ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

甘みと軽やかさが魅力的、『エルテソロ パラディソ アネホ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、テキーラの『エルテソロ  パラディソ  アネホ』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210214143926j:plain

 

【今回のお酒】

名前:El  Tesoro  de  Don  Felipe  Paradiso  Anejo(エルテソロ  パラディソ  アネホ)

ジャンル:テキーラ

輸入者:ボニリジャパン

アルコール分:40%

原産国:メキシコ

価格:15000~20000円(750ml)

(プレミアム価格になっている可能性があります)

 

◎どういうお酒?

 800エーカーの自社畑で作られたアガベ・アスール(テキーラの原料で、アロエに似た植物)のみを使用した、こだわりのテキーラです。

砂糖などの副原料は使用しておりません。

アネホ  パラディソはコニャックの空き樽を含む5年もの熟成を経ており、香りも味わいも素晴らしいです。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

 熟成されたことが一目で分かる、黄金色。

樽と、バニラのような甘い香り。

口当たりが軽く、スーっと身体に馴染みます。

そして、甘さに驚きました。

ストレートでも抵抗なく、美味しくいただけます。

飲み過ぎ注意です(笑)。

 

 

★★★

 

エルテソロ  パラディソ  アネホの正式名称は、「エル・テソロ・デ・ドン・フェリペ」。

これは、フェリペの宝石という意味です。

 

そして、箱のラベルには「製菓原料に限る」との記載があります。

これは微量に含まれる成分のため、記載が義務付けられているとのこと。

テキーラグラッパを伝統的な製法で造ると、どうしても生じてしまう成分なのだそう。

 

エルテソロには、エクストラ  アネホもあります。

 

 

★★★

 

 今回のお酒は、テキーラを「飲みやすいお酒」だと教えてくれる銘柄でした。

「食わず嫌い」ならぬ、「飲まず嫌い」だった気がします。

あとは、一気飲みするという勝手なイメージで敬遠してしまっていたような。。。

アネホは熟成期間があるので、より受け入れやすい印象を持ちました。

 

ちなみに、今回からコチラの本を読んで学ばせてもらっています。

日本テキーラ協会会長の、林生馬さんの本です。

f:id:hinata0513:20210214152133j:plain

 

1つのジャンルを極める方々がいらっしゃるからこそ、初心者でも分かりやすく・美味しくいただけるのだと思います。

テキーラはストレートしか飲んでいないので、炭酸で割ったり割り材を上手く活用した飲み方も経験していきたいです。

 

人それぞれ好みやアルコール耐性が違うので、合う・合わないは存在するかもしれません。

しかし、機会があれば、普段は飲まないジャンルにも挑戦してみると面白いかも!と思っています。

美味しいお酒を求めて、今日も楽しく晩酌します(笑)☆

 

 

今日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング