ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

淡麗で誇り高き「普通酒」、『清酒 八海山』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、日本酒の『清酒  八海山』をいただきます。

f:id:hinata0513:20220227144114j:plain

 

【今回のお酒】

名前:清酒  八海山

ジャンル:日本酒

製造者:八海醸造株式会社

アルコール分:15.5度

原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール

精米歩合:60%

価格:2125円(1800L)

※税込価格

 

◎どういうお酒?

「いい酒をより多くの人に」をかたちにした、八海醸造の真髄のお酒です。

普通酒でありながら原料米を60%まで精米し、低温発酵でゆっくりと丁寧に造っています。

淡麗なすっきりとした飲み口で、料理の邪魔をしないお酒です。

 

 

【飲み方】

 

【感想】

口当たりが軽く、甘さは控えめの辛口。

スッキリとしているからこそ、飲み進めやすいです。

料理の味を引き立てつつ、飲んでいる間は夢中にさせられる・・・

どこか「謙虚さ」を持ちながら、透明感のある味わいは万能です。

 

 

★★★

 

今回のお酒のラベルを見て、前にも見たことがあるような懐かしい気がしました。

すると昨年、特別本醸造の八海山をレビューしていたことを発見。

記事を書いた本人も、すっかり忘れてました(笑)(・´з`・)

hinata0513.com

 

www.hakkaisan.co.jp

 

私が気になったのは、オーク樽で貯蔵した米焼酎『風媒花』。

和紙?っぽいラベルもまた魅力的☆

 

そして、八海醸造のある魚沼地方に、『魚沼の里』という様々なスポットが点在する場所があるそう。

雪室、見てみたいですね。

www.uonuma-no-sato.jp

 

私の住む宮崎県は、山沿いでなければ雪と出会うことはほとんどありません。

雪景色をテレビで観るたびに、同じ日本でも地域によって全く違うなぁ~と感じます。

 

そういえば、かつて学生時代に修学旅行で北海道に行ったことがありました。

真冬の2月に制服+革靴で行ったため、凍結した歩道で滑る人が続出でした(笑)。

雪国での体験は今でも、宮崎では体験できない貴重な思い出です。

 

たまには知らない場所、慣れない土地を訪れることで、良い意味でカルチャーショックを受けるのも良いかもしれません☆

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪

 


日本酒ランキング

 


その他のお酒ランキング