ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

甘く、まろやかな『タベルネロ ピスコ ケブランタ』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ブランデーの一種であるピスコ、『タベルネロ ピスコ  ケブランタ』をいただきます。

 

【今回のお酒】

名前:タベルネロ ピスコ  ケブランタ

ジャンル:ブランデー(ピスコ)

輸入者:(株)ジーアンドシーコーポレーション

生産地:ペルー

アルコール度数:40%

価格:3500円くらい(700ml)

 

◎どういうお酒?

ペルーの老舗ブランド『タベルネロ』のピスコは南米で最もポピュラーなお酒の1つ。

ピスコ  ケブランタはケブランタ種のブドウ(ノンアロマティコ)を100%使用した、ほのかに甘い上品なブドウの香りが特徴です。

 

 

【飲み方】

ストレート

 

【感想】

香りは、ジンのような爽やかさがあります。

アルコール度数が高いわりには口当たりがまろやかで、飲みやすいです。

甘味が効いていて、ブドウの酸味もほのかに感じられるような気がします。

あっさりした味わいが他にはない良さかもしれません。

 

 

★★★

 

ブランデーは果実酒を蒸留して造られるお酒です。

そもそも、「ピスコって何?」という感じですよね。

ビスコ』なら見慣れてますが(笑)(・ω・)

 

ピスコはペルー原産のブドウ果汁を原料として造られた蒸留酒のことで、無色透明のブランデーです。

お隣のチリにも同じ名前のお酒があるそうですが、ペルーのピスコ製造には法律の規定があります。

使用できるブドウの品種が決められており、原産地呼称制度にも登録されています。

また、ブドウの品種には芳香性と非芳香性があり、今回飲んだケブランタは芳香性の品種とのこと。

一般的にピスコは樽熟成をしないので、無色透明なままです。

(チリのピスコは熟成させるみたいです)

 

 

★★★

 

これまで、ブランデーの記事は、まだ1つしか書いてませんでした。

ちょうど1年前くらいです。

hinata0513.com

 

ブランデーにも様々な種類があり、使う果物によっても違いがあり・・・

そして、国の歴史まで学ぶキッカケになります。

その時は感銘を受けるのですが、一晩寝ると忘れてしまいます(笑)。

ということで、記事を書く時は常に新しい気持ちで書いてるので悪しからず(/ω\)

 

【同じ銘柄ではないですが、ピスコの広告です】

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング