ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

スカッとしたいなら、爽やかな『コカレロ クラシコ』を☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、リキュールの『コカレロ  クラシコ』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210507100237j:plain

 

【今回のお酒】

名前:COCALERO  CLASICO(コカレロ  クラシコ

ジャンル:リキュール

輸入者:アイディ商事株式会社

アルコール分:29%

原産国:アイルランド

価格:3278円(375ml)

※税込価格

 

◎どういうお酒?

 コカレロは最高級品質のコカの葉のみを使用し、他にアマゾンガラナを含む社外秘レシピ16種類の植物とブレンド(合計17種類のハーブを使用)した高級リキュールです。

息を吐き出す時に感じる清涼感、紅茶とミントの17種類のハーブが織りなす香りの饗宴を楽しめます。

 

 

【飲み方】

炭酸割り

 

【感想】

コカの葉の香りを特定はできませんが、ハーブの爽やかな香りが漂います。

ミント系の非常にスッキリした味わいで、飲み終わりはスカッとします。

飲むと、思わず元気になれるリキュールだと思います。

甘さは控えめで、炭酸で割ってしまうと微かに感じる程度になります。

モヤモヤした心を整理したい時には、特にオススメしたいです(笑)。

 

 

★★★

 

コカレロは、アンデス山脈奥地のジャングルでコカの栽培を生業とするCocaleros(伝統あるコカの葉の栽培者のこと)にちなみ名付けられました。

 

コカの葉は、南米ではお茶として飲用したり、葉を直接口に入れて噛んだりするなど、古くから一種の嗜好品や薬品として伝統的に利用されています。

麻薬成分は製造過程で除去されるので、安心して飲むことができます。

 

コカレロにはもうひとつ、スパイシーな『ネグロ』という銘柄もあります。

cocalero.jp

 

 

★★★

 

コカの葉を使用したリキュールということで、『コカ』という言葉に、何だか無駄にドキドキしてしまいます(汗)。

南米では様々な用途で活躍しているのですね。

国によって文化が違うということを改めて感じさせられます。

 

コカレロはリキュールですが、普通のリキュールより自然な味わいを体験できると思います。

甘いアルコールだけど、罪悪感をあまり感じず楽しむことができました。

そして何より、元気をくれるお酒は頼もしい存在です。

 

 

コチラは700mlです↓

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 


カクテルランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

 

くるくる変化する味わいが楽しい♪『白隠正宗 誉富士 特別純米酒』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、日本酒の『白隠正宗  誉富士  特別純米酒』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210430134058j:plain

 

【今回のお酒】

名前:白隠正宗  誉富士(はくいんまさむね  ほまれふじ)  特別純米酒

ジャンル:日本酒

製造者:高嶋酒造株式会社

アルコール分:15度以上16度未満

原材料名:米、米麹

精米歩合:60%

価格:1600円前後(720ml)

 

◎どういうお酒?

 静岡県産の誉富士(酒米)と富士山伏流水の軟水、そして静岡酵母を使用して仕込み、ゆったりと、ふくらみのあるお酒に仕上がっています。

 

【飲み方】

常温

 

【感想】

 飲み始めは、かすかな甘みで優しい印象。

しかし、だんだんと辛み?がやってきて、ピリッとする感覚を味わいます。

そして飲み終わりは驚くほどにキレ味が良く、スッと口の中からあっという間に消えていきます。

色んな表情を魅せてくれるお酒で、変化がとても面白いです。

甘さは控えめなので、辛口が好きな方にオススメかなと思います。

 

 

★★★

 

酒名である白隠正宗は、白隠禅師にちなんで山岡鉄舟命名しました。

 

また、『誉富士』とは、静岡県農業試験場が育成した酒米の新品種です。

山田錦』の突然変異より得られた品種で草丈が低く、倒れにくく安定した収穫量が期待できるほか、品質の高さも見込めるとのこと。

 

白隠正宗には、辛口純米や純米酒純米吟醸などもあります。

 

白隠禅師

臨済宗中興の祖として、沼津の文学・芸術に貢献。

人の往来が激しい東海道の沿道において、時代に即応した禅を広めた僧。

 

山岡鉄舟

幕末から明治時代の幕臣、政治家、思想家。

剣・禅・書の達人としても知られる。

 

 

★★★

 

今回のお酒は、飲んでいる最中の味わいの「変化」を強く感じました。

余韻を楽しむというよりも、ひとつひとつの味わいが儚い。。。

だからこそ、一瞬一瞬の味わいをしっかり楽しみたいと思わせてくれます。

疲れた時にダラダラ飲むのも良いけど、お酒と真摯に向き合う時間も時には大切ですね。

お酒は好きだけど、ついつい、おつまみや料理に気をとられることがあるので(笑)。

 

720mlは見当たらず、1.8Lを発見しました↓

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

 


日本酒ランキング

 


その他のお酒ランキング

 

甘くてほろ苦い、オリエンタルな『アマハガン エディションNo.3 ミズナラウッドフィニッシュ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『アマハガン エディションNo.3  ミズナラウッドフィニッシュ』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210427152152j:plain

 

【今回のお酒】

名前:AMAHAGAN Edition No.3  Mizunara Wood Finish(アマハガン エディションNo.3  ミズナラウッドフィニッシュ)

ジャンル:ウイスキー(ブレンデッドモルト

製造者:長濱蒸溜所

アルコール分:47%

原材料:モルト

価格:7590円(700ml)

※税込価格 

 

◎どういうお酒?

 将来のシングルモルトのリリースに向け、ウイスキー造りにとって最も重要な工程のひ

とつである「ブレンド」に焦点を当て生み出された、ワールドモルトシリーズ『AMAHAGAN』。

第3弾となる今回は、海外のモルトウイスキーに長濱蒸溜所のモルトを絶妙にブレンドした『Edition No.1』をベースに、日本原産で通称「ジャパニーズオーク」とも呼ばれるミズナラのオリエンタルな個性を活かして後熟を施しました。

 

【飲み方】

ストレート 

ハイボール(※追記)

 

【感想】

淡い琥珀色に、キャラメルのような甘い香り。

飲んでみると、アルコールの刺激はありますが、甘みを強く感じます。

ミズナラのウッディな感じもありつつ、ちょっとだけ苦いチョコレートのような味わい。 

ストレートで十分美味しいですが、アルコールを緩和させるために、私は割って飲むほうが向いているかなと思いました。

 

※5月2日 追記

ハイボールでいただいてみました。

最近、ウイスキーは水割りにすることが多かったのですが、このアマハガンはハイボールにすると爽快で甘く、飲みやすくなりました。

アルコールの刺激が少なくなることで、飲む人を選ばずに楽しめる味わいだと思います。

 

ウイスキーは、ハイボールや水割りを味わうからこそ、同じ銘柄をストレートで飲んだ時に感じる衝撃や感動が心に刻まれる気がします。

 

 

★★★

 

長濱蒸溜所は、2016年に長濱浪漫ビール施設内に稼働した、琵琶湖と伊吹山、長浜の風土が育む、国内最小規模となるクラフトディスティラリーです。

www.romanbeer.com

 

クラフトウイスキーが100年後にも日本のみならず、世界中のウイスキーファンに喜んでもらいたいという強い思いがあるそう。

 

お酒はボトルデザインに目が行きがちですが、こういう小さな部分を発見しては、ときめいています。

f:id:hinata0513:20210428134903j:plain

 

 蒸溜所に併設された老舗レストランでは、お料理と共にお酒も味わうことができます。 

 私はコーヒーが好きなのですが、ウイスキーを使った『長濱珈琲』というものがあるらしく、すごく気になります。

そして、機会があれば他のアマハガンやビールもいただいてみたいですね。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

 

飲み飽きしない、お米の旨みを味わえる『一ノ蔵 特別純米酒 辛口』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、日本酒の『一ノ蔵  特別純米酒  辛口』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210423103836j:plain

 

【今回のお酒】

名前:一ノ蔵  特別純米酒  辛口

ジャンル:日本酒

製造者:株式会社一ノ蔵

アルコール分:15%

原材料名:米(宮城県産)、米こうじ(宮城県産米)

精米歩合:55%

価格:1185円(720ml)

※税込価格 

 

◎どういうお酒?

 原料米を55%まで磨き、丁寧に仕込んだ特別純米酒

熟成とお米に由来する旨味がバランス良く調和した深い味わいと、純米酒らしいほど良い酸味、後半のキレ味が、飲み飽きしません。

穏やかで甘やかな熟成に由来する豊かな芳香が特徴です。

一ノ蔵の定番酒。

 

【飲み方】

常温

 

【感想】

「辛口」ということもあり、甘さは控えめです。

酸味もちょうど良く、後味があっさりしていています。

それでいて、旨みもしっかり感じられます。

紹介文にも書かれている通り、「飲み飽きしない」味わいです。

ほど良い距離感で、食事と一緒に楽しめるのが本当に魅力ですね。

 

 

★★★

 

株式会社 一ノ蔵は、宮城県大崎市にあります。

宮城県内の酒蔵4社、浅見商店、勝来酒造、櫻井酒造店、松本酒造店がひとつになり、1973年(昭和48年)に誕生しました。

 

●自然との共生を大切にし、伝統を守っていくこと

●お客様に満足していただくこと

●地域復興につなげること

 

この3つが酒造りの原点として、現在も大切にされていることです。

 

今回飲んだ特別純米酒の辛口は、温度帯の違いによって様々な表情を楽しめるそう。

 

「冷や」(10℃前後):旨味と酸味が絶妙に調和している

「常温」(20℃前後):純米酒としてスタンダードな味わい

「お燗」(45℃前後):心地良い酸味が全体を引き締め、味にボリューム感が出る

 

私は常温で飲んだので、いちばん純米酒らしさを味わえたのだと思います。

ちなみに・・・

この銘柄は、2017年に『全国燗酒コンテスト』で『お値打ちぬる燗部門』 で最高金賞を受賞しています。

まだまだ夜は肌寒い日があり、お燗にして身体を温めるのも良さそう。

 

一ノ蔵では様々なお酒が造られており、お気に入りを探してみるのも楽しそうです。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♫

 


日本酒ランキング

 


その他のお酒ランキング

 

花やかに、ふんわり甘い『花見ロ万』はいかがでしょう?☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、日本酒の『花見ロ万』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210420155551j:plain

 

【今回のお酒】

名前:花見ロ万  純米吟醸  低アルコール一回火入れ

ジャンル:日本酒

製造者:花泉酒造合名会社

アルコール分:13%

原材料名:米(会津産)、米麹(会津産米)

精米歩合:55%

価格:1500~2000円台(720ml)

 

◎どういうお酒?

春にしか味わえない素敵な宴の席にピッタリな低アルコール。

桜に見惚れて、酒にも惚れて。

ふわりふわりと花のごとく、ほどける味わいを楽しめます。

 

 

【飲み方】

常温

 

【感想】

ふんわり香る匂いは、それだけで良い気分にさせてくれます。 

味わいは甘めで、まるみがあります。

飲みやすくて、お酒もお料理も進みます。

アルコールが低いので、お酒に強くない方も飲みやすいと思いました。

 

 

★★★

 

花泉酒造があるのは、福島県南会津郡

蔵のある地域の風土を活かした酒造りを行い、酒造りを通じて、地域が豊かになるよう地元企業としての役割を果たしているそう。

 

今回飲んだ花見ロ万は春のお酒ですが、『ロ万』シリーズには通年だけでなく、季節ごとに楽しめるものもあります。

その時期にしか味わえないとなると、やっぱり気になります。

 

実は、花見ロ万は家族への贈り物としてプレゼントしたものでした。

最近は私がよく日本酒を飲むため、残しておいてくれていたのです。

お蔭様で、美味しい思いをすることができました(笑)。

 

もう桜は散ってしまった地域が多いですが、今の時期は花が咲き誇ってキレイですね。

宮崎は歩道にチューリップが植えられている所があり、この季節は歩くだけで嬉しくなります。

花見ロ万のラベルも、春らしさ全開で見ているだけでウキウキしました☆

宮崎市ではあまり取り扱いがない銘柄で、おそらく市内で買えるところは一件だと思います。

酒造さんがこだわってお酒を造り、酒屋さんがこだわって仕入れることで、こうした出会いが生まれているわけですね。
機会があれば、別の『ロ万』シリーズも味わってみたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

 


日本酒ランキング

 


その他のお酒ランキング

 

<和>と<洋>の融合に、心躍らせて♪『油津吟(YUZUGIN)』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ジンの『油津吟(YUZUGIN)』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210420145716j:plain

 

【今回のお酒】

名前:油津吟(YUZUGIN)

ジャンル:ジン(ジャパニーズ)

製造者:京屋酒造有限会社

アルコール度数:47%

価格:5500円(750ml)

 ※税込価格

 

◎どういうお酒?

本格芋焼酎を使用し、ボタニカルにはジュニパーベリーを中心に柚子、山椒、ヘベス、日向夏など、和の素材を使用。

明るい<洋>の香りと、奥ゆかしい<和>の香りが見事に融合した、新感覚の和製ジンです。

 

 

【飲み方】

 ストレート

ジントニック(※追記) 

 

【感想】

 ジン特有の、ジュニパーベリーや柑橘系のフルーティーな香り。

いざ飲んでみると、飲み終わりまでずっと、爽やかでスッキリした味わい。

本格芋焼酎を使用されているとのことですが、焼酎っぽさを感じなかったので驚きでした。

ジンはストレートよりも割って飲みたくなるのですが、油津吟はストレートのままでも抵抗なく飲むことができました。

女性や焼酎が苦手な方にもオススメしたい、国産クラフトジンです。 

 

※4月21日 追記

ジントニックでいただきました。

トニックウォーターとの融合で、また違った爽やかさを味わえます。

缶チューハイのように飲みやすく、おかわりしたくなる美味しさです。

アルコールも気にならなくなり、ますます好きになりました。

 

 

★★★

 

京屋酒造のジンをレビューするのは、2回目になります。

1回目は『HINATA』でした。


今回の油津吟が第1弾で、HINATAより前に発売されたものになります。

180年以上の焼酎造りのなかで培われた経験を生かし、地球環境にも配慮しつつ酒造りを行っているそう。


ちなみに・・・

油津吟の由来は、京屋酒造のテロワール「油津(あぶらつ)」を「YUZU」。

吟味して創ったという意味の「吟」を「GIN(ぎん)」で合わせたもの。

 

京屋酒造さんでは様々な焼酎が造られており、甕雫などご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

 

★★★

 

私はお酒を飲む量やペースが、とてもゆっくりです(笑)。

そのなかで、地元である宮崎の酒造さんのお酒を紹介できるのは、とても幸せなことです。

県外に10年ほど住んでいたので、お酒からも宮崎の魅力を再発見しているところです。

大人になって改めて、地元を「知ろう」と本気で思い始めた今日この頃です。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング

 

ブレンデッドウイスキーがもっと好きになる♪『ブラックニッカ ブレンダーズスピリット』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『ブラックニッカ  ブレンダーズスピリット』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210414153229j:plain

 

【今回のお酒】

名前:ブラックニッカ  ブレンダーズスピリット

ジャンル:ウイスキー(ブレンデッド)

製造者:ニッカウヰスキー株式会社6

アルコール分:43%

原材料:モルト、グレーン

原産国:日本(ジャパニーズ)

価格:2500円(700ml)

※2017年当時の希望小売価格

 

◎どういうお酒?

チョコレートのような甘い香りと、心地良いピートの薫香。

長期熟成原酒ならではの円熟味とまろやかさが全体を包みます。

しっかりとしたモルトの味わいとほのかなビター燗。

カフェグレーンの甘く豊かな味わい。

穏やかなピートのコクと余韻が続きます。 

2017年に発売された、数量限定のブレンデッドウイスキー

 

 

【飲み方】

ストレート 

水割り(※追記)

 

【感想】

写真では分かりづらいのですが、少し濃いめの琥珀色をしています。

スイーツのような甘い香りと、ほんの少しのピート香。

ストレートで飲んでもアルコールの刺激は気にならず、甘くて美味しい!

コクがありつつ、後味はスッキリしていると思います。

限定品ではなく、定番になってくれたら良かったのに・・・

と、減るのがもったいなくてチビチビ飲む銘柄です(笑)。

 

※ 4月16日 追記

水割りで飲みました。

よりマイルドに、甘みが引き立ってますます美味しい。

飲み終わりにフワっと香るピート香が、全体を引き締めてくれます。

ゆっくり味わうのに最適な飲み方でした。

食中酒でも良いけど、お酒だけでじっくり向き合いたいと思いました。

 

 

★★★

 

今回のお酒は、竹鶴政孝氏がこの世にブラックニッカを生み出してから60周年を記念したものでした。

ブラックニッカ誕生の年である1956年に蒸溜された余市モルト、華やかなシェリー樽熟成の宮城峡モルトなどが複雑に折り重なるなか、キーモルトであるヘビーピートタイプのモルトが織りなすハーモニーが心地良いです。

2017年に発売されたものなので、もう4年前になります。

現在はオークションや一部の通販サイトで、1万円近くのプレミアム価格になっているのを見かけました。

 

ブラックニッカのラインナップは数多く、クリアやリッチブレンド、ディープブレンドなどがありますね。

リーズナブルにウイスキーを楽しめる時代に生きていること、それを味わうのに身近な存在として私達を支えてくれている気がします。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング