂けます。

国内で随一の尾鈴山の美しい水と大自然、そして老舗蔵の技術が融合して造り出された最高のウイスキーとなっています。

 

 

【飲み方】

ストレート 

 

【感想】

樽詰め前の透明な状態が、とても新鮮です。

麦芽の香りよりも、アルコールの刺激が強いです。

飲んでみると、美味しいのですが、アルコールはさらに強く感じます。

度数が59%なので、私にはやっぱりストレートで飲むにはハードルが高すぎました(笑)。

ロックやハイボール、水割りにするとより美味しいと思います。

 

ただ、トゲトゲしさや「勢い」を感じるので、気合いを入れたい時などは元気をもらえそうな味わいです。

 

 

★★★

 

尾鈴山蒸留所が製造しているお酒として、今年最初にウォッカの『ミーシャ』をレビューしました。

hinata0513.com

 

尾鈴山蒸留所は、黒木本店の別蔵として尾鈴山に蒸留所を構えています。

osuzuyama.co.jp

 

www.kurokihonten.co.jp

 

ウイスキー」というだけで、地元であっても買いにくい時代となりました。

今回のお酒は数量限定だったということもあり、既に完売しています。

私は飲むスピードが遅くて量もあまり飲めないので、少ない量で満足することが多いです。

なので、200mlでも長く楽しめそうです。

樽詰め前のウイスキーはなかなか味わうことができないので、とても貴重な体験ができました。

そして味わいだけでなく、ボトルの大きさ、ラベルのシンプルさがとても素敵です。

 

 

★★★

 

偶然のことですが、今年は宮崎で造られたお酒のレビューから始まり、同じ蒸留所で造られたお酒で1年を締めくくる運びとなりました。

昨年の10月からブログを始め、ようやく1年を通過したところです。

 

コメントやブックマークをしてくださる方、スターを付けてくださる方、ツイッターリツイートや「いいね」をしてくださる方、このブログに遊びに来てくださる方・・・

皆さん、本当にありがとうございました(*´ω`*)

 

先輩のブロガーさん達には知識や経済力(笑)ではなかなか追いつけないところもありますが、ほどほどにゆるくマイペースに来年も更新していきます。

2022年も遊びに来てくださると嬉しいです♬

それでは、良いお年をお迎えください(・ω・)ノ

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング