ひなたのお酒レビューブログ

女性にもオススメできるリキュールやハイボールの紹介

豊かな味わいで自然の恵みを満喫、『モンキー 47』☆

 

来てくださり、ありがとうございます☆彡

 

今回は、ジンの『モンキー  47』をいただきます。

f:id:hinata0513:20210319141951j:plain

 

【今回のお酒】

名前:MONKEY  47(モンキー  47)

ジャンル:ジン

輸入者:ペルノ・リカール・ジャパン株式会社

アルコール度数:47%

価格:5000~6000円前後(500ml)

 

◎どういうお酒?

 手摘みされた植物の成分を原料とすることで、この上ない複雑さと品質を生み出しています。

最大の魅力はクランベリーと最上級のまろやかな湧き水にあります。

これらの成分が完璧な名人芸の蒸溜技術と古い陶器容器で3ヶ月間、熟成されます。

バラエティー豊かな原料から造られる、誰にも真似のできない、大胆なコンビネーションが魅力のドライ・ジンです。

 

【飲み方】

ソーダ割り

 

【感想】

 爽やかなシトラスの香り。

スーっと身体に溶け込んでいくような飲み心地。

ほんのりスパイスを感じたり、フルーツやハーブのような風味も感じられます。

刺々しくなく、お互いを尊重し合ってるかのようにバランスが取れた味わいです。

 

 

★★★

 

 

1945年、英国空軍のモンゴメリー・コリンズ氏は、終戦後に疲弊したドイツの状況に心を傷め、復興の手助けをしたいと決意しました。

その1つとして、ベルリン動物園再築のため、マックスという名前の白毛のサルのスポンサーとなりました。

 

1951年、英国空軍を退役後、コリンズ氏はブラックフォレストへ移住します。

そこで、マックスにちなんだ名前のゲストハウスを開業。

豊かな自然に魅せられた彼は、最も英国らしい飲み物であるジンの製造に興味が芽生えます。

のちにモンキー47の基盤となる、ジンレシピを開発しました。

 

2006年に、モンゴメリー氏のレシピに衝撃と感動を受けたドイツ人、アレクサンダー・シュタイン氏がブラックフォレスト蒸溜所を設立。

そして、ヨーロッパで有名な蒸溜家であるクリストフ・ケラー氏と共に、モンゴメリー氏のジンを復活させるために動き出しました。

開発を重ね、最終レシピを完成させたのです。

コリンズ氏と" マックス "の思い出、そして47種類の植物が原料であることから、モンキー47と命名されました。

 

ラインナップとして、年に4回だけ生産されるスロー・ジンというものもあります。

 

 

★★★

 

今回のお酒、最初は何となく「美味しい」という感覚でした。

しかし、よくよく味わいを観察?してみると、色んな表情が楽しめることに気付きました。

たくさんの材料を掛け合わせているのに、どこか自然で心地良い・・・

大きなインパクトを感じなかったのは、調和されている証拠だったのですね。

 

ボトルのラベルは、切手みたいなデザインが可愛いです。

名前にも「47」が付き、47種のボタニカルで、アルコールも47度。

とても分かりやすくて良いなぁ~と思います。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♫

 


その他のお酒ランキング

 


洋酒ランキング