ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

『バランタイン ファイネスト』で、ウイスキーの飲みやすさを知る☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

 

今回は、前回の『バランタイン  ハードファイヤード』に引き続き、『バランタイン  ファイネスト』を頂きます。

 

hinata0513.hatenablog.com

 

 

f:id:hinata0513:20201114153247j:plain

 

 

【今回のお酒】

名前:Ballantine's  FINEST(バランタイン  ファイネスト)

ジャンル:ウイスキー

輸入者:サントリーアイランド株式会社

アルコール度数:40%

価格:3200円(1750ml)、2100円(1000ml)、1390円(700ml)、640円(200ml)

※すべて税別価格

 

◎どういうお酒?

世界中でバランタインが好まれる最大の秘密は、ブレンドにあります。

スモーキー香や木香を強めて個性とするのではなく、どこまでも豊かでなめらかな風味を求めて40種類におよぶモルト原酒をブレンドしたスタンダードスコッチ・・・

それが、ファイネスト。

ライトでもヘヴィーでもなく、飲むほどに魅了される気品を備えたスコッチ。

 

 

【飲み方】

バランタイン  ファイネストと炭酸水を、1:3の割合。

 

【感想】

前回のハードファイヤードは、スモーキーな香りで甘さは控えめな感じでした。

しかし、今回のファイネストは、甘味を強く感じます。

そして、飲みやすい。

「飲みやすい」という感覚をウイスキーで感じることはほとんど無かったのですが、今回ばかりは違いました。

これなら、抵抗なく気軽に味わえます。

 

お値段もシングルモルトウイスキーに比べるとリーズナブルな価格で、質も良い。

世界中で愛されるのも分かります。

( 他にもスコットランドブレンデッドウイスキーモルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜたもの)は味、価格共に親しみやすいものが多いです。
CMや宣伝で見かける『デュワーズ』や『ティーチャーズ』なんかもそうじゃないでしょうか?)

 

 

バランタインファイネストのラベルは、V字のデザインです。

これは、『シェブロンシェイプ ラベル』と呼ばれ、紋章学では「保護」と「信頼できる働きを成した建築家」を意味しているそうです。

お酒は飲んで楽しむだけでなく、ボトルやラベルの外観からも楽しむことができますね。