ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

熊本愛あふれる、旨味ありキレあり『jin jin JIN』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ジンの『jin jin GIN』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210609143546j:plain

 

【今回のお酒】

名前:jin jin GIN

ジャンル:ジン(ジャパニーズクラフトジン

製造者:合資会社高田酒造場

アルコール分:47%

原材料:球磨焼酎、ジュニパーベリー、柑橘果皮、ローズゼラニウム

価格:1000円くらいだったような・・・(90ml)

 

◎どういうお酒?

 球磨焼酎『あさぎりの花』をベースにした、熊本初のクラフトジンです。

ボタニカルにはジュニパーベリーをはじめ、熊本産の柑橘類(晩白柚(ばんぺいゆ)、不知火柑(通称:でこぽん)、甘夏、晩柑、はるか、ゆず)の皮や、天草で育ったローズゼラニウムなどを使用した、熊本が詰まった1本です。

香り、うま味を残すため、軽くろ過しています。

そのため、ロックや炭酸で割ると、うっすらと白く濁るので、色の変化も楽しめます。

 

 

【飲み方】

 ストレート

ソーダ割り(※追記)

 

【感想】

 柑橘系のボタニカルの爽やかな香りは、梅雨の時期は特に癒されます。

ジンの味の違いを明確に判断するのは苦手ですが、甘みより苦味のような「辛み」を感じました。

あっさりしてドライな味わいだけど、様々な「うま味」がギュッと詰まってます。

個人的な感想ですが、辛口なジンという感じでしょうか。

あまり焼酎っぽさは感じず、気にならなくて飲みやすいです。

 

 

※6月16日 追記

今回はソーダ割りでいただきました。

炭酸の爽やかさと合わさることでジンの「辛み」が引き立ち、よりドライな印象になりました。

大人の味わいだと思います。

甘くないお酒が飲みたい方にオススメの飲み方ですね。

  

 

★★★

 

高田酒造場は、日本三大急流のひとつ、球磨川の近くにある蔵元。

焼酎は全て手造りで、昔ながらの石蔵の麹室、カメ仕込みを受け継ぎ、こだわりの少量生産を守っています。

そして、『できるだけ自然のままに』というのを大切にしているそう。

周りの自然環境を生かし、ここだけの焼酎を演出しています。

 

www.takata-shuzohjyo.co.jp

 

商品のラインナップとして、球磨焼酎の『あさぎりの花』をはじめ、様々な樽で熟成させた『オークロード』、でこぽんをリキュールにした『高田のリキュールでべそ』などがあります。

 

 

★★★

 

今回のジンは、これまで飲んだジンの中でも、辛みや苦味そして「キレ」を感じました。

その個性が、とても魅力的です。

九州で生まれたお酒が日本や世界で活躍する姿は、宮崎県民として嬉しい限りですね。

ちなみに、東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2021洋酒部門で最高金賞を受賞しています。

 

tokyowhiskyspiritscompetition.jp

 

高田酒造場さんで他に気になったのは、『オークロード』。

こちらも、上記と同じコンペティション(2020年)の焼酎部門で最高金賞を受賞しており、あまり焼酎を飲んでこなかった私も興味津々です。

ホワイトオークなどの樽で熟成された焼酎、ウイスキー好きの方にもオススメしたくなります。

 

【700mlの広告です】

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング