ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

甘みも苦みも愛おしい、『カスカウィン ブランコ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、テキーラの『カスカウィン  ブランコ』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210211142125j:plain

 

【今回のお酒】

名前:Cascahuin  BLANCO(カスカウィン  ブランコ)

ジャンル:テキーラ

輸入者:株式会社フィデア

アルコール分:38%

原産国:メキシコ

価格:4100~6200円前後(750ml)

 

◎どういうお酒?

 2回の単式蒸留の後、エル・アレナルの浄水による加水調整を経て38%に調整され、ろ過工程を経てボトリングされた熟成のないタイプです。

程よく蒸されたアガベの風味と自然な甘み。

時折、顔をのぞかせる瑞々しいシトラスと、あたかもアガベ畑にいるような青々強い苦みを愉しめる、アガベ100%のテキーラ

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

香りは柑橘系とミント系の間のような、スッキリと爽やかさがあります。

飲んでみると・・・思っていたより甘くて、驚きました。

ほんのりした甘みは、食中酒としても喜ばれる気がします。

そして、忘れてはいけない苦みも、きちんと味わうことができました。

飲んでいくうちに甘みと苦みがクセになりそうな、飲みやすいお酒でした。 

 

 

 ★★★

 

脈々と受け継がれ、蒸留所設立から現在2世代目を迎えたカスカウィンテキーラ

その始まりは1904年、ハリスコ州のバジェス地方、エル・アレナル自治区

100%メキシコ産であること、かつ親族経営の企業です。

現在にいたるまで、顧客満足度の向上とテキーラ管理当局の基準を満たすべく健全な企業経営を続け、今やテキーラ界における老舗企業の1つに数えられています。

 

ブランド名であるカスカウィンは、プレ・ヒスパニック言語で” 光の丘 ”もしくは” 丘の祭り ”を意味します。

この丘の名前は今でも、エル・アレナル自治区のランドマークとして内外で認識されています。

 

 アジア最大級のテキーラ・バーでの勤務を皮切りに、日本のテキーラ界の最前線で活躍を続けてきた景田哲夫氏。

彼がメキシコに渡ったのは、2014年初頭。

現地でも彼の熱意とテキーラへの造詣(ぞうけい)の深さが認められ、日本人初のテキレロ(テキーラ職人のこと)として、カスカウィンに迎え入れられました。

初めて日本人が製造工程に携わったテキーラ、それがカスカウィンです。

 

カスカウィンはブランコのほかに、レポサドやアネホなどがあります。

 

 

★★★

 

景田氏を知ったのは、テレビ番組『クレイジージャーニー』。

当時は何となく観ていただけでしたが、景田氏の行動力には衝撃を受けました。

彼がとても熱い想いを持ってメキシコに渡った経緯などは、コチラの素晴らしい記事を読んでみてください。

meetia.net

 

彼がメキシコに行かなかったら・・・

私たちは、カスカウィンの存在も味も、知ることはできなかったことでしょう。

そう思うと、テキーラを日本へ運んでくださり、本当にありがとうございます!という感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そして何より、出会ったお酒で人生が変わることに、とても感動します。

 

ただ好きで、飲むのも良し。

自分至上最高の、好みの銘柄を探すのも良し。

作り手になるのも良し。

お酒を通して、色んな人の人生観を知ることができて嬉しいです。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング