ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

春風のようにあたたかく・柔らかな味わい、『カバラン クラシック』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ウイスキーの『カバラン  クラシック』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210314142459j:plain
 

【今回のお酒】

名前:カバラン  クラシック

ジャンル:ウイスキーシングルモルト

輸入者:リードオフジャパン株式会社

アルコール分:40%

原産国:台湾

価格:1200~1800円前後(50ml)

 

◎どういうお酒?

チーフブレンダーがバーボン樽、シェリー樽、プレーンオーク樽などの樽を厳選し、絶妙な比率で調合を行います。

台湾特有の亜熱帯気候により短時間で熟成が完成し、バランスのとれたコクのある風味が出来上がります。

雪山山脈のピュアな水源を使用することで、口当たりの良い深みのある酒質が生まれます。

カバラン・シングルモルトウイスキーの一作目であり、スタンダードな入門編のカバラウイスキーです。 

 

 

【飲み方】

ストレート

水割り(カバラン  クラシックと水を1:1の割合) 

 

【感想】

 ハチミツや南国フルーツのような香りが広がります。

口当たりは軽く、ストレートで飲んでも角がなくて柔らかい印象です。

スッキリした味わいでありながら、コクもちゃんとある。

水割りにすると、より甘みが引き立ちます。

気楽に飲みやすく、家に常備しておきたくなる「ついつい手が伸びる」ウイスキーです。

 

 

★★★

 

2005年12月31日、台湾の宜蘭県(ぎらんけん)に蒸留所を設立し、2006年1月1日から蒸留を開始したカバラン・ウイスキー

カバラン」とは蒸留所のある宜蘭の旧名で、古代先住民たちの苦労と努力によって開拓された事にちなんで名付けられました。

 

蒸留所は、甘味を含んだ上質な水と澄んだ空気で有名な宜蘭県員山の雪山(雪山)山脈のふもとにあります。

この地域は世界一のモルトウイスキーの産地であるスコットランド、スペイサイド地方より1年を通して気温が20度近く高いため、ウイスキーの成熟が早く進むというメリットも兼ね備えています。

 

カバランではスコットランドから輸入した蒸留器、欧米の有名蒸留所から譲りうけた貯蔵樽などを用いて年間900万瓶の生産能力を有するに至りました。

ラインナップとしては、今回のクラシックのほかにコンサートマスターなどの「カバランシリーズ」、「ソリストシリーズ」「ディスティラリーセレクトシリーズ」など多彩にあります。

 

 

★★★

 

我が家にはミニチュアボトルしか無いのですが、デザインがシンプルかつオシャレですね。

そして、私が何より「キュン」としたのは・・・コチラ↓

f:id:hinata0513:20210314194143j:plain

 

キャップ上部のイラストが可愛い♡

こういうのを見つけると、心躍ります。

他のラインナップも気になりますが、フルボトルで欲しくなる美味しさでした。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♫

 


ウイスキーランキング

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング